アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:789
  • 昨日のアクセス:1596
  • 総アクセス数:16247245

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

横浜ショー御礼

  • カテゴリー:日記/一般

2016年の最初のフィッシングショー。

横浜で開催されるジャパンフィッシングショー。

ここにBlueBlueも出展。

ブースはイメージカラーの青色を全開に生かしたデザイン。
xfhwazma62aezfn4p5jn_480_480-72513516.jpg


プレゼント用のアパレルもしっかりと展示した。

プレゼント用だからといって、一切手を抜いていない質の良さを体験して欲しかった。
y6o29gr5vk3dtko8rm4r_480_480-2c2a13a0.jpg

グローブやニットキャップも同じ事。
koacynx5msnpgw6toc2m_480_480-34392b02.jpg


ルアーも全機種、全色展示にこだわった。
tkf3rwdxkgiji4rhirh6_480_480-8fdfd9d5.jpg
機種が少ない、小さい規模の時しかできないからね。

全て触れるようにしたのが良かったのか、多くの人が手にとってくれてました。

SNECON130Sを持つ人は必ず振るというお約束も見てました。


開発中の新製品もズラリと。

2月、3月、4月と、珍しく新製品が続きます。
g32u5vbup8adtu2jdkvj_480_480-029c4a9c.jpg



そして、今年からA4サイズになったカタログ。思いのたけをありったけ込めた出来映えになりました。
dizcog6o97i359x93fh4_611_920-0287521f.jpg


なお、大阪ショーでは袋の無償配布が禁止されているため、カタログと袋をセット販売(100円)になります。

また、大阪ショー後に、カタログ希望者にゆうメール着払いで発送するサービスを開始する予定です。詳しくはBlueBlueのブログで。



今年のテーマはBlue Igniter。

青い着火装置という意味です。
jhrt39bxu54duc8ciks7_611_920-6fe7795a.jpg

BlueBlueも創業して5年。

震災の年に創業し、業界を直撃した不況の波の中を皆様の応援でようやくここに辿り着いたという思いです。

だけど、メーカーとしてやりたいことはこれから。

まだ、何も為してないし、何も始まっていない。

ここから推進装置に火を入れるのです。

そんな思いでこのテーマを授けました。

この震災の年にはLONGINさんやJUMPRISEさんも生まれた年。

奇しくも、LONGIN太田さんがブログで、ここからがスタートだと書いていました。全く同じ思いであったかと。

そんな訳でスタート。
p5cweyo7phvxfoisko5k_480_480-2a96dd97.jpg


トークショーは今年は例年より落ち着いて、1日に3本ほど。

これくらいが集中して話ができるいいペースです。

アピアブースでは相変わらず大勢の人に集まって頂きました。
ectafszpov9bshy9gg3a_480_480-5642a996.jpg

アピアでは日曜日に単独のセミナーをやりました。「ロッド論」をテーマに途中から「あなたはなぜバラすのか?」について徹底的に解説しました。

かなり業界の常識をぶち壊す考えの発表だったので、どんな反応になるか不安でしたが、終了後、多くの人に、目から鱗であったとか、本当に参考になったと褒められました。

これは大阪でも日曜日に話したいと思います。


邪道では大野君やRED、藤澤さんと、本当に雑談(笑)
v3os3446fawixcfifdf3_480_480-deead47e.jpg
心から俺も楽しみました。


BlueBlueブースにたまに戻ると、本当大盛況。
9i3jn7rar6dcgg9kknd4_480_480-ab4908ae.jpg
物販もウェア類など早々に売り切れ、カタログも15時頃に無くなってしまいました。大阪はもっとたくさん用意しておきます。



土曜の夜はBlueBlueの決起集会。
mydrf65ywc6izrevxo87_920_611-2d252345.jpg
主に東日本のメンバー主体に、今年の頑張りをみんなで誓い合いました。

phx7vtgutoo6uh683xdp_920_611-6b442000.jpg
メンバーが仲良くなるのを眺めているのも好きなことの一つ。

世界中の子供達をワクワクさせるルアーメーカーを作る。

俺が掲げた一つの旗印に、多くの志が集まり、少しずつその夢が実現していきます。



日曜日。各ブースを少し見学。

FISHMANは相変わらず、独特のデザインセンスで攻めてましたね。
evbxbexi9ezb55cg7nz7_480_480-01684e03.jpg
動画が超カッコイイので、大阪でも見てみてください。


アピアブースでは早合わせゲームをやってました。
e5tz4m28s7m4342xxmzd_920_611-08877d90.jpg
まあ、俺の記録を抜いたらたいしたもんです。(笑)



REDと飯村さんで立ち上げたポジドライブ。
chpdceom9g2wdiythr6v_480_480-a34541f2.jpg
谷山ルアー村の中の一角で頑張ってましたね。

そう、まさに5年前のBlueBlueがいた場所です。

ここから、俺たちは始まったのか、という思い。

そして、まさにRED達も長い旅路を始めたのだと。

それを思ったら、飯村さんを背中からそっと抱きしめたくなりましたが、やめときました。

夢に向かってまっすぐ進む。愚直でいいので進む。
傷つくこと、カッコ悪いことを嫌って、止まっているよりはるかにマシです。


一部で話題になっていた女の子も遊びに来てくれましたね。
atutr37bfo9hxm3phh4e_690_920-84b25d11.jpg
彼女はBlueBlueのイメージモデルです。

釣り人の皆さんを全力で応援してもらいます。

配信をご希望の人はFacebookのBlueBlue公式ページに「いいね!」を押しておいてください。


そんな感じで終わったフィッシングショー。

atbe7cytdmjk7xxk5efo_480_480-c02835bc.jpg






2016 BlueIgniter イメージ動画 Vol.01




イメージ動画 Vol.02



ぜひ、ご覧下さい。







大阪ショーイベント予定












 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!