アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:351
  • 昨日のアクセス:1676
  • 総アクセス数:16035553

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

3月24日   もっと大事なもの

~ もっと大事なことがあります ~
 
2002年3月24日 高滝湖のチャーハン
 
 
 
 
 
ほんと息苦しい。
 
小さいことで揚げ足取られてグチグチと言われたりさ、ちょっとしたミスでいつまでも言われ続けたりさ。
 
どんな世界だって、ひがみとねたみの感情が渦巻いていて、頑張れば頑張るほど、もがけばもがくほど、叩かれるって事は解ってる。
 
そんなもんは何千年も前からあるんだよね。
 
 
 
でも、悲しくなる。
 
そう、なんだか僕は悲しくなってくるんだ。
 
 
 
この間の釣りビジョンの撮影。楽しかった。
 
カメラの前って本当に苦手なんだけど、なんだか上手く話せた。もちろん他の出演者に比べたらとてもひどい有様であったことは容易に想像着くけどさ。
 
その収録の最中、
 
釣りより大事なものってありますか?
 
 
 
って質問があった。そんなもん揚げたらキリがないほどあるんだけど、最高に大事なものがある。
 
僕は迷わず即答した。
 
メシ!
 
 
 
そう、メシ!!!
 
人類がこの世に生まれたときから大事なもの。メシ。
 
「昌憲。メシと書いて人生と読むのじゃ。」
 
そう亡き僕の祖父は言い切った(ウソ)
 
 
 
 
 
釣りだってそうだ。
 
最初は旨い魚が釣りたくて釣ってたんだ。
 
なんだかスズキだけは旨いんだけど、釣り自体がとても面白すぎて、最高に楽しませてくれるから、殺せなくなっちゃったし、殺されていく現状にほっとけなくなっちまった。
 
 
 
でも、他の魚は食うために僕の釣りがあるって言っても過言ではない。
 
海産物って旨い。
 
シロギスを釣ってその日に食ったら、街の定食屋ではもう食えない。
 
春に三番瀬のアサリを食べたら、街のアサリのみそ汁にはその後一年間がっかりしまくる。
 
 
 
そんだけ旨いものがたくさんこの世にある。
 
でも、本当に旨いってどういうもん?
 
 
 
営業という仕事柄、色々な高級店で旨いものを食う機会があった。
 
グルメや珍味、ほとんどは口にしたよ。
 
そんな中で得た結論、旨いものは金では買えない。
 
 
 
旨いって味覚が判断するんじゃないということ。
 
脳が感じるんだ。
 
考えるな!感じるんだ!


 
 
 
旨さって感じるものなんだ。
 
 
 
 
 
春の浜名湖のヤマト。沖揚がりして泊まった人のみ食える、アサリのかき揚げ。はんぱなく旨い!
 
冬の川崎の中山丸。帰ってきてからの豚汁。すげぇ旨い!!
 
秋の葛西の第二泉水。船の上で勧められるカップラーメン、すげぇ旨い!!
 
本当に日清か?!
 
って思うぐらい旨い。
 
 
 
その時になおさら釣りの内容が良ければもっと旨い。
 
更に楽しい仲間が視野の中にいればもっと旨くなるものなんだ。
 
 
 
 
 
ようやく元気になって、いざ、その旨さを見つけに仲間と高滝湖に行ってみた。
 
今回作ろうと思ったのはチャーハンと餃子。
 
基本的に僕の料理は豪華主義。食材には半端無く金を掛けておく。
 
組み合わせとか調和ってのはプロが考えることで、素人には難しい。
 
とりあえず一番旨そうなものを買っておく。これが素人の間違えの少ない考え方だ。
 
 
 
 
 
チャーハンで腸詰めを使うので、餃子はサーモンを具にすることにした。
 
サーモン餃子、ロシアではよく食べられているらしい。
 
 
 
こういう野外料理ってむさい奴だけでやると、これまた旨みが増す。
 
だけど、料理って女の子の助けが入るとまたそれはそれで世界が変わる。
 
そして、その女の子が美しければ美しいほど旨さも倍増する(笑)
 
なぜか、幸い、その点に僕は恵まれてる。
 
 
 
春の陽気きらめく、高滝湖の湖畔で、
 
ほとんど釣りなんかそっちのけ
 
中華料理の傑作、炒飯とロシア家庭料理のサーモン餃子。
 
人生の数少ない至福の瞬間を味わうためにいざ挑戦!
 
 
 
まずは準備。
 
干し貝柱(4800円)と干しシイタケ(1800円)
 
を日本酒で煮て戻す。
 
ちなみにこれから登場する食材、基本的に築地で仕入れたもの。
 
同じものでも築地で買っただけで旨さが増す。そんな魅力があの街にはある。
 

極上吟醸酒で煮る自体ですでに旨いと思うのは僕だけか?
 
 
 
それに、ニンニクと長ネギを大量にみじん切りにする。
 
あと、炒飯の決め手になるのが腸詰め。築地中を練り歩いてやっと手に入れた最高の食材。
 
これが手に入らなければ炒飯は断念すべきだ!
 
と、僕の師匠は言い切った(これ本当)
 

一度食ったら解る。皮の中に甘さと香りと中国4千年の歴史が詰まってる、
 
 
 
それに、塩コショウと五香粉を用意して準備終了。
 
  

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!