アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1410
  • 昨日のアクセス:1125
  • 総アクセス数:16038847

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

釣りとは

今年は本当に取材の多い年だった。

オファー頂いた全ての取材を受けると決めた今年であったが、結局は3つほどの取材を受けられず。

昨晩のオファーは、個人的に前回がとても満足いく出来では無かったので目一杯やりたかったんだけど、スケジュールがどうしても立てられず断念。

そんな忙しい中で、自分に残された時間と、自分が定めた日時が合う時なんてそうはない。

東京湾奥もすっかり魚が落ちた。

GETBOOKにそんな声も寄せられる先週末。

ようやく初めての時間が取れた。







ポイントはTSN時代のArea2のひとつ。

夕マヅメにポイントに到着すると、一人の年輩アングラーがすでにロッドを振っていた。

僕に気付いたその人は軽く会釈をして、どうぞ、という仕草でそのポイントを譲るように横に数歩ずれた。

僕は、単に2年ぶりに訪れたこのポイントに感覚と精神を合わせるために早めに来ただけで、まだ時合でもないのにロッドを振る気にはなれなかったが、せっかくの申し出をぞんざいにはできず、なんとなく水辺に立った。

「最近どうですか?」

横にいたアングラーは開口一番、状況を尋ねてきた。

「そうですね。わかりません、釣る人は釣ってるし、釣れない人はなかなか苦労されているようです。」



僕は歯切れの悪い答えをした。

彼は延々とコアマンのIP-26をキャストしながら、矢継ぎ早に僕に様々な質問をしてきた。

僕も時間つぶしになることもあり、なんとなく自分の知っていることを色々と話した。

1時間くらいだろうか。見ず知らずの他人とずっと話しこむ。




僕は彼の釣りをする理由がとても気に入った。

それは、自分の考えを問い続ける事が楽しい、というものだった。

それは僕も全く同感だった。





その後の彼の説明に、今の釣り人は他人に対してアピールしたり、比較したりすることばかり考えて、もう釣った瞬間からカメラを出して誰にどう見せるかなんてことばかり考えている、というくだりがあった。


「自己完結できるってことですね。素敵なことだと思います。」

自己完結からほど遠い僕は、素直にその考えに賞賛を示した。








やがて日が暮れ、僕の時合いが始まろうとしていた。

彼はしゃべっていたが、無口になり出した僕を察して、そろそろ帰ろうかなとつぶやいて、帰り支度を始めた。

彼が帰ったあと、僕はポイントへの集中力を高めた。








そして、釣りをした。

いつになく、激しいウェーディングとなった。

自分の夢に近づくために、リスクを冒した。






この秋、最初の、自己完結できる釣り。

そう、メディアに記録されるということが無い釣り。

自分のブログに書くか書かないか、それは自分で決められる。


5時間。


悔いのない釣りをした。



カッター115でフッコ。



惨敗だった。

魚が落ちた。

そう認めるのは悔しい。



上げ潮も頑張って、マリブで1本。


またチャンスを狙おう。






数日後は、シーバス研究所の撮影。

魚は落ちてなんかない。

そんな結果となった。






そして、BlueBlueの館山工場。

少しずつ、夢に向かって。

そんな40歳の秋。






コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!