アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:164
  • 昨日のアクセス:1233
  • 総アクセス数:15527697

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area10 ~直感で生きる~

Area10 - Stage13 ~ 直感で生きる ~

2008年3月8日 港湾シーバス










毎年、この時期、多くの学生さんを採用活動で見ているといつも思う。

出会いはつくづく縁であり、その縁によっていつも何かが始まり、何かが終わっていく。

運命と言ってもいいだろう。



このサイトを見ている学生さんは結構多く、何十人も我が社を受けているが、ほとんどの学生さんは落ちてしまったようだ。

個人的にはいい線行っていると思った人もいたのだが、最後は組織という何かが縁を選んでいく。




全て、縁なのだ。

決して自己の存在を否定されたわけでもなく、自己の能力を否定されたわけでもない。

この世の全ての出来事は、ただひたすら縁なのである。




会社も生命である。

時代の要請とともに生まれ、時代が必要としなくなると消えていく。

そこに集う社員もみんな何かの縁であり、そこに常に人の計り知れない何かが働きかけている。

僕の会社には入れなかったこと、就職活動に苦しむこと、それも全て運命である。



運命という大きな何かが、何かをあなたに教えようとしている。

足りないもの、大切なもの、譲れないもの、そして縁という存在。

若い人よ、葛藤し悩んでくれ。一所懸命に考え続けることだ。





自分は直感で生きてきたタイプだ。

それは間違いなく、そう思うのである。

だけど、その直感に対して惑うことも多かった。

それでかなりの数の失敗を経験してきた。



が、その失敗の数々が教えてくれたこと。
 
それは最終的にはとにかく直感を信じろ、ということである。
 
何かをしようという時、誰かの意見やアドバイスも大事なときもあるが、最後は自分が何がしたいのかが大事なのである。
 
生きていく上で、最も大切なのは 自分のしたいことを 自分が知っていることだ。
 
それがわからないと惑いやすい。不安や不信に駆られ失敗を招きやすい。
 
そして、自分はなぜここにあるのか”と考える事。
 
そのこと自体が自分の存在証明なのであろう。
 
我思う、ゆえに我あり、である。








 
週末の夜、採用活動で発生していた通常業務のしわ寄せがようやく消えてきた。
 
朝から断続的な雨。
 
予報を見ると、朝方までには止むらしい。
 
 
 
 
 
今年は花粉症がひどく、ちょっと手に負えない状態(仕事上、死活問題)
 
週明けに完全防備でkeihin_netureの方へ遊びに行ったが、その後相当苦しい。
 
ようやく症状も落ち着いてきたというところなので、この雨は絶好である。
 
朝までやって、花粉が雨上がりの日中はひたすら家で寝るという作戦。
 
 
 
 
 
会社を出たのが0時過ぎ。
 
家に帰って支度をし、1時半頃にポイントへ到着。
 
潮時は確認しなかったが、動かない日というのは認識している。
 
 
 
家の途中で運河筋を見たが、雨による濁りでクリーム色になっている。
 
川筋も今日は静かだろう。
 
沖に近い運河が主戦場と判断する。
 
 
 
 
 
ポイントに着くと、水面の高さで潮位140~150cm前後。
 
強い雨と南風が結構強い。
 
急に強くなった南風は逆にすぐに北風に変わる。
 
南が残っているうちにと勝負を掛ける。
 
 
 
 
 
今日は610イブランで出た。
 
ナイトホーク、ネオンナイト、イブランの使い分けについて、良く聞かれる。
 
答えは決まっている。
 
全体的に獲りに行くなら、圧倒的な飛距離を持つナイトホークに決まっている。
 
逆に使って最高に楽しいロッドはイブランである。
 
特にただ投げて釣るというだけでない、ルアーを動かして魚を獲りに行くスタイルを楽しむことにおいて、このロッド以上のものはないと思う。
 
そして、獲りたいし、楽しみたいしというならネオンナイトだろう。あらゆる点で万能型だ。
 
自動鬼掛けティップ搭載という点でも初心者はここから入るべきかもしれない。
 
 
 
 
 
が、今日はイブランである。
 
今年で20年目になるこのポイント、どこに何があり、魚がどこに定位しているかも理解できている。
 
ポイントについて一目見れば、カメラが無くても水中の様子を感じる。
 
 
 
 
 
水温を測る。
 
13度。
 
一気にずいぶんと上がった。が、水温計をペロリとなめると塩分濃度約1%。
 
今日はスーサンのレンジではない。
 
 
 
と判断したが、まずはスーサンから入る。
 
それがパイロットルアーである。
 
1投でそこに可能性がないことを感じる。
 
 
 
 
 
3投ほど散らして反応がないので、すぐにレンジを落とす。
 
まずはビーフリーズ。68S。
 
 
 
沖目の水深は4mある。
 
魚が出てくるレンジは2mほどと読んで、着水後しっかりと水をつかませて泳がせる。
 
ややスローリトリーブ。
 
10投ほど投げるが反応がない。
 
 
 
もっと下か。
 
 
 
ブラストに変える。
 
 
 
同じように投げて、着水後、何発かアクションさせて、しっかりと潜らせる。
 
スローリトリーブで2.0mぐらい潜るはずである。
 
5投目、左サイドのブレイクショルダー上でバイト。
 
 
 
イブランのバッドが抜群のトルク感を改めて教えてくれる。
 
今日はナイロンラインを巻いているので、思いっきりアワセを入れる。
 
これはこれで気持ちいい。



 
どしゃ降りの雨の中、この1本。

76rejOWfDk3NozuSh5nW_480_480-14daf92d.jpg
 
サイズは50弱。
 
 
 
 
 
逃がして、次の1本に行く。
 
ショルダー上でバイトしてきたのでレンジを上げていく。
 
今の1本、バイトして一気に寄せたので他の魚はまだそこにいるはずで、しかも上のレンジでバイトを出させた分、活性がグッと上がっているはずである。
 
 
 
スーサンにするか悩んだのだけど、次の1投は大型一発の勝負所である。
 
FLAPSLAP-SW柊にチェンジする。
 
コースはほとんど同じ、レンジはやや上、スピードはやや遅め。
 
これで出ないはずがないと確信を持って引いて、出るべき瞬間にバイトが出る。
 
そして、判っているからこそできる、瞬間的なアワセ。
 
釣りという遊びでこれほど気持ちがいいことがあるだろうか。





 
抜群のバッドパワーをもつイブランの力を半分も出せずに、ランディング。

n4wL95zUKwRMEpy54YCK_480_480-f2e34646.jpg

雨の日はこのカラーいいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、全く反応が無くなってきて、最後はヨレヨレ、ローリングベイトでボトムレンジまで攻める。
 
ローリングベイトのボトムデッドスローで2発バイトが出たが、乗せられず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少し移動。
 
今度は橋の下。
 
 
 
 
 
久々に来たら、足場ができているのでお邪魔する。
 
 
 
 
 
 
 
完全に対岸のブレイクにルアーが撃ち込める状態。
 
 
 
明暗部の流れはほとんど無し。
 
だけど、水面を走る強い南風で表層が一番流れが速く、下の層が全く動いていない状態だろうと読む。
 
 
 
 
 
スーサンを投入し、明暗の下50cmぐらいをスローリトリーブで通す。
 
1投目からバイト。

BoC9Xy7QyAsFt9o4tmno_480_480-8d1c304a.jpg

今日は誰も来ていないというバイトの出方でした。
 
 
 
 
 
 
 
2投目

DeX579xzOayc2OahHVFN_480_480-e52137ff.jpg







 
3投目。

pM6wEJPdfsLH9Gr429sa_480_480-897247d3.jpg




3投連続でヒットして、気分最高。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、目先をかわす狙いでカラーチェンジ。

M5tfs6nGJmpwuJsDKPoB_480_480-d6b547e2.jpg


MAYnu3H9wxvuQaD2Y6Dz_480_480-ce922b95.jpg









 
2本獲ったあと、急に沈黙。
 
 
 
 
 
この後、1時間ほど冒頭に書いたことを考えながら、釣りをしていた。
 
徐々に風は止み、やがて風向きが変わったことを知らせる冷たい冷気が頬に触れる。
 
 
 
水面を見る。
 
何のために自分は今ここにいるのか。ここで釣りをしているのか。
 
今は何も惑いはないけれど、またいつか迷い嘆く日が来るかもしれない。
 
けど、スズキはいつも惑うことなく、ただただ生存本能のままに生きている。
 
 
 
そう直感しかない。
 
直感で生きているのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは明日フィッシャーマンでお会いしましょう。
 
 
 
 
 
 
 

 

使用タックル
ロッド アピア 風神Z 610M イブラン
リール ダイワ イグジスト2500
ライン 東レ シーバスナイロン 10ポンド
プラグ 邪道 スーさん
オルタネイティブ BR@AST
メガバス FLAPSLAP-SW柊

 

 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ