プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/5 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アーカイブ

2020年 4月 (8)

2020年 3月 (9)

2020年 2月 (8)

2020年 1月 (8)

2019年12月 (8)

2019年11月 (9)

2019年10月 (8)

2019年 9月 (8)

2019年 8月 (7)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (8)

2019年 5月 (7)

2019年 4月 (8)

2019年 3月 (8)

2019年 2月 (8)

2019年 1月 (7)

2018年12月 (8)

2018年11月 (9)

2018年10月 (8)

2018年 9月 (8)

2018年 8月 (7)

2018年 7月 (7)

2018年 6月 (9)

2018年 5月 (7)

2018年 4月 (8)

2018年 3月 (9)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (6)

2017年12月 (8)

2017年11月 (8)

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:801
  • 昨日のアクセス:537
  • 総アクセス数:3952501

ハンドメイドで発泡を選ぶメリット

  • ジャンル:日記/一般
前もちょっと書いたかもしれませんが、ここんところ根詰めて作り込んでいるハンドメイドルアーがあります。
 
ちょっと下のレンジをクランクっぽく、線で使える大き目のルアー。
 
シーバスで下のレンジを引くルアーの多くがシンキングで、最大潜航レンジ付近では「巻くと浮き上がり、止めるとレンジを下げる」のをリトリーブ速度で調整するものが殆ど。
もしくは、ロングリップのジャーキングミノーに近いやつとか、もしくはシャッド。
 
クランクっぽいという表現は、ブリブリしているとか丸いとかボトムノックとかではなく、システムチックに引きながら、速度の変化をつけてもレンジがずれないという意味です。
 
最初に思いついたのが、2年前にコノシロ付きを狙っていた時。
この日はペニーサックの初代がバカあたりしていたのですが、夕方になってストンとバイトが無くなり、おやおや?と思っていた時に、一緒に居た人がビックベイトで一番いい奴を掛けました。
あぁ、ビックベイトかぁ・・・と思って、その人の釣りをしばらく見させてもらいました。
 
けっこう、スローな釣りなのよね。
で、ルアーサイズはデカいけど、やってることはかなりフィネスな釣り。
 
それをオープンウォーターでやり切るのもすごいなぁ・・・と思いながら、見ていました。
結局その日は、ビッグベイトに出ていたのはその一本。
でも、一番いい奴を取っていくのか・・・と。
 
ボリューム感は、明らかにサイズを選ぶキモっぽいなぁと。
ペニーサックじゃ、ちょっと小さいと思うようになってきました。
 
その後も何回か似たようなことが在って、やっぱり既存のシーバスルアーの概念だけではなく、特に速度とレンジはもっと幅広く色々やったら今までに獲れてない魚が触って来るんじゃないかな?と考え始めたのです。
 
それで考えたのが、レンジを下げられるビッグベイトで、もう一つ強めのアクションで速い釣りが出来るルアーを作ってみようと。
 
で、そこからウッド(バルサ)で何本か作っては魚を釣り、もうちょっとああだのコウだのと繰り返し、ほぼほぼ形が見えてきたタイミングでマテリアルを発泡ウレタンに変えました。
 
b33vrkfctvhapwmta7dj_480_480-9b5b6026.jpg

理由は、ウェイトの位置やアイの位置によるアクション変化を、より正確に知りたくなったからです。
発泡ウレタンは型への注入ですから、ボディー形状の再現性が非常に高く、明らかにウッドよりも同じものを作る際の精度は上がりました。
 
まぁ、これは、ウッドの削りの鍛錬が足りないという問題が根底にあるからです笑
 
それともう一つ。
本業のプラスチック射出成型も同じく型への注入で造形をするので、型を作るという事のハードルが低いという事もあるかも知れません。
 
ph2ppjswaeezi8dem8dk_480_480-0e9c2148.jpg

で、その後は以前書いた通り、あれこれとやりながら今に至ります。

nbethj4nvmhs8gmcs6z2_480_480-dbdea3e7.jpg

最近は一緒に船に乗る友人たちにも使ってもらってコメントを取ったりしながら、いくつかの見えてきた問題の改善方法の模索をしています。
 
hj8imikvvxg8vcntbcmn_480_480-e5a7a385.jpg

すでに4型目を起こして気が付いたのですが、発泡ウレタンはウッドに比べて加工が楽だというイメージは間違いだったと。

これは、たぶんメイクのスキルアップが進んできたから気が付いたことです。
適当にたくさん作るだけならば発泡は楽なのですが、ちゃんとした「耐久性」とか「見るに耐えられる見かけ」を求めていくと、ウッドには無い発泡には特有の問題点があるのです。
 
けっきょく手間のかかり方は、ドッチもどっちだったという事でした。
 
ただ、やっぱり再現性の高さからくる、内部構造の変更による影響度(=アクション出し)は発泡ウレタンでやった方が、高い精度で多くの事を勉強できます。
もしも、「物理的にルアーのアクションを勉強したい」と思うなら、発泡ウレタンでオリジナルルアーを作ってみる事をお勧めします♪
 
コスト(材料費と加工費)はかかりますけどね。
もうすでに、金型一個作れるぐらいやってるかもしれません笑
 

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

バス釣りがシーバス釣りに生きた
1 日前
ふぃーもくんさん

白昼の奇跡とは。
3 日前
渡邉 雄太さん

【コスパ抜群】テイルウォーク…
5 日前
平田孝仁さん

サーフの散逸構造について
5 日前
BlueTrainさん

連休中に和歌山の磯を目指す皆…
12 日前
ねこヒゲさん

僕とは違うリールの買い方
15 日前
ワカメマニアさん

込みと季節、日没、日の出、鱸…
27 日前
こいのぼりさん

一覧へ