プロフィール

ねこヒゲ

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:69
  • 昨日のアクセス:76
  • 総アクセス数:269740

QRコード

fimo最速!?新作のArma Joint 190SFをインプレ 〜シーバスタックルでキャストしたら…?〜

どうも、今日も更に2マソ円分程ルアーを買い込み、カミさんから「(色んな意味で)大丈夫?」と心配される中年のネコです。

さて、前回はシマノの新作ビッグベイト バンタムアーマジョイント190SFの箱出しをインプレしました。


今回はそれをMHのスピニングシーバスタックルでキャストした場合、どうなるかを検証します。

仕事が急遽昼から休みになったので、前回ジャイアントベイトをキャストテストした貯水池よりかはと思い、折角なので風光明媚な奥琵琶湖まで(あわよくばバスが釣れたりなんて幻想を抱きながら)行ってまいりました。

いつ見ても綺麗ですね。

今回使用するタックルは、前回スピニングタックルでビッグベイトの動作検証を行った

欧州ダイワ バリスティックトラベル(10ft キャストMAX2oz)に
リールは北米ダイワ タトゥーラLT4000XH
ラインはPE2号、リーダーはフロロの40lbを使用しました。
ウェイト的に最大ギリギリなのでフルキャストをするには不安を感じましたが、やはりスイムベイトを使用する前提で設計されている為か杞憂に終わりました。

で、40回キャストし、平均的な飛距離を計算したところ…。

平均巻数 45回  平均飛距離 43m





んん??


因みに、参考までに普段使用していて飛距離が出ると感じたネコソギXXXを試しにキャストしましたが、ほぼほぼ同様の飛距離が出ました。
また、比較的飛行姿勢が安定すると言われているタイニークラッシュは少し短い40m前後飛びます。

気になって飛翔時の姿勢を見ていると…


おや?

タラシの長さによっては、ジョイント部が曲がらずそのまま飛んでる?

今回ベイトタックルを持って来なかった(単に忘れた)ため、ベイトでの検証が出来ておりませんが、ラインがスパイラル状に放たれながら飛翔するスピニングタックルと、スプールから真っ直ぐラインが引っ張られるベイトタックルの違いが出ているのではないかと推察します。

つまり、スピニングタックルでキャストする際には、ミノーのようにバシューーン!と振り抜くのではなく、タラシを調整しながらバットにしっかり負荷を掛けた状態で斜めに放り投げるように放出することで改善された事から、いきなりフルキャストするのではなくロッドに合った負荷のかけ方を理解してからキャストした方が飛距離が出せるのかなと推察します。

では、それを踏まえた上でもう1回テスト!!

平均46回    平均飛距離44m



……。

少し伸びたようですね。

〝このサイズのビッグベイトの割には飛ぶ〟のかもしれませんが、紹介動画で見たような圧倒的飛距離は感じる事ができません。
(実際、ネコソギXXXも同様の飛距離が出る。)やはり、使えるのは使えるかもしれませんが、ベイトタックル程性能を発揮させる事が出来ないと予想されるため、スピニングタックルでビッグベイトを使用するには、キャスト重量以上の投擲重量を持つロッドか、修練とタックルへの慣れが必要であると実感しました。





コメントを見る

登録ライター