アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:767
  • 昨日のアクセス:1110
  • 総アクセス数:16037079

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

忘年会&忘年会&忘年会

ある日、車の中の釣り道具を全て出して整理をしていたら、行方不明になっていたデジカメを発見。

その中の出来事を少々。



はい、BGM聞ける人はどうぞ。








11月22日 四国


高松空港に着いた僕はあらかじめ指定された電話番号に電話をした。



「そこで待っとけぇや。」


言われた場所に行くと、風のない淀んだ空気が僕を包み込む。

あれか。

やがて、黒塗りのワンボックスが現れ、僕はそれに乗って1時間くらい運ばれていった。




集合場所のホテルには黒塗りの車がズラリと並んでいる。




ここでいったい何が・・・。

gSrkS4UYkN3UXCofPJwG_480_480-bbcf6bef.jpg



僕は来るべきところを間違えたのかもしれない。



恐る恐る会場に足を踏み入れたとき、中にいた一人の人間が僕を見て声を上げる。



その男は白い上質のマフラーを首に巻いていた。




「おう、マサッチ、入れや。」

8uhLdT5VFvBcO6PWFZHm_480_480-aedf0ab0.jpg

北陸のドン、北出弘紀氏。





「まあ、今日は飲めや。」






手には機関銃。

やっぱりそっち系のお方だったのか。





氏の手招きで恐る恐る足を踏みいれると、各地の大物が集合していた。






「おう」


ふと肩を叩かれて振り返ると僕は腰を抜かしそうになった。






「おお、夏の琵琶湖ぶりやな。ナマズに食われたかと思っとったで!」


wRJWkTKOBviaWGXpELU8_480_480-834dee53.jpg

関西の元締め役、ファンキー山岡氏。






「無駄な殺生はあかんで。」




ってその顔でお坊さんみたいなこと言わないでください。









さらに




「夏の会合では世話になったけんのー、馬でも一頭丸ごと送ってやろうって思っとったけん。」


EQx3XNYZbknohNHCG6mJ_480_480-f0fdc990.jpg

熊本の総代、寺本雄二氏







「クワトロナイトホーク、何が限定やねん、買えんかったやんか。」

PCwQ5Cc5uR4ToOb5ArVo_480_480-f322ac45.jpg

アピアの社長が襲われていたので、助けずに会場を脱出!










「待って、マサッチ[はぁと]」




振り向くとあつえちゃん。

4NNiF5dMwBu8JO4jNJC6_480_480-6d10909a.jpg

っていうか、どんな格好してんの? まあいいけど。





ということで、宴は終わる。(強引ですいません)



翌朝、元締めの濱本国彦氏のところへ顔を出す。

店の中には魚拓や風神ロッドがごっそりと。

9CSnePVn8BwVgx29Ufdk_480_480-7d6e7acb.jpg



「おお、よぉ来たなぁ。アイパー掛けてくか?迫力つくで!」


「いや、いいです。(キッパリ)」






ということで濱本国彦氏主催のSWAPin四国への参加でした。







さて、ここでBGMチェンジ。聞ける人はどうぞ。







12月に入って本当に忙しくなった。

11月の凄腕のために色々とほったらかしておいたものが山ほどあった。

それを片付けることに時間をとられる毎日。





休みの日はカワハギ釣りやアジ釣りに行った。

自分の船で出た時は子供を背負って操船しながらでも全てをやっていく。

子供に関しては、少しでも触れ合う時間がほしい。

家族の理解に甘えることはあるかもしれない。

でも、さぼることはしない。

NwLpt283pkKQMHz8kriW_480_480-2ab9397a.jpg







釣り関係でほったらかしになっていたのが、ロッドやルアーのテスト。

でも放っておくだけ発売が遅れていく。

何とか春に間に合わせたいニーサンのテストがいよいよ大詰め。




爆発的にヒットしたスーサンに搭載したヤルキスパークリングアクション。

あれはルアーサイズが小さいからできるんである。

それがどこまでの大きさでできるのか。

その挑戦となったニーサン。

まずは10センチで1年以上やってきたが、それなりに苦労したけど素晴らしいレベルで再現に成功。

ここにあるモデルは全てそのアクションが出ているもの。

最後のテストは中の設計をどうするかというもの。

重心移動の考え方や設計次第で飛距離や逆風下の飛行姿勢が大きく変わるので、ミリ単位で色々といじったものを投げ込んでいく。

PfhOwfwdCErNgz7VsVXD_480_480-9f518b82.jpg


ニーサンは港湾部というより、河川や干潟での使用を想定している。

そういった場所は風が強いことが多く、飛ばなければ一軍ボックスに残ることは難しい。

盤洲や富津を吹き抜けるあの分厚い向かい風を撃ち抜けるかどうか。

rjcoFriicLWiAvScoXY9_480_480-5aa65b99.jpg


ヤルキスパークリングアクション健在。

スーサンが登場した時のあの凄まじい釣果が干潟や河川で発揮されることを祈りたい。


 でもほんと、飛距離とアクションが高い完成度になった。

最終テストも終了。

4月頃の発売。よろしくお願いします。
BbJU65YxgGBsmAfVWzyp_480_480-787cd316.jpg







ある日は、ヒデはやしさんと釣り。

Fogmf3p8UnnnyFnkrn3A_480_480-28b83a28.jpg

ヒデさんとは初めて釣りをしたし、初めてしっかりと話し込んだ。






何度でも言おう。

釣り人はもっと出会うべきである。

それはもっともっと楽しくでもあるし、もっと魚を釣るためにもだ。

僕は立場上恵まれていたので、全国各地の上級者と釣りをする機会をたくさん得た。

僕は初めての場所であっても彼らの釣りを数時間体験することで、彼らが捧げた数百、数千という時間の経験からくるダイジェスト版を知ることができる。

その濃縮された世界はとても勉強になる。

それは上級者だけでは決してない。

全ての釣り人がそれぞれのレベルで出会っていけばもっとおもしろいことが始まる。






今回の釣りでも彼が通い込んで得た経験を僕は彼の釣りを見てどんどんと吸収した。

彼がだだっ広い干潟に描いたアングル。

鳥肌が立つほどすごい世界だったんだ。

この時の様子は来年春発売のツアマガソルト別冊、シーバス王Vol.3で紹介される。
HgKinLJGLVFmwAfLn9gR_480_480-de64766f.jpg






土曜日は仲間との忘年会。

zrnY7fd2OrwjE4ata65F_480_480-37f8afc6.jpg


もうね、色々と壊れちゃったわけ。カリスマとかカリスマとか。
XdW6PGASdwVpKLuhc3LG_480_480-156d93b3.jpg


でも、湾奥のカリスマなんて誰が言い出したのかわからないけど、僕は全くそう思っていなかったし、そう呼ばれるのも結構嫌だった。

だから、fimoが始まって僕は僕でやっぱり何かが変わっていくのが楽しい。

だって自分を変えることは簡単だし、自分が変わっていくことこそ最高のクリエイティブなことでしょ。









そして宮崎の友草さんの元へ。

四国から濱本さんも。

xhiTxN86BzEmrjaCP6Lc_480_480-c1a16aa8.jpg




さあ、飲むぞっと気合いを入れるが恐ろしい展開に(笑)
PkEGBmWSEV8rGdJ6Z9cr_480_480-dd322517.jpg





あ~あ。


WVKAiiCWaGMD4r6eNmRf_480_480-b67a3b4d.jpg

yJoVtcMwKneiHPNQoSxa_480_480-0a1f95a4.jpg





あ~あ

a3RNhrohgpa8zYg3SmdS_480_480-060d9e8c.jpg

長崎のスーパーアングラー、入江真一さんまで・・・





あ~あ。

VpuopjrSJkwLvODVcZXw_480_480-fedec6c7.jpg






最高に楽しい宴。
sCuYtmdwaziKCO2euogi_480_480-d31d51a2.jpg









友草さんはD'zソルトの取材を控えて、お酒を控えていたようだけど、他のメンバーはガンガン飲む。
EZcnxXJN3oVYBj8VR5Wa_480_480-4d8564e9.jpg







そして夜は更け・・・





最も二日酔いになっていたのはこのお方(笑)

uixV4nPuRstKBB4uePJL_480_480-36a6e715.jpg

俺、そんなに飲んでへんで!




どの口が言うのかなぁ (笑)








僕はレンタカーから釣り具を取り出した。
KJekOjLW5HoxihyEpEav_480_480-2d8faadb.jpg


が、目の前のサーフはもう浅いということで少し移動。


寺本さんとワークスが一緒にやってくれるって。

YWf4Ymg7QfpOBKhPFaip_480_480-dd0c1c18.jpg



雨も上がり、宮崎らしいサーフが顔を出す。
XcbhYdxyOBmASpwo9jmy_480_480-553dbc40.jpg



A7vSshzNmNmvG34Mm5W4_480_480-72988c35.jpg



今年の1月、僕はまさにこのサーフでキャストをしながら、今のfimoのことを考え始めていた。


それから一年経ったのか、と。

fimoができて変わったこと、変わらないこと。

fimoができて得たもの、失ったもの。

それは僕もそうだし、全ての会員が何かある。

それに思いを馳せながら釣りをしていた。




波に抗うでもなく従うでもない。

流れのままに、風のままに、時代の流れのままに。

僕は淡々とfimoを見つめていく。
OBz8mdoFKF2HfbLmbv5S_480_480-024318ad.jpg










帰り際に釣り人が捨てたゴミがあったのですぐに拾った。

これを偽善と呼ぶ人がいる。俺にはできないと。

そんなことないし、そんなかっこつけることでもない。

「あらいい子ね」ってお母さんに言われた時、照れるよね。

それだよ。

電車で席を譲るのと同じ感じでちょっと恥ずかしいだけだ。
g6frzeBR4a3iSBmsdk7m_480_480-cc4c25c0.jpg

でも、ゴミは確実に無くなった。


それだけが事実だ。








お世話になった方々、忘年会の準備をしていただいた方々、誠にありがとうございました。



コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!