プロフィール

タケ

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/7 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:64
  • 昨日のアクセス:422
  • 総アクセス数:1058455

QRコード

シードライブ・ラトリンボーン

  • ジャンル:ニュース
シードライブ。
 




エバーグリーンからリリースされている、随分昔から存在していたジョイントボディのルアーです。
 







 
今回バージョン違いがリリースされたとのことで入手しました。
 
そのバージョン違いとは「シードライブ・ラトリンボーン」。




 
既存のシードライブと今回のシードライブ・ラトリンボーンの違いは


・ボディ素材
・ラトルの有無


の二点です。



※上下がラトリンボーン、真ん中がノーマル。









 
それによってもたらされているのは


・アクションレスポンスの向上
・アピール力の向上


です。
 
 



ここまではカタログスペックからでも分かる話。
 












ということで実際に使ってみると、昔から「シーバス用」としてリリースされているだけあって他のジョイント系とは異なる部分で強みを見出だすことができたのでインプレをば。
 











 
 
・シードライブ・ラトリンボーンってどんなルアー?

 


このシードライブ・ラトリンボーン。



 
他のS字系ルアーと同じような使い方をしようとすると「???」となることでしょう。






 
・かなり緩いテンション域でも立ち上がり、きれいなS字を描く

・S字の幅はほぼ一定で、意図的に変化させることは難しい

・速度を上げるとクルンとひっくり返り、動きが破綻する

・緩いテンション域では意外とレンジが下がるが、ロッドティップのポジション次第である程度自由にレンジコントロールが可能

 








 
明らかに他のS字系とは異なる特徴ですよね。

この特徴・・




 
 
個人的解釈では、シードライブ・ラトリンボーンは


「リップ付きミノー並みのアクションレスポンスを備えたシンキングペンシル」


です。
 
 
 











・必殺の使い方

止水かそれに近い状況では他の普通のS字系の方が強いと思います。
このシードライブ・ラトリンボーンの強さが発揮されるのは河川でしょう。
 

具体的には、



 
河川でアップクロスに投げて「S字をギリギリ描かない」くらいで泳がせる使い方



が最強であると断言します。








 
水中でこのルアーがS字を描いていると、ロッドティップにカクンカクンとS字を描いている感触が伝わってくるんですが、それを感じない程度までリトリーブスピードを落とすんです。



この時、S字を描いたり描かなかったり・・ふらついたり・・と、とにかく絶品の動きをしながら流下してくれます。



 
立ち位置は、アップにこのルアーを投げて自分の正面かやや下流からこのルアーが戻ってくるようなポジションに取るべきでしょう。
 



ジョイント系のルアーであることから分かる通り飛距離は出ないんですが、そのおかげでロッドティップのポジションを上下させることでレンジの調整が行いやすいのも良い点の一つ。







 
 
・使いどころ

個人的に一番の使いどころは「増水後の河川」です。


特に堰下や流れ込みの落ち込み狙いあたりがかなりのベストマッチポイントとなるでしょう。
 







ポイントに対してアップクロスで撃ち込む状況が多いこの状況で活きる、ボーン素材のボディのアクションレスポンス。



濁りが出ている&活性が上がっているシーバスが多い状況で勝負が早い、ハイアピールなラトル。
 


まさにこの釣りのためにあるようなルアーでしょう。発売時期がこの時期なのも、実は狙ってたんでしょうか?










 
 
 
・実釣
 
そんな釣りでゲットしたのがこの魚。



旧江戸のデイゲームでゲット。






 
この日の旧江戸川は、増水後で流量も多くド茶濁り。
 
河川、特に旧江戸川のオープンエリアはカキ瀬がカギになる展開が多く、従ってボトム付近を引けるバイブレーションが強い状況が多くなるイメージですが、濁り+場所が揃えば魚は浮いています。
 
そしてそんな浮いた魚はこういう存在感の強いルアーに反応が良いんです。
 
 





橋脚の裏側で流れが巻いているスポットに、アップクロスからシードライブ・ラトリンボーンを送り込む・・先程ご紹介したように、S字を描くか描かないかくらいでふらりゆらりと流し込むと一撃でヒットしたのがこの魚。
 
 
40cm台中盤とアベレージサイズですが、日中の旧江戸川でバイブに頼らずゲットした意味のある魚でした。
 
 
 
 






シードライブ・ラトリンボーン、万能ルアーでは無いですが条件が揃う場所ではかなり強いルアーであると思います。


これからもそんな条件が揃う場所では積極的に投入していきたいと思います。








インスタグラムやってます。
https://www.instagram.com/hiroaki_taketomi/

Twitterも始めました。
https://twitter.com/hiro1015ex

 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

旧江戸デイ・今度は本気
2 日前
タケさん

ノコギリクワガタの幼虫
4 日前
平田孝仁さん

雨の恩恵に助けられて。
14 日前
渡邉 雄太さん

ブログの時代は終わったのか
16 日前
登石 直路(nao)さん

ビッグベイト初心者によるビッ…
22 日前
ねこヒゲさん

宍道湖シーバス 夏の匂いが
26 日前
西村さん

ベイトキャスティングで肩を故…
30 日前
柳竿 シンゴさん

これが高級竿?
30 日前
rattleheadさん

一覧へ