プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/4 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1144
  • 昨日のアクセス:5783
  • 総アクセス数:2455077

カラーラインナップ

  • カテゴリー:style-攻略法
ボチボチ川遊びが楽しめる季節。
我が家も今季初の川遊びに行ってきました♪
 
 
ただ事故も多いので、十分気を付けてくださいね!
 
十分に食べて、適度に休憩をとりながら楽しみましょう♪
 
 
さて、タピオスフローティングの量産サンプルが上がってきました。
テスターさんたちにも配布が終了し、あとは5月末の発売を待…

続きを読む

こうして生まれるボツ取材w

  • カテゴリー:釣行記
雑誌取材で久しぶりに春の内房へ。
メインはタピオスフローティングだけど、状況に応じてそのほかのルアーも織り交ぜながらの実釣取材。
 
この時期はまだムラがあるので、打ち合わせをして金曜夜から土曜に掛けての、東京湾としては眺めの時間を取っての撮影となった。
 
夜の部は港湾ウェーディング。
下げでバチを絡め…

続きを読む

なんで噛むんだ

  • カテゴリー:釣り具インプレ
距離が優先される昨今のシーバスルアー市場ですが、フローティングミノーにしかできないことがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=FCle22xgzlo&feature=youtu.be
同じようなルアーばかり使ってると、どうしても釣りの幅は広げにくくなりますが、実はフィールドにはまだまだ食わせられていない魚がたくさんいます…

続きを読む

どう見せるか

  • カテゴリー:日記/一般
本日は、仕事でとても大切な報告会がありました。
社内スタッフも含め、多くの人が携わるプロジェクト。
資料作りも数週間に渡り、様々な想いを込めてパワーポイントのページを作りこんでいきました。
 
そして本日午後、お客様を招いての発表。
まだまだ未熟ながらも、着実に進んでいる活動とその結果を見て戴き、とても…

続きを読む

散り際

  • カテゴリー:日記/一般
フィギュアスケートの浅田選手が引退した。
最後の引退会見を見て、思わずもらい泣きしてしまった。。。
 
競技者にとっての引退は、3パターンある。
 
満足感という言い訳が許されるレベルで、降りる勇気を持ってしまったとき
ケガや金や女や・・・様々な言い訳で自分の限界を超えていく事を諦めたとき
飽きたとき
 
浅田…

続きを読む

スナップ

  • カテゴリー:釣り具インプレ
前回のメバル釣り、フェイスブックに先行アップしていたんだけど、その時に友人から電話が掛かってきた。
 
「工藤さん、スナップ変えたの?」と・・・
 
実はこの友人から随分前に、「お勧めスナップ無い?」と聞かれて、EGワイドスナップを進めていた。
 
品質・コスト・入手しやすさのバランスを考えると、個人的にEGワ…

続きを読む

たまには東京湾奥シーバス実釣動画

  • カテゴリー:釣行記
タピオスフローティングの動画がUPされました。
 
https://www.youtube.com/watch?v=smOSeDAwVfw
 
今回の動画は、ルアー解説とかは極力省いた、いつも通りの釣りを映したものです。
(解説動画はまた今度)
私が東京港湾部で釣りをする理由は、何よりも数が釣れる(釣りやすい)からです。
ポイントありきな感覚は、どこ…

続きを読む

タピオスとメバル

  • カテゴリー:釣行記
 
 
前回のつづき
 
で、また行ってきたのだ。
今度は、後中潮で満潮からの下げ狙い。
 
もろにバチを意識している。
なんせ数百m離れたあっちのポイントは、バチの時期にはかなり狂ったように釣れる場所なもんで、同じ水路で上流部が合流しているならこっちも在り、いやむしろこっちの方が人が居ない分でめちゃくちゃ良い…

続きを読む

東京湾開拓

  • カテゴリー:日記/一般
1年の間に、「鉄板」というタイミングは何回かあるけど、そのすべてを「端っこの釣り」へ費やしている。
正直、結果(釣果)は出ないことの方が多いのだけど、精神的な満足感はかなり高い。
反応のない膨大な時間は、自分の中の価値観を基準としての、先行投資みたいなもんだ。
 
でも、たまにはちゃんと「結果」を出すた…

続きを読む

変わらない良さ

  • カテゴリー:日記/一般
地元埼玉には、豊かな自然がたくさんある。
そして、武蔵野として長い歴史を持ち、人と自然の在り方を常に模索してきた歴史がある。
 
そんな一つが、越生(おごせ)の梅園。
 
ここへ春に訪れるのが、我が家の行事になっている。
じつは、高校生のころから毎年来ていたりするが♪
 
 
今年も来れた。
 
行事とは、一族郎党…

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ