プロフィール

小野ヒロシ

福岡県

プロフィール詳細

kry9kgezpimh6g2hn7g5-f040a424.jpgg

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2020年 6月 (7)

2020年 5月 (8)

2020年 4月 (9)

2020年 3月 (4)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (2)

2019年12月 (2)

2019年11月 (1)

2019年10月 (2)

2019年 9月 (2)

2019年 8月 (2)

2019年 7月 (3)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (6)

2019年 4月 (4)

2019年 3月 (4)

2019年 2月 (4)

2019年 1月 (1)

2018年12月 (3)

2018年11月 (5)

2018年10月 (3)

2018年 9月 (5)

2018年 8月 (4)

2018年 7月 (5)

2018年 6月 (4)

2018年 5月 (3)

2018年 4月 (4)

2018年 3月 (2)

2018年 2月 (2)

2017年12月 (7)

2017年11月 (4)

2017年10月 (4)

2017年 9月 (4)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (8)

2017年 5月 (6)

2017年 4月 (5)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (2)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (2)

2016年11月 (3)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (7)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (4)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (4)

2015年11月 (3)

2015年10月 (7)

2015年 9月 (8)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (7)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (9)

2015年 4月 (7)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (7)

2015年 1月 (7)

2014年12月 (6)

2014年11月 (8)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (7)

2014年 8月 (10)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (12)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (7)

2014年 2月 (12)

2014年 1月 (5)

2013年12月 (10)

2013年11月 (11)

2013年10月 (6)

2013年 9月 (3)

2013年 8月 (3)

2013年 7月 (12)

2013年 6月 (4)

2013年 5月 (4)

2013年 4月 (5)

2013年 3月 (2)

2013年 1月 (1)

2012年12月 (1)

2012年11月 (1)

2012年10月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:115
  • 昨日のアクセス:94
  • 総アクセス数:857255

QRコード

久しぶりに旨い釣果

今年は週末が時化のことが多く、例年の7割程度の出船率になってて、秋に入り、月に2回ほどしか浮かぶことができてません。

先週、うねりは残ってはいたけど、安全に遊べる状況だったので久々に船をだした。

水深30mほどの砂地で漁礁が点在するポイントを60g前後のジグをライトなジギングロットで探る。

船長である自分も、船の流れる方向や速度を確認し、安全を見守りながらガンガンジグ パレット60gを投入。

1投目、ボトムから10mほどシャくったところで魚がじゃれてる感じがしたので、テンションを掛けなら少しスローに落とすとアタリがあり、合わせを入れると横にラインが走る。

青物かとも思ったが速度が遅い。重さが充分にあり、引き上げる時の抵抗感と引きでヒラメだと確信して、丁寧にやり取りして無事、タモに収まった。

hyo2ty9owr63vaair38r_480_480-fa1e28be.jpg

68cmの分厚い寒ビラメでした。これは嬉しい。

ヒラメを絞めて、血抜きを終えて、同じジグを投入すると20mほど先でサワラが跳ねた。

アンダーでジグをキャストして横引を繰り返したら、ヒット。
横に突っ走る感じはサワラでしょう。

ニヤニヤしながら、友達にタモ入れしてもらい。80cmのサワラでしたがこれも旨そう。

ir3vu949zx5seo5ikxdd_480_480-aabff68e.jpg

空気を読めよ~と友達から言われる(笑)

今の時間、ブレードが効くと感じたのでアドバイスして、船を着け直してると近くでナブラがでた。

上手から大回りして、ナブラの風上の少し離れた場所に船を着けたら、入れ喰いとまではいかないけど、みんなが竿を曲げてヤズを釣り上げていく。
zzxcaxzccp9et753yb8g_480_480-a246eb7d.jpg

こうなると、タモ入れと魚の血抜きで自分は竿を出す暇がない(笑)

ヤズはもういいからとサワラを狙ってキャストしてもヤズ。
潮どまりで、大きく移動して真鯛を狙うもヤズが混ざる。
根魚狙って岩礁帯に行くもヤズ(笑)

でも最後にヒラゴが釣れて、みんな満足してくれたみたいでした。

i9ortcr3fhterj7yyava_480_480-71c2d5b7.jpg
ライトなロッドで1号ほどラインで遊ぶと、5キロ程度のヤズでもなかなか楽しくファイト味わえるものです。

昨今、SLJはタングステンジグみたいな流れになってますが、フォールスピードを上げるとかシルエットを小さくするとか目的をもって使うならいいが、鉛のジグでも使いどころはたくさんあります。
瀬の荒いところでリアフックを外し、きちんと底をとるなど安価なジグだからこそ釣果があがることもあると思います。

今回使った、oceanrulerのガンガンジグ パレットはジグの厚さを増してシルエットを小さくして60gにしていてSLJなどライトなジギングに重宝してよく魚をつれてきてくれてます。

ba5n8wb3j7acgjnxikok_480_480-02c16681.jpg
​​​​​​​

コメントを見る