アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:53
  • 昨日のアクセス:461
  • 総アクセス数:16383389

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/4 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

近況

夜の堤防に広がる静寂の海を眺めていた。
 
小さな波紋を産み出す悲しみはいつだって自分をきりきりと。
 
空との境目の無い海から、溶けていく波の花
 
群青色の鱗がきらきらと光って、冷えた暗闇に仄か雨水の香り。






先週は房総の漁港に通い込んだ。

時に一人で、時に仲間と。

スズキたちは産卵を直前に控え、最後の荒食いに走っている。

ベイトは水面を派手に飛び跳ねるトウゴロウイワシと思えたが、実際はヒイラギだった。

ボトムを取ってからのリフト&フォール。

極力スローにやりたい。

だからバイブレーションは軽いほど良い。

但し、ポイントは25m先。そして水深5m。

風がなければ16gほど、風があれば21gは欲しい。



魚の回遊ルートは、あるタイミングまでは一つの線。

干潮からの上げ潮が差してくる最も速い流れに魚は付いている。

その流れが走るボトム付近にモンキー69バイブを流し続ける。




口火を切ったのは70オーバー。



狙うはやはり超弩級。

大型を狙うにはとにかくスロー&ロー。

上に浮くと、フッコサイズに食われてしまう。

後から来た人が両サイドに入り、フッコサイズを連発する。

その誘惑に駆られずに、たった一つの線でボトムをキープ。

この際、根掛かりは恐れない。


やや強めの北風が吹く中の神経戦となった2時間後、ようやく待望のバイト。



80cmちょうど。



時合が来たようで、すぐさままた70cm級がヒット。









翌日もまた同じポイントへ。

この日はリフト&フォールよりもボトムデッドスローに反応が出た。

が、今もリフト&フォールを続けていればもっと大きいサイズが出たようにも思える。





この日は2本。








シーライドは夜のメタルジグパターンを切り開いていくのかもしれない。

シーライド20gの非常に遅いフォールスピードを使ったリフト&フォールに、大型が著しく反応する。




とても綺麗な70後半。

夜が明けて時合を迎えたが、早々に移動。

この日の狙いはイナダ。

内房の磯周り&サーフ周り。まだまだイナダが岸際までトウゴロウを追っかけている。

















 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

渓流ガイドと、アウトブ50F
2 時間前
登石 直路(nao)さん

イベント中止の御知らせ
4 時間前
シノビーさん

デザイン魚拓
1 日前
平田孝仁さん

ハク付きに於ける3つのマズメ
2 日前
有頂天@さん

メバリングと並行して楽しめる…
2 日前
Gontaさん

ベイト初心者によるベイト初心…
4 日前
ねこヒゲさん

居残りが吉!かもしれない夕マ…
5 日前
ケンスケさん

一覧へ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!