アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:298
  • 昨日のアクセス:1780
  • 総アクセス数:16028199

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area8 ~広島市内河川~

Area8 - Stage8 ~ 広島出張 ~
 
2006年11月20日 広島県 ??川





こんなに川があるのか!





僕はGoogleEarthを見て思わずつぶやいた。

広島に行く3日前のことである。





6本? 7本? 細かいのを上げたらきりがないほどの河川が流れ込む。

そして何より驚いたのが、そのそれぞれの川の多様性であった。

東京が開発のために、失ってしまったスズキを育む環境が、まだまだたくさん残されていることが容易に想像できるほど、川が川らしくあることが衛星写真からでも解るのである。





出張アングラーとしての血が騒ぐ。

一人で、自らの力で、魚を釣ってみたい。

過去のArea8のようにポイント探しから全てのプロセスを一人でやって広島のスズキを釣ってみたい、そんな思いが強く沸き上がる。

が、会ってみたい人もいた。




 
広島といえば、の嶋田さん。アロウズのテスター仲間である。
 
Mリグの開発者、松尾さん。この間お騒がせしちゃった事もあって。
 
兎さん。広島の方に住んでいるとしか知らないTIP-OFFの大常連さま。
 
 
 
 
 
1日ほど悶々と考えたが、やっぱり一緒に釣りができたら楽しいなぁと思って、嶋田さんに連絡を取る。
 
快く返事を頂いた上に色々と段取りもしていただいた。
 
 
 
 
 
ところが、実は前日から体調を崩し、発熱気味(笑)
 
 
 
飛行機で広島入りして、駅前の「みっちゃん」でお好み焼きを食べる。
 
cWHgziWSdyGVDOtOdMSP-bd5262a2.jpg
 
この間食べた店より、断然美味い!!さすが有名店!
 
 
 
ビールも3杯飲んで、しこたま寝る。
 
深夜0時に嶋田さんが迎えに来てくれて、出発。
 
 
 
今回は、ウエーダーはご厚意に甘えて貸していただき、後は自前で全部持参した。
 
ロッドは風神Zのフローハントにリールはセルテート。
 
プラグはいつもの東京湾で活躍する連中。
 
ネオンナイトを持って行くかどうかすごく悩んだのだが、イメージとしてすごく大遠投するかもしれないと思って、飛距離の出るフローハントを持ってきた。
 
 
 
 
 
 
 
ポイントは駅から20分も走らない市内の川だった。
 
いわゆる三角州地帯。
 
車の止め方から、アプローチ、ポイントの様相までほとんど東京と一緒であった。
 
が、僕が好きなポイントと一緒であって、いわゆる東京の人が行くポイントではないのだろう。
 
むしろ狙いが絞り込みにくくて、敬遠してしまう様なところである。
 
 
 
 
 
潮時は下げ7分ほど。あまりの潮位の低さに驚く。
 
広島は最大潮位差4m近くになるときもあるそうだ。
 
東京で2m動くときは、4m動くのである。潮の動きは倍速で動くということは、時合も倍速で動くのかどうか、それはわからないけど、何となくシビアな気がするけど、逆に潮が動き続ける時間が長いから、時合が長い気もする。
 
 
 
 
 
入るなり、5分もしないうちに、兎さんが60弱をゲット。



JEZofdLQgZ9xRQdkpySi-683b22cc.jpg

山口県にほど近いところから来ていただいたそうで、ありがとうございました。
 








なんか小さいのを釣ったので、死刑になるだなんだと3人が騒いでいる。





そんなローカルルールがあるのか!
 
 
 
 
 
落ち着いた顔をしつつも思い切りびびる。
 
 
 
というか、それほど簡単に釣れるのかもしれない。
 
だとすればいいが、もし万が一釣れなかったら、どんな刑を受けるのだろう。
 
 
 
 
 
ここは干潟である。










何もない!
 








ま、まさかっ!
 
 
 
 
 
 
 
 tkLsDgDQZJgFjRh5jp29-32868dc7.jpgし、しおが満ちてくる~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それは怖い!













これは釣らねば、と本気で頑張る。
 
 
 
 
 
レアフォースをキャストするが、実はフローハントにあまり慣れていなかった。
 
どうしても右に逸れるキャストを制御できない。
 
 
 
 
 
良さそうなベイトの動きやヨレの出方にキャストするのだが、着水点が逸れてしまうのである。
 
それにイライラしながらやっていると、突如レアフォースにヒット。
 
 
 
アワせると、ギュンギュンと走るので、チヌかと勘違いしたが、良型のスズキだった。
 
sYs7mm4gBpLnC67DD7AL-cf87c958.jpg
ホントキレイな魚。でもこれでも幼女誘拐の罪で死刑になるそうです。広島すごいところじゃけぇ。












 
 
ほどなくして、松尾さんにもヒット。
 

 
 
ファイトスタイルが美しく独特でした。


 
wff87NQeMAS7fviOE5Xg-9a8a38ba.jpg 
 
クールで味のあるフィッシャーマン、松尾さんのサイト。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30分ほどして嶋田さんにもヒット。一番バイトを取るあたりさすが、です。
 
WnsA3mcFmvL8FfOcDQH3_480_480-e77d2ade.jpg
 
これも惜しくも80cmに届かず、死刑なんだそうで。
 
 
 
今回はありがとうございました。嶋田さんのサイト。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中、ベイトがスレ掛かりする。
 
JTtQWGKRK8cHWHa5OAat-988087d8.jpg
 
20センチちょっとのコノシロ。
 
TKLMと比較して欲しい。このサイズが普通のメインベイトなのである。
 
東京でもそういう場所もあるにはあるが、思わず無言になった。
 
 
 
少ないカロリー消費で、大きなカロリーを得る。ランカーが育つフィールドである。
 
ここには確かにあった。
 
 
 
 
 
 
 
今回、一緒に釣りをさせていただいて本当に面白かったこと。
 
それは狙うスタイルやランカーの狙い方が普段の僕の釣りと一緒だったことだ。
 
それはポイントとか、ルアーとかアクションとかそういうことではなく、スタンスとか、アプローチに関すること。
 
 
 
コノシロの気配からスズキの回遊を知る方法はなかなかつかめなかったが、フィールドから来る気配は一緒だった。
 
 
 
 
 
上げになって、ベイトに緊迫感が漂い出す。
 
だけど、3人共にいい反応がない。
 
明らかに撃ちすぎなのである。
 
 
 
 
 
しかし、連れてきていただいたという気後れで、何となく場を休めるのがはばかれてしまい、キャストを続ける。
 
 
 
ふとみると、松尾さんと嶋田さんが座って休んでいたりして、休もうかと思いつつも、もしかしたらぼくに釣らせてくれようと遠慮してくれているのかもしれないと思うと、何となく投げてしまうのである。
 
 
 
 
 
時合が過ぎて、潮が満ちてきて、じゃ上がろうか、という話しになって、
 
嶋田さん「今日はバチャバチャ撃ちすぎたな~」
 
 
 
がびーん!
 
 
 
 
 
てな事が一番興味深い出来事だった。
 
 
 
 
 
あがって、有名?な半田屋にいく。
 
たらふく食べて終了。
 
 
 
 
29XExe4kuGVcQSeebopr_480_480-771c7982.jpg
 
 
皆様改めてありがとうございました。


















 
jxvX6rSroRvsMA4LZLRM-3bee1811.jpg おーい!
 
 
 
 


使用タックル
ロッド アピア 風神ゼータ フローハント
リール ダイワ セルテート2500Rカスタム
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ アロウズ レアフォース
原工房 ブーツ
   

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!