プロフィール

ホワイト

宮城県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:40
  • 総アクセス数:337236

QRコード

リップレスミノーがローリングベイト

こんにちは!

ルアーを削るのに夢中になりすぎてログ更新を怠っていました。

不定期更新ですが、お時間があればお付き合いください。

さて、

削り始めてから数ヶ月経つハンドメイドルアー

はじめは自分の最も作りたいリップレスミノー形状

9cm程で、やや細身の淡水でスローフローティング〜サスペンド狙い。

それがどうにもこうにもうまくいかない。

リップの角度、アイの位置、ウエイトの配置、ルアーの重心、浮力の重心など、考えれば考えるほど難しい。

もう少しファットボディにしようか?などと考えながら、手持ちのローリングベイトが少なくなってきたので、ローリングベイトレプリカも同時進行で削る。

ローリングベイトの特徴である背中のリップは今回無視して、リップレスタイプのスラローム主体のものを作る。

とりあえずウエイト違いのローリングベイトレプリカを2本と、リップレスミノー

64saxgocjxvgdiyffv3w_920_690-8bb13be1.jpg

自宅の浴槽でのスイムテストでは、リップレスミノーは良い方向にいっているが、思い描く完成品には程遠い感じ。

削り直し。

一方、リップレスローリングベイトは、ウエイトが重い方が動きが鈍く、早巻きでなければ使い物にならないが、軽いウエイトの方はスロー巻きでウォブルアクション主体。

思っていたアクションとは違うが、これはこれで使えそう。

何度かコーティングを行い、実釣テストではバタバタと大きなウォブリングをし、アピールは大きい。

ストラクチャー際を舐めるように引いてくるとナイスバイト!

しっかりとフッキングを決め、ストラクチャーから引き剥がすと同時にドラグを緩め、バラしを軽減させる。

最後はゆっくりとネットへ誘い、立派なスズキサイズキャッチ。

dr9wvc8k8yrhejpzj9k2_920_690-756a4573.jpg

ローリングベイト形状の方が作るの簡単かもしれない!

もう何本か、ローリングベイトタイプで削ってみようと思う。

そろそろ塗装の練習もしてみようかな?

次回へ続く。

それではまた!

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

今日の釣行。
1 時間前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
13 時間前
RIKUさん

鹿島灘サーフヒラメの印象
18 時間前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
1 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
1 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
2 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
3 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
8 日前
こいのぼりさん

一覧へ