プロフィール

遠藤 真一

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/5 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

2020年 1月 (4)

2019年12月 (3)

2019年11月 (7)

2019年10月 (9)

2019年 9月 (3)

2019年 8月 (6)

2019年 7月 (8)

2019年 6月 (8)

2019年 5月 (5)

2019年 4月 (4)

2019年 3月 (4)

2019年 2月 (3)

2019年 1月 (2)

2018年12月 (4)

2018年11月 (4)

2018年10月 (4)

2018年 9月 (3)

2018年 8月 (3)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (5)

2018年 5月 (3)

2018年 4月 (8)

2018年 3月 (4)

2018年 2月 (3)

2018年 1月 (6)

2017年12月 (7)

2017年11月 (6)

2017年10月 (3)

2017年 9月 (1)

2017年 8月 (3)

2017年 7月 (1)

2017年 6月 (6)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (1)

2017年 3月 (1)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (7)

2016年12月 (4)

2016年11月 (6)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (3)

2016年 8月 (6)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (4)

2016年 5月 (3)

2016年 4月 (4)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (3)

2015年11月 (5)

2015年10月 (5)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (4)

2015年 7月 (7)

2015年 6月 (9)

2015年 5月 (9)

2015年 4月 (11)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (9)

2015年 1月 (2)

2014年12月 (4)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (3)

2014年 8月 (6)

2014年 7月 (12)

2014年 6月 (14)

2014年 5月 (15)

2014年 4月 (7)

2014年 3月 (12)

2014年 2月 (10)

2014年 1月 (15)

2013年12月 (7)

2013年11月 (4)

2013年10月 (16)

2013年 9月 (11)

2013年 8月 (6)

2013年 7月 (5)

2013年 6月 (4)

2013年 5月 (7)

2013年 2月 (2)

2012年11月 (1)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (3)

2012年 8月 (1)

2012年 7月 (4)

2012年 5月 (2)

2012年 4月 (2)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (19)

2012年 1月 (14)

2011年12月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:33
  • 昨日のアクセス:146
  • 総アクセス数:827900

QRコード

ワイルドレインボーを求めて・・・

  • ジャンル:釣行記
長野県の犀川に居ると言われる野生のレインボートラウト、所謂ワイルドレインボーを狙いに行ってきました。


b85ohds86vtn2af2fmw7_480_360-3b2dd400.jpg


本州では中々お目にかかれない希少種。1匹の価値は跳ね上がるのは当然。
ジャンプやランの強さ、速さ、そのファイトたるや放流魚の比では無いらしく、北海道の話をよく聞かされた。


たまたま連休だったのだが、房総の調子の悪さと、2日目は釣りにならない様な爆風予報だったのもあり、悩んでいた所に友人から犀川の話が舞い込んできた。そして、犀川でトラウト事業に尽力を尽くされている方を紹介され一気にスイッチが入った。


内房の立入禁止などの釣り場問題が嫌で嫌で、他県で粗相の無い様にルールなどを学び、トラウトについて調べ上げる。
やはりレギュレーションがあるのは良い!遊漁券しかり、遊ばせて貰うのにお金を払うのは当然の事だと思う。(年に何回も来れないのを承知で年券を買わせて貰いました)
微々たるもんですが、整備や放流魚を定期的に入れたりするのに使って貰えるのなら安いものです。
激減している東京湾のシーバスはどうなんだろう!?ヒラメを獲る為にヒラメの放流は盛んに行われているが…。
ここ数年でクロダイが激増しているのはご存知だろうか?クロダイは昔から放流を行なっている。
子供の頃は黄色いタグの付いたクロダイを釣ると物は何だったか忘れてしまったが懸賞があり夢中で釣っていた。
アサリの中に入って悪さをするクモと呼ばれるアメーバみたいなヤツを食べてくれると放流されていた様だが、肝心のアサリまで食べ漁ってしまったり、海苔棚のノリを食べてしまったり増え過ぎてしまっているのが現状の様だ。
この辺はクロダイの時期に詳しく話すとします。


レインボートラウトは基本放流されています。犀川では他にブラウンも釣れます。ブラウンは外来魚扱いで放流はしていません。したがって漁業権も発生しないのです。
放流されたレインボーは次第に野生化し適応出来る体になっていきます。
この状態で釣れるのがワイルドレインボーと呼ばれているのか、犀川で生まれ育った個体が居るのか私にはわかりませんが、放流間もない魚との違いは明らかです。背中が黒く、ヒレに傷があるものが多く、引きが弱い。
夢のあるワイルドレインボーしか見えていない自分は夜中に長野入りし、夜桜の下で仮眠をとった。


8c3rikhknaeoz29i573e_360_480-39854de8.jpg


周りが薄明るくなった頃に支度を終わらせてポイントの品定めをしに車を離れた。
航空写真で見た場所ではあったが、イメージとはチョット違って魚が留まる場所が少ない。
そして小魚も居ない。生命感をまるで感じる事が出来なかった事から移動を決意した。


hj8jyigie49cen6euy48_360_480-ee370156.jpg


意外と魚っ気が無く水量があって流れが早い。ストラクチャーと浅い深いのハッキリしたポイントを探してエントリーしてみた。
相変わらず誰も居ない…。
ホームなら喜んでしまうのだが、アウェイの地、そこまでわからぬ生態。流石に不安になってしまう。


もの凄くエントリーし易い河原に車を横付けのポイント。マンメイド、明らかな流速の違いがあり緩い箇所は砂地になっている。
しかし、ここまでわかりやすく、エントリーし易い場所だけにスレているだろうと後回しにして、奥の藪の険しい側に背が出た流れの絞れる箇所を見つけた!
流れてくるベイトを捕食するにはうってつけの地形。定位出来るヤツが居れば野生のデカイ奴くらいだろうと勝負をかける。


アップに入れても流れが早過ぎるので、絞れ切ったダウンに定位させては少し巻き見せてやるが反応が無い。
重いルアーは嫌いか?
ここでX-80jrにチェンジしてアップクロスで背に乗せてトゥイッチで移動距離を少なくさせながら深みに落ちる流れに乗せてショルダーでターンした瞬間。
突然ギラン!っと下からルアーを襲う。


魚が居るじゃん!食ったか!?ハンドルを回しているとティップが入り生命感が伝わる。
キターッ!アワセを入れると目線の高さ位まで飛び上がり、激流の中をドラグを鳴らして高速移動しまくる。銀ピカの個体はヒラスズキを思わせるが、引きとジャンプはシイラの様。
バラしたくない。ジャンプだけは避けさせ時間をかけて





コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

バス釣りがシーバス釣りに生きた
4 日前
ふぃーもくんさん

白昼の奇跡とは。
5 日前
渡邉 雄太さん

【コスパ抜群】テイルウォーク…
6 日前
平田孝仁さん

サーフの散逸構造について
7 日前
BlueTrainさん

連休中に和歌山の磯を目指す皆…
14 日前
ねこヒゲさん

僕とは違うリールの買い方
17 日前
ワカメマニアさん

込みと季節、日没、日の出、鱸…
28 日前
こいのぼりさん

一覧へ