プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2019年 9月 (8)

2019年 8月 (7)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (8)

2019年 5月 (7)

2019年 4月 (8)

2019年 3月 (8)

2019年 2月 (8)

2019年 1月 (7)

2018年12月 (8)

2018年11月 (9)

2018年10月 (8)

2018年 9月 (8)

2018年 8月 (7)

2018年 7月 (7)

2018年 6月 (9)

2018年 5月 (7)

2018年 4月 (8)

2018年 3月 (9)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (6)

2017年12月 (8)

2017年11月 (8)

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:85
  • 昨日のアクセス:980
  • 総アクセス数:3796908

ロッド選びのイロハ 張りって大事

  • カテゴリー:日記/一般
引き続きレギュラーテーパーの話しですが、大事な「張り(ハリ)の話しを少し。 


前出した通り、ファーストのメリットは「操作のキレ」や「掛けのレスポンス」であり、デメリットは「ノリの悪さ」や「魚が暴れる」事があります。
なお、キャストにおいては、「ある程度の慣れ」でどっちもどっちと思っています。
「よく飛ぶ」という事は宣伝上では大切ですが、最近のロッドで「飛ばないよね・・・」と言うロッドを見たことがありません。
また、ロッドの値段と距離はほぼ比例しません。
個人的には、飛距離を決めるのはロッドよりルアーのCD値と重心位置の方が重要ではないかと思います。
特に、無風の制約のない場所でのデータよりも、「実用キャスト範囲」の方を重要視するならなおさらです。
もちろん、これらは「ある程度のまとを得たロッド」という常識的な話です。
 
さて話を戻し、レギュラーを選ぶ理由のメリットですが、そもそもシーバス釣りの多くは「ルアーを巻いてくる」という使い方です。
ですから、どちらかと言うと「掛け調子と言われるファーストテーパー」ではなく「乗せ調子のレギュラー」の方が向いていると思っています。
ではグラス素材(マテリアルの項目参照)でもいいのではないか・・・と思われるのですが、そこまで乗せにブランクを合わせるとちょっと不都合が出ます。
それは、「流れの中の操作感」を得るには、ある程度の「張り」が欲しいのです。
 
張りとは、ロッドへの荷重0kgからリトリーブ時に掛かる、曲がりの無さです。
硬さと非常に似ていますが、それよりもごく少ない「戻りの良さ」を表現します。
よく釣具屋でやる「ロッド水平にして、ちょっとプルプル振ってみる」ってやつで解ります。
ビヨンビヨンしないほうが、操作感が上がります。
この「張り」と「硬さ」を私は分けて考えています。
ワームのように「止めているものを食わせる」釣りにおいては、張りが強すぎるとノリは悪くなる傾向があるのですが、そもそもシーバスは巻きの釣り。
ですからある程度の張りは許容してくれます。
ココに私の「ティップがプニャプニャじゃなく、その下が曲がるのが好き」の答えが入っています。
 
リトリーブで若干ティップが入った状態から、バイトに追従できる程度の張りを残すことで、流れを感じやすくさらにその中での細かいルアーの操作が非常にやり易くなります。

という事は、とうぜんルアーがどの程度水に引っかかっているかも重要であり、軽量なシンペンと重たいバイブレーションでは「明らかに求める張りの強さ」が異なります。
そして、この時点で曲がりのが狭い極端なファーストテーパーは、使いやすいルアーの範囲が狭まる傾向にあります。

特に「ロッドパワーがあって、バイトをはじかない柔らかいティップ」と言うEXファーストの方向性は、この傾向が強く出るものが多く感じます。
余談ですが、そういうロッドでライトテキサスの根魚とかやると、すごく使いやすいですw

逆にレギュラーだと、ボトムを拾いすぎて根掛かりが増えます。
このような特徴は、バイブレーションのボトムタッチでも同じことが言えて、着底の感度は大して変わらない(そこはむしろマテリアルの方が影響する)のですが、その瞬間にルアーを持ち上げる操作がより早く伝わる為には、ファーストテーパーの「曲がりストロークの無さ」が有利な時もあります。
しかし極端にやりすぎる「ティップがグニャグニャ」のファーストは、その数10cmのクッションがルアーを跳ね上げてくれなくて、根がかりやすくもなります。
 
ちょっと脱線気味なのでまとめますと、レギュラーの良さは「巻きの釣りでは乗せやすい」という事が一番です。
そしてやや張りを持たせることで、「操作感は極端なファーストテーパーより使いやすい」と言えます。
 
キャストに関しては、初心者には優しい傾向です。
ある程度できる人にとっては、どっちでも良いと思います。


まだテーパーの話しは続くw

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ヴィヨンのソゲ
12 時間前
BlueTrainさん

雨中の寒さ耐久レース
14 時間前
渡邉 雄太さん

秋の名港シーバス攻略
18 時間前
RIKUさん

視えるからこそ見得るもの
21 時間前
rattleheadさん

はじめてのボートシーバス
2 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
3 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
3 日前
登石 直路(nao)さん

一覧へ