プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/5 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:464
  • 昨日のアクセス:991
  • 総アクセス数:2564797

フック選考(その2)

  • カテゴリー:日記/一般
 
さて、そんな訳でエバーグリーン社のフックを買ってみました。
先ず始めに外観を見て、こりゃぁガマカツのかな?と。
 
以前雑誌(ソルト&ストリーム?号)でもやりましたが、硬さで圧倒的なメリットがある釣りをする為に、私はガマカツのフックを好きで使っています。
また、防錆(実は見えないだけって話もあるんですが)と「刃先の持ちの良さ」も気に入っています。
単価が割高というデメリットはあるのですが、交換頻度を踏まえての費用対効果はかなりオイシイと思ってます。
 
で、今回のフック。
OEMはガマカツ?と思った理由は、フックの溶接部のオフセット量です。
  
↓超適当ですみません(汗)




フックの製造は、アイが付いてるシングルフック(部位)に、アイのない2つのシングルフック(部位)が溶接で付けられています。(たぶん)
この時に、前者と後者の位置関係が、を入れてある部位にオフセット量として現れます。
 
たぶん、溶接する時の組み付けジグの考え方だと思います。
ちなみにどっちが良いかは、私は解りません(笑)
 
 
ガマカツの硬質フックを使うと「いや~、他の使えなくなりますよね・・・」と口にするアングラーは意外と周りに多くいます。
一番最初にリリースされたモデルは「オフショアでは折れる」という噂が耳に入りましたが、現行のモデルは改善されているようです。
 
個人的に思うのは、「硬いって事は折れる。でも限界(低トラクション)まで伸びない」なので、別に限度超えたら折れても良いんじゃないのか?と思っています。
そもそも、伸びないって事は「ダイレクトに力が先端部に掛かり逃げないから、懐までしっかり対象物が入ってくれる。よて、フックが伸びたり折れたりする方向に力が加わりにくい」って思ってます。
 
ちゃんとフッキングすれば。

デメリット対策でメリットを消しちゃ、何で勝負すんですかね?って話し。
 ラインもロッドもね。

 
さて、そのフッキング時の切り裂き力に影響する、刃先の出来栄えはどうですかね~



さっそく光学顕微鏡で見てみました♪



Gamakatsu TREBLE RB M


 
EVERGREEN TrebleMagic


 
Cultiva ST-46
 

 
おや???
変わんないですね。
かつて見てきた中では、かなり良い出来かと。
 
メッキ等の仕上げ肌は多少の違いもありますが、これなら別に問題も在りません。
エバーグリーンのは光沢が出ないナシ地なのですが、顕微鏡でみると巣穴の発生頻度はやや低い?気もします。
 
たいてい錆はこのメッキの巣穴から発生しますが、この僅かな違いが防錆性能に現れるのかは、使ってみないと解りません。
 
さて、ついでに形状を。
画像顕微鏡では表示しにくい(拡大でかすぎて、形状全部を画像にできない)ので、ちょっと基本に戻って方眼紙を使ってみました。
 

 
左から、ガマカツ・エバグリ・カルティバ
 
実は一点、ガマカツで使っていると気になっていたのは、なんか針先が新品でも広がってる気がしていたのです。
まぁそんなことはねぇだろ~と思ってましたが、やっぱり気のせいでした(笑)
 
フック先端部のテーパー角度が作る、目の錯覚でした。
 




 
マンガにするとこんな感じ。

エバーグリーンやカルティバのフックにくらべ、内径側の返し部位から外側にナイフテーパーが付いているので、どうしても「広がっているように見える」のですが、実際は広がっていません。
 
が、しかし。。。
ネムリ針とストレートの針のメリットデメリットは、ちょっと別のとこに置いておいても、エバーグリーンのフック形状はけっこう好きかも。
 
と言うのも、伸びたフックがバレる理由は誰もが想像できる事ですが、刺さった獲物のトラクションはどこでキープするのだろうかと。
 
針先5mmとアイの下5mmが180度(平行)が理想なのかな?
それ以上だと刺さりが悪そうだし、それ以下だとキープ力が悪そう。
自分の理想を言うならば、ガマカツの形状で切り口のナイフの向きを外側にして、内径部位は180度にあわせりゃ良いのかな?
 
バーブ付けの工程的に厳しいのかも。
 
そういえば、なんかあったなぁ?
アウトバーブ。

あれで材質がガマカツの物だったら、けっこう面白いのかな?
 
まぁ、一概に言えないところが面白いのかも(笑)
 
ちなみA部位はフック先端とストレート部位内側との距離ですが、3社ともサイズ4#で9mmでした。
測定誤差を見込んでも、ほぼ一緒とみなしていいと思います。
当然フック先端よりもゲイブ外径部位が外側に出ているエバーグリーンとカルティバは、「気持ち大きく感じる」といえます。
 
じつはコレも大きな選択肢の一つにもなります。
どっちが良い悪いではなく、ルアーセッティングの問題で。

 
この先の答えは、フィールドですね。
楽しみ楽しみ。

最後にお値段。
(サイズ4番で、購入は大型チェーン店)


メーカー      売価     入り数    お値段/1個   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カルティバ     567円     8個       70.8円

エバーグリーン   472円     5個       94.4円

ガマカツ      714円     6個      119.0円


フックに求めるのは、フッキング率か?キープ力か?それともお値段か(笑)
で、どこをアングラーが補えるか。


 
あ、台風、お気をつけ下さい。
特に東海~関東エリア。
同時に2方向以上のウネリがある時は、さすがに波向きを予想できません。
思いがけない場所で三角波も発生しますから、濡れてない磯も油断できませんね。

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ