アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:147
  • 昨日のアクセス:607
  • 総アクセス数:16137374

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

長崎遠征2019

長崎シーバス遠征2019年



16年前、俺はとても大きな仕事で長崎に滞在していた。

11月から長崎に入り、物心ついてからこんなに釣りをしない期間は無かったと思うくらい、仕事に燃えていた。

そして、2月の頭にフィッシングショーで一度帰京する。

釣りの話をたくさんして、釣り熱が入り、長崎に戻るときにロッドを持っていった。

そして、夜に少しだけ長崎市内の川を徘徊してシーバスを狙い始めた。

なんと、3日目に103cmをキャッチ!

人生初のメーターオーバーを釣り上げた。

それがきっかけで長崎にたくさん友人ができ、その後も毎年のように長崎を訪れた。場所は市内から島原に移り変わったが、釣れるスズキは変わらず大きく、可能性が極めて高いフィールドとして、毎年行くのを楽しみにしている。

ちなみに俺のホームの東京湾で過去に釣り上げたシーバスは2万6000尾くらいだと思う。そのうち、メーターオーバーは0本。90upは11本だ。

90upは2360本釣ってやっと1本。

もちろん東京湾でもそうでない人もいるだろう。湾奥か千葉か神奈川で全く数字も変わる。が、俺のスタイルだとこんなもん。

長崎になると、自分が過去に釣ったスズキは70本くらいしか無い。だけど、90upは3本。うちメーターオーバーは1本。23本のうち1本は90upなのである。

これも、俺の釣りでの話なので長崎でそうでない人もいるだろう。

ただ、俺にとってはそれだけの可能性がある場所。

それが長崎シーバス。


で、16年前のメーターオーバーを釣った時と同じ潮回りが巡ってきたので、今年は遠征を組んでみた。

飛行機から見る長崎。遠くに普賢岳。
kgkad2wrtkbw47j5s8di_480_361-d868849c.jpg
長崎


空港でレンタカーを借りて、最初は崎戸方面へ向かった。ここんとこ、非常にベイトの寄りがいいという話を長崎のテスター陣から聞いていた。

まずは腹ごしらえ。

冬といえば牡蠣小屋。
jpvna3u9kzt5863h27mw_480_361-4ad282c0.jpg

今回の同行者はR-magicのタケさん。それに高橋優介の3人!
a7xnjmmj9guxxcim8bgg_480_361-0e2269a7.jpg


もうほんと美味いよねー。
9xk25f7awgnjndyodu4o_361_480-a725df95.jpg
3人で8kgをぺろり。



腹一杯になって、釣りへと向かう。

途中、すごい鳥のいるワンドがあったので、ドローンを飛ばして確認するととてつもないベイトの量。
5y3zcbv38cdudb5if8wd_480_270-99509679.jpg

シャロー側にびっしり。
kkjzmdb8ax35eek3t9nx_480_270-c5d2df16.jpg

岸際に行ってみるとカタクチイワシが打ち上げられている。
ty5my7earrnwf84ckksc_480_361-77895a03.jpg

こりゃもらったでしょ!

という事で、撮影開始。

俺はロッド持たずにカメラ持ち。 
btmnsgvb3kpcxx4g8aau_480_361-848345e7.jpg

高橋優介のシャルダス35を使ったメソッドで撮影は難なく終了。
2d78dzxrzoedu2bubc6c_480_361-837f1eb8.jpg
タケさんもDear baitで6本ほどをサクサクっと!




夜は長崎市内に泊まる予定。

飯を食いに街へ出る。

ちょうどランタンフェスティバルをやっていたので、ステキな灯りを見上げながら街を奥深く進んでいく。

9bpwde3zf5gu8uzghcrr_480_361-8d4ae5c5.jpg

3g6sngtetwg2uuyucd86_361_480-8ed59082.jpg

16年前、この灯りの下を手を繋いで歩いた女の子がいてさ。

今元気してるのかなー?と懐かしく思った。

wgbh34tdyvgswc68wp6h_480_361-56087cd4.jpg

お目当てのお店は馬次郎。

馬刺しの美味い店。

刺身をぺろりと平らげ、桜丼を頼む。これが本当に美味い!
f2oigg82c4gpt8ivzp76_361_480-395fa40e.jpg

hh85m9m26z2hfiirj5yi_480_361-03d0b447.jpg
女将とも16年の付き合い。

若大将が昨年病死したことを知らされ、遺影に手を合わせた。

って事は女将が倒れた時がこのお店が終わる時。この店は失いたくない。強く思った。そして本当に色々とお世話になった女将さん。長く元気で。心から思った。

お酒は飲まなかった。
この後、長崎市内シーバスに出るからだ。

街を後にし、車に乗って市内河川の一つへ。

16年前の自分が最も気に入ったポイントだ。地形変化、明暗、ベイトの量、どれも一級ポイントだった。

まずはウェーディングゲーム。

今日は大潮。がっつり引く日。

その下げ潮に合わせて下げ3分あたりからスタート。


t58mhjvpbg5vb2rimg75_480_361-d2c60c83.jpg

が、魚の反応はない。

潮が引いていくうちに、川の様子が昔と変わっていることに気がついた。

昔深かった場所が浅くなっており、ブレイクも高低差がほとんどない。

川が埋まってしまってる感じ。

だから、流れもメリハリがなく、ただ単調に流れていく。

ここではなくなったか。

そう考えて、川の中をウロウロと歩く。

上に下に歩いて出した結論。

ここには魚はあまりいない。

そこで一気に下流部へ。

魚がつきそうなポイントを探す。

潮時は下げ7分。

かなり潮も引いて川の中の様子はほぼわかる感じ。

下流部を歩き回って思ったのは、魚がつきそうな場所は3か所ほどしかなく、、しかもそれは今の潮位だともう終わりという感じ。

参った。

考える。

目に入ったのは最下流の橋の明暗部。

そこには魚がいなかったが、河口方面に漏れた光を追う。

水の流れを追ってくと、沖から来るうねりを受けて波が立っている場所。その先は波がそれほどない。

あそこ深そうだな。

少しの可能性を感じて、ポジションを取る。

軽く投げて流れの向きを合わせる。

ほぼどダウン。5度くらいの角度でスカーナッシュ120Fを撃ち込んでいく。

着水してウェイトを戻してデッドスロー。

水面下30cmくらいを流れを受けながら泳がせる感じ。あまり潜らせたくない。

スカーナッシュは非常に強い波動を出すリップレスミノー。1m動かすとして、他のルアーに比べてこれだけロールし、ウォブリングするルアーは無いように開発した。波動もでかいしピッチも細かい。

バイトはなく、二投目はその20mほど流心側にフルキャスト。追い風に乗って80m近く飛んでいる。

巻き始めて5mほど。

ダン!

すごい衝撃とともにバイトを感じる。

反射的に入れたアワセが入って、はるか先で豪快なエラ洗い。

デカイぞ!

魚が遠いので、何度も追い合わせを入れる。


raf72ot9p9ia6w6awnpo_480_361-7a6cb3b3.jpgポイントはフラットな砂地なのでそんなに神経質になる必要が無い。

慎重に。掛かり所がフック一つだったので、水中でランディングするよりズリ上げランディングを選んだ。

最後、100mほどお散歩。

その間のエラ洗いも怖い。

そしてランディング!

r3xizvynmcnxmxvp5a39_480_361-6961740e.jpg

スカーナッシュ、本当に強いルアーに育った。
mx5t223wnu4kpbec69tr_480_361-fa6e1f87.jpg

貫禄の一本!
new23jgrap8aye5ftur9_361_480-912478b8.jpg
エラを傷つけないようにそっとフックを外す。

obnu2v457rpa5yv64ik8_480_361-bfe851ef.jpg
93cm!!!!

嬉しい!

川は死んでなかった。

16年前の俺ならこの魚は見つけられなかったと思う。
非常に特殊なブレイクと明暗が絡んだゾーンから魚は出た。

シーバスやり始めて29年目。まだまだ成長し続けたい!

翌日から島原へ。

部屋に戻ってぐっすりと寝たのであった。




タックルセッティング
ロッド : APIA 風神AD ハイローラー104ML
リール : ダイワ イグジストLT4000-C
ライン : 東レ シーバスPEパワーゲーム 0.8号
リーダー : 東レ シーバスパワーリーダー20lb
ルアー : BlueBlue スカーナッシュ120F







コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!