プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/10 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:151
  • 昨日のアクセス:600
  • 総アクセス数:3079405

プロに成りたいのですが?(その5)

  • カテゴリー:釣り具インプレ
メールをくれた貴方。
 
ココまで聞いても、プロになりたいですか?
もしも成りたいと思うなら、言われてやることではなく、自分で答えを探し求めてください。
 
今すぐに始められる事を自分で考えて、すぐにやってみることが、その先に生きてきますよ。
それでダメだったら、業界やシステムを呪うんじゃなくて、自分の力の無さを痛感してください。
変えられない無力さです。
地に足付けりゃ、あきらめない限り先にも進めます。
 
私は今、「釣り業界で飯を食っている多くの人」とお付き合いさせて頂いていますが、とっても楽しいです。
取材や打ち合わせなどでプライベートな釣りの時間は減りましたが、それ以上に「総体的な釣りと言う分野」をとても楽しめています。
たま~に、外野から?って声が聞こえてきますが、解ってくれる人は解ってくれていると思いますし、それこそが一番大事にしたい人達です。
 
私はそれほど器量が大きくないので、そういう身近な人達から大切にしていきたいなぁ・・・と思っています。
会社にお邪魔して悪巧み打ち合わせとかしながら、人のありがたさを十分に感じています。
 
表に出るとああだのこ~だのつまらない事をアッチコッチで言われますが、それ以上に「あ、それ、楽しいね~!」って話しがいっぱい作られていきます。
足し引き算をしても、確実にこの道を進んでいる事で生きていくプラスになってます。
それを感じれる事が、私が思う商業アングラーとしての一番のメリットです。
そういう楽しみ方を持っていると、つまずく事は少なくなるかもしれません。
 
仕事の根本にあるのは、「自分を活かせる」という欲求を満たす事ができるか。
そしてそれが経済的利益を生み出す事に合致するか。
 
あ、コレだけは知っておいてください。
寝ないで釣りするとか、誰よりも楽しく釣りをするとか、脚立で歩けますとか、そんなのはプロになる為に必要なことでは在りません。
釣り好きなら当たり前の事ですし、そんな人はいくらでも。
そして、釣りが上手いだけの人なら、表に出ないけど凄まじく釣る人はウジャウジャ居ます。。。
 
サポートしてくれるメーカーのスタッフさんも、散々に釣りしてるだろうし、釣りが好きだからそういう仕事をしているのかもしれませんよ。
貴方は、そんな人たちに、何をプレゼンテーションする事が出来ますか?
私はモニターの末席ですが、毎日のようにそんなことを考えています。
これは権利ではなく、商業アングラーの義務です。
 
それでも「プロになりたい!」って言うなら、頑張って下さい!
なにかを目指すってことは、すんごい素敵なことですね♪
人が何を言おうと。
 
もちろん、今回書いた事が正しいとも限りません。
「私はそう思う」って話しです。
 
実際に「そりゃ~ねぇだろ~」ってことを遣っているアングラーが、ちゃんとプロとして存在しています。
嫌だという人もいれば、支持をする人も居るのですね。
「私はそうなりたくない」とは思うけど、そうやって商業的価値を持つアングラーが居るのが事実です。
逆に、こういう人がもっと表にでればぁな・・・て人に限って、「絶対に表には出たくない」と言う事も。
まれに、なんにも考えずに「気がつけば」って人も居ます(笑)
それもアリ。
 
どちらにせよ、商業アングラーをやりたいならば、結局は「どうやって自分の価値を生み出すか」に尽きると思います。
ユーザーとメーカーの双方に対し、自分がどれほどの価値がある人間に成れるか。
 
色んな人が居ますよ。
有名になってそれでメシ喰いたいと思っている人もいれば、自分のキャパを超えないように楽しんでる人。
他人の足引っ張って上がろうとする人も居れば、押し上げる踏み台になるのを買ってくれる出る人。
 
その中に一つ、意図的に自分のポジションを作るというのでしたら、それなりの覚悟と労力は必要かと思います。
 
ただ、この世界に入る前に思っていたほど、質の悪い業界ではないなぁ・・・と言うのが、今現在の私の感想です。
2輪も4輪も釣りも、似たようなもんかなぁ。
 
ある人が言ったのですが、「この業界は生き馬の目を抜く人が・・・」と。
 
う~ん、アングラーと言う立場から出なければ、そうでもないなぁ。
ぶっちゃけ、本職(自○車産業)のほうが・・・w
 
「いやいや、けっこうヒドイよ!!」
 
ふ~ん、じゃぁ、そう思えない原因は三つだ。
 
1 まだ、周りに良い人が多い。
2 ヒドイ目に合ってるけど、鈍感で気がつかない。
3 実は私は「良い人」ではない。
 
 
 おしまい。

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!