プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (6)

2017年12月 (8)

2017年11月 (8)

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:390
  • 昨日のアクセス:1269
  • 総アクセス数:3241494

磯でテスト1

  • カテゴリー:釣り具インプレ
ツララハーモニクス11fのテストを兼ねて磯へ。
 
以前どこかに書いたかもしれないが、ちょっと改めて進行状況。
これは、自分の頭の中の整理も兼ねている。
 
一瞬迷走したにもかかわらず、何とか開発が進んでいるのは、恐らくこの整理の仕方が良いんだと思う。
 
ルアーだろうがリールだろうが、ロッドだろうが、物を創るってことは絶対的に「物と向かい合う」のが原則。
 
物は所詮物なので、人と向かい在ったらだめなのだ。
 
よく魂入れるとか言う作り手も居るが、それはわざわざ言う事でもないのだ。
ちゃんとした物作る上では、当たり前すぎて(笑)
 
で、開発はダメだしがベース。
良い部分は良い部分で解るのだが、ダメな部分を徹底的にあぶりだす。
 
15gのミノーのキャストがダメ。
魚を掛けたとき、曲がりの頂点がせますぎる
 
とか。
その時にどうやって設計に解りやすく言うかな。。。という問題もあるが、まずは人がテストするという事は、人が嫌だと思う部分をあぶりだすのです。
 
次にそれを改善する時に、良い部分を消さない方法を考えるだけです。
 
その一連の流れの過程で、単発ぶつ切りの進化はありえなく、必ず現行プロトのベースとなっている前回プロトがあり、この先も長く歩みを続けていく事になるのです。
 
その中で、方向性の区切りが見えてきます。
 
PL1~3.2までは、全体的なブランクの基礎
PL4~5.3まではティップの細かい修正
PL5.4~6はそこのまとめ&一回ガイドトライ&修正
PL7~9までは、バット側に出た方向性確認と修正
PL9.1~ 耐久性
 
みたいな。
 
それぞれにフィールドにおける自分の評価基準は企業秘密ですw
そこまで言うと、私の価値がなくなってしまいます(爆)
 
ただ、開発においてプロセス管理を出来ている「開発アングラー」がどれほど居るのか私の知るところではないのですが、要求と出来栄えの比較ってのはできるだけ数値化できたほうが良いですね。
 
これは実はルアーなんかのそろえ方にも応用が利きます。
 
居ませんか?
気が付くとケースの中が「似たようなレンジとアクション」のルアーばかりになってる人とか。
 
あ、私のことです(笑)
 
いろいろな状況に合わせてルアーを変えることの有効性は今更省きますが、どうしても好きな方向性が出てきてしまうのです。
その時に、自分のやる釣りと要求をもう一回整理するのです。
 
例えばレンジ。
 
A トップ
B 1cm
C 5cm
D 10cm
E 30cm
F 60cm
G 90cm
H 150cm
I  ボトム
 
で、分けたときに、自分の持つルアーを全部並べてみる。
そうすると、幾つかの穴が見えるんです。
 
そこを埋めるルアーを買い足せば、ケースの肥やしが増える事は押さえられます。
たとえ使う頻度が少なくても、それはそれで「意味のあるストック」になりますので、ムダではありません。
 
コレに次の要素・・・・
 
ということで、久しぶりに文字数規制に引っかかったので、続きは次回w

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!