アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:550
  • 昨日のアクセス:1676
  • 総アクセス数:16035752

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area3 ~サンクスべなん~

Area3 - Stage9 ~ サンクスべなん ~

2007年1月25日 旧江戸川 シーバス






家で一人で夕飯を食べ、さっと着替えて釣りに出る日々。

時間にしたら毎回1~2時間。防寒着も着ずに、寒くなったら帰る。

散歩がてらといった感じ。

そんな感じで回っているが、メバルは調子良いけどなかなかスズキに会えない。

川筋ばかり行っているせいもあるが、個体数の少ない早春の川筋で確実に魚を出せるポイントってそんなにない。100%釣れるというポイントは絶対にないけど、80%釣れるというポイントは意外とあるものである。

その日、釣れる確率80%のポイントを3ヶ所知っていれば、99.2%釣れるわけである

たいていのシーズンは3ヶ所押さえられるが、早春の湾奥となるとまだまだ厳しい。







24日。

そんな場所を探して、旧江戸川へ行く。

夏と早春によく来る。80%まではいかないがそれなりに魚を出しているとこ。

釣り場へ着いて、上から覗くと誰もいない。
 
よし。
 
と、つぶやいて、釣り場へ降りる。
 
 
 
釣り場に降りたら、何人も人がいた。
 
普段自分がやっている場所の反対側にいたので見えなかった。
 
 
 
釣り始めてすぐにそちらの方で魚がヒットしたみたいだった。
 
大きそうだったので見に行く。
 
するとキャスティング錦糸町の渡辺君だった。
 
vvYAJEOQEzry9bV76d6e-f05a3440.jpg
 
立派な背びれを持った江戸川スズキである。
 
サスケの裂波キャスティングオリジナルカラー(別名べなんカラーともいう)である。
 
 
 
 
 
その後、釣りをしつつ話し込んでしまう。
 
その日は魚は出せず。
 
先に帰るが、頼みこんでさっき釣った裂波のべなんカラーを譲ってもらう。
 
 
 
 
 
 
 
次の日、鹿島から家に帰って飯を作って食べてから出撃。
 
時間は22時。疲れ気味なので、いいとこ1時間だろう。
 
ポイントに入る。下げ始めたところだ。
 
 
 
 
 
最初は自分のポイントを攻めるが、マルタがコツコツとバイトしてきたのみ。
 
そこで渡辺君が昨日立っていた立ち位置に移る。
 
裂波をセットして、キャスティング。
 
デッドスローでボトムを叩きつつ、根掛かりしないように攻めていく。
 
その前だけ、何かの根がある。結構ハードなボトム。
 
プラス朽ちた杭のようなものを時々ラインがなめる。
 
その根の下流側に流し込んでいけば、昨日渡辺君が釣った魚は釣れるはず。
 
まずは根の位置と幅を頭に入れていく。
 
わかったところで、下流側に流し込んでいく。
 
 
 
リーリングは激デッド(1回転4秒)。
 
10投目くらい。
 
一つ遠目に投げて、激デッドで流れ任せに根に入れていく。
 
サスケが根掛かるかなという瞬間に、コツンとバイト。
 
産卵後の回復スズキ特有のバイト。
 
ネオンナイトの鬼掛けに任せて、そのままリーリングするとグイーンとティップが入っていく。
 
そのままベリーに重さを乗せていくようにフックアップ。
 
寄せて、ハンドランディングする。
 
RhwpEPyi68vsiktDtTMp-342d807c.jpg
 
良い魚でした。
 
 
 
満足して撤収。
 
おかげさまでまた引き出しが一つ増えました。
 
サンクスべなん。
 
 
 
 
 
裂波みたいな12cmのシンキングリップレスというプラグはあまり存在しない。
 
ボートでシャローの乱れ撃ちに使うのにすごく重宝していて、ボートでばかり使っていたけど、陸っぱりでも早春の根に着いた魚に口を使わせる為のルアーとしてすごくいいかもしれない。初心者でも攻めやすいだろう。
 
もう少しプラグとしての感度が欲しいけどリップレスタイプはそればかりは仕方がない。
 
 
 
  

使用タックル
ロッド アピア 風神ゼータ83L ネオンナイト
リール ダイワ セルテート3000
ライン 東レ シーバスPE F-ZERO 1号
プラグ サスケ 裂波 べなんカラー
ゴミ 空き缶

  


 

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!