プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (12)

2019年 5月 (3)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (10)

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (2)

2018年11月 (1)

2018年10月 (26)

2018年 9月 (15)

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:39
  • 昨日のアクセス:157
  • 総アクセス数:14816859

待望の新シリーズ発表!

衝撃です。

シマノシーバスルアーに新シリーズ誕生。
「エスクリム」シリーズ
idc6f89zjbfn74yp68gu-c82835dd.jpg
99m/9g、119mm/14g、139mm/18gのフローティング

理想の素材です。ビルダーなら誰もが欲しい素材です。
同じサイズなら、何と14%以上も軽く作れちゃうんです。
つまり・・その分ウェイトが乗せれるって事ですね!
832hgehbvv6t43ewty6d-e6e3d6ad.jpg
これは99mmですが、アサシンの99mmと比べて下さい。同じAR-Cシステムを採用し、かつフローティングです。

npsdhr9khraejstzyumy-cb7a034b.jpg
何が言いたいかって?
つまり「スローリトリーブ」でのレスポンスが高く、流れを掴む感度が飛躍的に向上しているんです。

細くて軽いのにですよ(笑)

飛距離を出す為にウェイトを乗せたい、ウェイトを乗せるにはボディを太くする必要がある・・
そんな常識を覆してしまった新素材のAR-Cシェル。

AR-Cシェル+AR-Cシステム

図抜けた飛距離と超敏感な泳ぎを手に入れちゃいました(笑) 

ucjbtwmst5r5hn4ep9no-ab623105.jpg
秋田でも・・

hawzthjgeohbt4774hgk-9de1ebf3.jpg
広島でも・・

j47jis694dbiksj2omfg-e1dfb3c6.jpg
島根でも・・

fgz5jwdzcm4oistgxcnn-410acd10.jpg

fsacd4h2ghv32oaara5k-d4845f44.jpg

8%近くローリングを低慣性化、ウォブリングを10%低慣性化。
良く捻り、良く振るって訳です。

理論上ではありますが、従来素材+AR-Cに比べ、何と!23%も飛距離がアップしているんです。
ルアーのパッケージに何m飛んだ!と書いてるのを良く見掛けますが、向かい風ではそんなスペック全く信用出来ません。

向かい風で飛距離が落ちないのはAR-Cシステムしか私は知りません。

私のNEWロッドとも相性抜群です♪

ちょっとお高くなっていますが、違いを体感してみて下さい!
 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ