アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1020
  • 昨日のアクセス:1125
  • 総アクセス数:16038457

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area8 ~由良川を訪ねて その2~

 
真冬の装備で正解だった。





橋立から30分ほどで、由良川河口に着いた。

まずはざくっと川を見てみようと思って、川沿いの道を上流へ目指す。

思っていた以上に自然がたくさんある大きな河川である。

大きすぎて狙い所が見つけづらい。

ましてや夜に到着して、いきなりポイントを見つけるのは至難の業だ。



とにかく橋が遠い。

河口から最初の橋までずいぶんと走った。

荒川でいえば、河口から最初の橋が千住新橋である。 笑

それまで一切渡ることができないのだ。

スケールでかくてワクワクしてくる。





最初の橋を渡りながら、川を観察するが暗くて何にも見えない。

東京のアングラーは灯りに慣れているので、地方の暗さに苦戦する。

車の中からでは何にも見えない。





次の橋で、ようやくまともな灯りがあって、川を観察することができた。

一ヶ所、良さそうな場所が見えたので、そこで始めることにする。





タックルをセットし、ウェーダーを着込んでから釣り場へ降りる。

途中、ちょっと苦戦したがなんとかポイントへ。



テトラが入っていて、流れが少しヨレている感じ。

だけど、ポイントに入ってみれば全然たいしたこと無い。

ほとんど流れていないに等しい。

日本海側だから、干満の差が小さく、流れも緩いのだろうけど、それにしてもこの程度とは思わなかった。

荒れた時はすごい川なのに・・・。
 
まあ、せっかくだし少しやってみることに。





ロッドはダイワのモアザンモバイル9ft。
 
もう2年近く出張時の時は一緒に全国を回っている相棒である。
 
リールはセルテート2500Rカスタム
 
ルアーはレアフォースで勝負。






 
1投目はクロスで、2投目はややダウンで、バイトもなく、流れも緩い。

こりゃダメだなと思いながらさらにダウンクロスでキャストした3投目。

10mほど先まで泳いできたレアフォースにいきなり、ゴン!とバイト。
 
 
 
お?
 
 
 
 
 
おお!?






情けないことに、まったく準備できていなかった。
 
グググッとロッドが曲がったところで、水面にエラ洗いに出たスズキに、何もできない。
 
あっさりと外れて、思わず天を仰ぐ。
 
 
 
 
 
でも、いるじゃん!
 
 
 
 
 
いるじゃん!
 
 
 
 
 
一気にテンション上がる。





が、その後はバイト無し。
 
移動することに。
 
 
 
それにしてもゴミが多い。
 
美しい川が汚れているのは悲しい景色だ。
 
片手分だけでいい、ゴミを拾う。
 
 
 








 
帰りのこと。
 
行きも苦労した難所で、ロッドをしこたまぶつけて、嫌な音が・・・
















次のポイント。
 
さらにだいぶ上流に走って、いい橋があったのでたもとに車を止めて、橋の上から眺めていたら、すごく良い場所を見つけた。
 
川自体が細くなって、瀬になっていそうなところ。

オチアユのシーズンと重なっていれば面白そうな釣りができそうなところだ。






車が止められるところから結構歩いたが、ポイントに着く。
 
真っ暗な中で目をこらして、流れを読む。
 
音が出るほどではないが、水面にヨレが出ている。
 
 
 
90UPが出るというより、60~70の連発がありそうな気配だ。
 
もちろんそれでもいい。
 
 
 
ブーツをセットして、まずはアップクロスでヨレの一番濃いゾーンにキャスト。









 
バキッ!





うげっ!





やっぱり!








さっきぶつけたので、驚くというよりやっぱりという感じだったが、ロッドがすごい音を立てて途中から飛んでいった。
 
恐る恐る巻き上げてみると、継ぎ目とは関係ない部分でバッキリと折れている。



 
4ピースが5ピースになってもうた。 泣



モバイルロッドではダントツの剛性があってムチャクチャ気に入っているロッドだったのでショックは大きい。




出張アングラーに予備もあるはずもない。
 
が、意地はある。
 
 
 
 
 
そこで、折れた部分を全部カットして、
 
モアザン4.5ft に仕上げる。
 


もちろんアクションは、超ヘビー。





ヘビカバアクションもできる世界で1本のロッドだ・・・。





フルキャストで飛距離20mとしょぼいが、あきらめずにキャストし続けた。





最後はどうしても行ってみたかった河口でフルキャスト(20m)







夜更け、長崎で宴会中のオガケンやクウルマン、あんチャン、ミネさんなどから次々と電話が。
 
 
 
風もなく、穏やかな波の音だけしか聞こえない由良川の川の中に立っている自分と、電話の向こうのバカ騒ぎ声。

対照的だなぁと思って、見上げると、雲の切れ間からすごい数の星が見えた。



僕はロッドを降ろした(4.5ftだけど)





翌朝は仕事をきっちりとやる。

この国には、まだ原風景が残っている。

東京が、都会が失った大切なものを守っていってください。

Rm3Pr9RjucmsoSJXMjSf-b6b3bf24.jpg


Yu65ASNWorF2EPx95Nsc-b34ec6cc.jpg


8QhD8ojNyhefifj2YXCh_480_480-3914bc3c.jpg




また来るぜ、由良川よ。






使用タックル
ロッド ダイワ モアザンモバイル9ft
リール ダイワ セルテート2500Rカスタム
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ アロウズ レアフォース
原工房 ブーツ
   

 

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!