ロッドの硬さとルアーウェイトには密接な関係がある

  • カテゴリー:釣行記
ロッドの硬さとルアーウェイトには密接な関係がある。




まずロッドの硬さには様々な種類がありライト、ミディアムライト、ミディアム、ミディアムヘビー、ヘビーなどがある。




今回使用したタックルはミディアムでウェイトキャパが50グラムまでのロッドとミディアムヘビーでウェイトキャパか90グラムまでのロッドだ。




また、ミディアムのロッドがシーバス用の。
ミディアムヘビーのロッドが青物用のロッドになる。




そして今回から使用したルアーがダイワのサムライジグ40グラムだ。




まず始めにミディアムロッドを使用していく。




シーバスロッドのためタックルが軽く長時間やっても疲れにくい印象。




だが、シーバスロッドはショアジグ用のロッドと比べてディップが柔らかくしゃくる時に無駄にしなってしまう印象があった。




それが原因なのか少しエビりやすい感じもした。




次にショアジギング専用ロッドのミディアムヘビーのロッドを使っていく。




シーバスロッドと比べるとやはりタックルが重く長時間操作し続けるためには相当な体力が必要になる。




しかし実際に操作してみるとティップに張りがありルアーが思い通りに動かせている印象があった。




またエビるようなこともなくストレスフリーで釣りをすることができた。




この時に釣れたのが



e5g6wrrmuzmswa6899xx_361_480-9b676fc3.jpg

5k4ankvdop4zh35vcrkb_361_480-f5045317.jpg
リアにがっつりのイナダとあまり東京湾では見かけることないエソだ。




嘘かと思うような話だがミディアムヘビーに変えた1投目にエソ、2投目にイナダと立て続けに魚をかけることができた。





それまではシーバスロッドのミディアムでやっていたがなんの反応もなかった。




40グラムの時はミディアムヘビーのロッドが1番相性がいいと言うことがわかった。





今回の釣行でシーバスロッドでももちろんショアジギングはできるがなるべく専用のミディアムヘビーのようなショアジギングロッドを積極的に使用していくことで驚くほどの釣果を体験することができるかもしれない。







シーバスタックル
ロッド : ラテオ96M
リール : ルビアス3012H
ライン : シーバスPE パワーゲーム0.8
リーダー : ヤマトヨテグス16ポンド
ルアー : サムライジグ


ショアジグタックル
ロッド : ジグキャスターMX96MH
リール : 16セルテート4000H
ライン : シーガーPE X8 2号
リーダー : バリバスショックリーダー 40ポンド
ルアー : サムライジグ







コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

今日の釣行。
12 時間前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
24 時間前
RIKUさん

鹿島灘サーフヒラメの印象
1 日前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
1 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
2 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
2 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
3 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
9 日前
こいのぼりさん

一覧へ