アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:720
  • 昨日のアクセス:1110
  • 総アクセス数:16037032

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area2 ~いよいよ最後かな~

Area2 - Stage23 ~ いよいよ最後かな ~


2006年11月10&11日 荒川




金曜日、仕事でヘトヘトの身体を引きずって荒川へ。

何となく、この潮が最後の気がしたのである。

(この時期は毎週そう言っているのは内緒であるが)






三番瀬も旧江戸も荒川も調子が良くないらしい。

であれば、得意な荒川で勝負。

というのもあるが、この時期はルアーのテストができる最後の時期でもある。

海で泳ぎを見るだけならいつでもできるが、フィールドで魚を掛けながらテストできるのも最後なのである。

陸っぱりで腰を据えてじっくりと。







最初に入ったのは、橋が絡まないシャロー帯。
 
秋は結構な数の釣り人が来ていたこのエリアもいよいよ誰もいなくなった。
 
まだ、釣れるのに、という気持ちと、まだ暖かいのにって気持ちの2つ。
 
 
 
 
 
川はすでに怒濤の下げ。
 
捨て石が点在するシャローにテスト中のルアーを撃ち込んでいく。
 
 
 
 
 
まずは、とあるメーカーのシンキングペンシル。
 
まだ名前もないけど、一つすごいアイディアを搭載している。
 
新しいと評価されるか、奇抜と評価されるかはわからないけど、少なくとも一度引いた人は、なるほどと思うのである。
 
が、それを魚が評価するかどうかは話が違う。
 
 
 
3投目に、ヒットしてランディング。
 
JZ5RL45uQgLcWE8YetvO_480_480-fb3e7ada.jpg
一目でわかるヤルキシリーズ(笑)
 
 
 
 
 
サイズはともかく、魚に評価されるという瞬間は嬉しい。
 
このペンシルはこの後、3回バイトを取ったがヒットまでいたらず。
 
 
 
続いて、次もシンキングペンシル。
 
今度は正当派。
 
正当派のシンキングペンシルが作りたかったのだ。(悲願だよ)
 
かつてヨレビなど色々と開発をしてきたが、どうしても納得がいくものが作れずに断念してきた経緯がある。
 
 
 
だけど、レアフォースの大ヒットで気付いたのである。
 
シリコンをまとえば、頭に描いたアクションができるのでは、と。
 
 
 
 
 
5分ほどキャストして1本キャッチ。
 
RKQ9OHrA7UkvetKR9gXx_480_480-bfeee39c.jpg
 
このサイズの結構な数の群れが回ってきているようだ。
 
周りに人がいればバタバタッと出るような気配だった。
 
川を下がっているのか上がっているのか、下がってるんだろうなぁ。
 
 
 
5分ほどして一発バイトが出たが、乗せられず。
 
その衝撃で皮膜もベロリとはがれてしまい、使い物にならなくなった。
 
こちらはアクションやセッティングとは別に乗り越えなければいけない壁がある。
 
 
 
 
 
一通りシャローを流して、反応が無くなったので、地形変化と流心が絡んだゾーンにレアフォースを撃ち続ける。
 
一昨年にたくさん釣ったパターン。
 
休み休みキャストしていたら、捕食音が聞こえた気がしたので、その方向にキャストしたら一発でヒット。
 
 
yyxrjo2wpKopmnjy98zC-4c336346.jpg
 
80センチをちょっと超えるくらい。今年はこのサイズはもう計らないよ(自慢)
 
 
 
 
 
その後は2時間ほど粘っていたけど、結局バイトもなく終了。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次の日は、オキと干潟へ。
 
 
 
北風ピューピューの中、2時間頑張ったけどこの1本だけ。



 
aWhjeS44Pd8W9YxPgaYn-dea0a212.jpg
 
65くらい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あまりの寒さに耐えきれず、撤収。








秋も終わりが近づいてきた感じ。
 
今年は少し燃え尽きた感があります。






最近購入したダイワのアクオリアウェーダーは
 
4mm厚のネオプレーン使用でとても暖かいです。お薦めです。
 
 
5Ya8n7e4bMXUkyyVBZ9m-0feb8f5b.jpg
 
 
  
 

使用タックル
ロッド アピア 風神ゼータ83L ネオンナイト
リール ダイワ セルテート3000
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ アロウズレアフォース
ゴミ 空き缶・ペットボトル

 

 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!