プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:33
  • 昨日のアクセス:940
  • 総アクセス数:3109334

予定調和

  • カテゴリー:釣行記
月がきれい
 
基本的に私のシーバス釣りは夜の釣りなので、いつも見上げれば月や星がフィールドを照らしている。
もちろん曇りも雨もあるけど、それでも月や星が少しでも顔を出せば、今夜も月は奇麗だな・・・と思う。
 
フィールドへ到着し、ガイドへ糸を通し、スナップを結んでポイントへ歩みを進める時は、必ず空を見上げる。
 
少し時間がたてば、釣りへと気持ちは集中していくので、もちろん感傷的な部分よりも魚への想いが勝っていく。
 
河口から数10km遡った、R463を少し過ぎたところにある瀬を過ぎ、めったに人が渡らない住宅内にある橋の上流で息をひそめて時が過ぎるのを待つ。
 
去年の減水の時に見つけたピンスポット。
近づくのにどうしても川岸を歩くため、ポジションについてから気配を消す為に15分ほどの時間をかける。
 
ひょっとしたら、もうとっくに魚は居るかもしれない。
ひょっとしたら、15分ではまだまだ早いのかもしれない。
 
そんな葛藤をただ突っ立ったまま。
 
15分経ったかなんて怪しいもんだが、タピオスを上流側からV字で入れていく。
そのピンは、水中にポツリとある「何か」なのだが、水位が上がっても微妙に水面にヨレを出すので位置がつかめる。
 
たとえば橋脚のように大きめのストラクチャーだと、その上流側(流れのあたる側)に定位する魚を狙うという選択肢はあるが、ここの場合はそこまでは大きくないので、下流側のヨレで一発出ればいい。
 
tvee5pwf888o9t8uj3hp_480_480-1478803d.jpg
 
想像通りの釣り。
アプローチ30分、実釣は数分。
支流の遡上限界と季節限定の釣りであるからか、解かっている釣りだけど飽きる事は無い。
 
 
釣れた後に、今日も月がきれいだな・・・と、また思う。
取材だろうが、トーナメントだろうが、プライベートの釣りだろうが、そこはいつも変わらない。
 
「釣りに来れる」という幸せをかみしめる時間。
夜風が肺にしみたのか、コホッと咳をしてフィールドを後にした。
 
■タックルデータ
ロッド ツララ ハーモニクス89
リール シマノ4000番
ラインPE1.5
リーダー25lb
ルアー KET タピオス
ウェアー ADモバイルレイン
フィッシュグリップ SOM
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!