プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/7 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:294
  • 昨日のアクセス:495
  • 総アクセス数:2992767

ルアー開発日記 タピオスF (その6)

  • カテゴリー:釣り具インプレ
その1はこちら↓
http://www.fimosw.com/u/yasutakak2/pgfhpcv6r7ytmv


HALにて打ち合わせ。
 
igwee9wx4m5w6j5grnau_480_480-0385c6a9.jpg

トライ結果の報告と次回サンプルUPの日程を決めて、開発担当としての絞り込みはひと段落。
 
この後の展開なのですが、今回のフローティング作製はHALのモニターさん達にも参加してもらう事が決まっています。
 
ある程度絞り込んだ条件の物を渡して、日本各地のフィールドでの使い勝手を確認し、少しでもバージョンアップできれば良いなと。
これは絞り込んだ先に、アイディアを絞り出す事なのですが、実はもう一つの狙いがあって、設計及び開発のレビューを行うことに期待をしています
 
レビューとは、第三者の目です。
その製品の効果が、有効なものであるかどうか。
 
もともと、HALのルアーは、各ブランドのデザイナー(この場合のデザイナーは絵書きのデザインではなく、ブランドデザイナーに近い)が完結させるスタンスで作製されています。
そのおかげで、非常に個性的な製品群が出来ていて、それは一つのブランディングにつながっていますが、私も含めて(KETに関しては除く)HALファミリーのアングラーは、その出来上がった製品をそれぞれのフィールドで使い、マッチングを確認しながら情報リリースをしています。
 
もちろんその情報には、「あんなの」や「こんなの」が欲しいという物もあります。
それを市場ニーズと照らし合わせて、製品立上げに結び付けていき、そこからはデザイナーの仕事になっていきます。
 
まぁ、一般的に言うモニタリングというプロセスで良いと思うのですが、製品開発には直接的に携わってはいません。
 
で、少し考えました。
今回のタピオスフローティングはクドウエクストリームツアーのルアーです。
これは私のブランドなので、プロセスの組み方はデザイナーである私がちゃんとやるのは当たり前。
もちろん作成および販売はHALなので、そこに及ぶプロセスの変更においては、コスト・納期・品質の視点から「出来る」「出来ない」を含めての話し合いは必須です。
その限られた条件の中で、何か新しいことを実験的にやれれば、次につながることもあるんじゃないのかなと。
 
その結果が、今回のHALモニターアングラーの、レビュー参加企画となります。
 
先日、その許可と参加アングラーの決定もしました。
SWスタッフと淡水系から参加してくれるアングラーもいます。
 
ちなみに昨今流行りの、宣伝モニターとしてのアクションは全く求めてません。
まぁ、個々に書きたいことがあれば、勝手にどうぞ的な文章を送りましたww
 
数年前にタピオスを作った時、「その物の評価」が私に入るのには、相当の時間が掛かりました。
発売され、ユーザーの手に渡り、数か月後に評価が風の便りで入ってきます。
正直、数年たった今ごろになってやっと、「本当の評価」を聞けるようになったと思っています。
 
タピオスは「自分の欲しいもの」で作りましたが、やっぱり他の人の評価って気になるじゃないですかw
まして奇抜な路線ではなく、スタンダードなミノーのジャンルで、シーバスに向けて作ったものですから、「基本性能のレベルアップ=釣れるという物」の図式で行きたいという「個人的なルアーに求める思想」の結果がユーザーの声なわけです。
 
「売れた売れない」は次回に繋がる大事な話なんですが、私はこのルアーではそこはあまり重要視していませんでした。
※よって、たまに外の人から怒られたり、文句も言われたりしたがw
 
私が言うのもなんですが、HALのモニターアングラーは、釣りへの向き合い方が真摯な人が多いです。
昨今のあちらこちらにいる、「有名になりたい為にテスターを目指す」的なやり方ではなく、釣りが真ん中にあって活動をしています。
 
欲しいのは、本当の評価なのです。
 
本当の評価とは、「狙いに対してのプラスとマイナスの話」でできています。
これが今後の肥やしになる、とても大切なレビューなのです。
 
今のHALモニター陣になら、それを安心して任せられるかなと思っています。
 
 
「欲しい人がいるなら、その為に作るのも大事なことだよ」
 
この一言から決意したフローティング開発。
だからこそ、評価には拘りたいなと思ってます。
 
まずはモニタースタッフを納得させる製品を作ってナンボです。
もうひと踏ん張り、頑張らねば。。。
 
 
x4awxa45pj5r8xynjz74_480_480-55ce9d90.jpg

ちょっと長く引っ張りましたが、フローティング開発の話はここで一回休憩。
 
しばらくはモニターさん達の評価待ち&リトライや量産日程との戦いになるので、開発としてはやっとひと段落になります。
 
来年あたりにまた、発売までの出来事を書こうと思います。
お付き合いいただきありがとうございました!
 
次回からは通常運航です♪


■お知らせ
11/5(土)のイベントにて、ボートシーバスの実演講習を行います。
お時間あれば、遊びに来てください♪

vs9oc4r7845beo923nec-f270c21f.jpg
https://www.facebook.com/boatfishingfestokyo/

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!