ブログ https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 相模湾キハダから東京湾アジングへ https://www.fimosw.com/u/zoomer/31y13jedyzskcf 2020-09-21T12:53:00+09:00 6月以来ベストシーズン中に行かなかった相模湾。6月と9月に1回勝負をかけていた。
高水温の影響か?全く盛り上がらなかった相模湾のキハダ。カツオの海となっていたので、カツオタックルを持ち込んでの二回戦目。
西に向かいナブラ発見!物凄い量のカツオが船縁を通過する。極小のメタルジグをキャストするも完全無視。あの手この手で正解を探すも、次第にコマセ船に囲まれ船団になり、ナブラは沈んで釣りにならないので離脱する。


あ〜今日は一日こんな感じかとキハダは諦めてカツオを何本か持って帰る為にフレッシュな群れを探す。
イワシの量も多く、鳥の量も多いので探すのは簡単。
幾つかカツオナブラをやっていると、チョット雰囲気が変わって来た。
鳥山!団子!イワシ団子!
全速で向かい手前で様子を伺いながら近づく、勿論、キハダタックルで沈下系。
そしてサメ付きイワシ団子‼️



確定‼️しかも他船無し‼️


激アツ‼️今日はイケる‼️


マグロの予約は独特で、正月過ぎ辺りからなので、いざ、タックルを買っても乗る船が無かったり乗り合いになってしまう。なので、タックルを買ってくれた初挑戦の方を毎回1人2人連れて行っています。
そうすると、ミヨシで4人〜5人で投げるのは慣れていないと無理。危険なので、だいたい後方待機でタイミングを見計らって投げているのですが、兎に角上にメジが多く、その下に居るであろうキハダにアプローチ出来ない。


そのうちにサメが掛かり囲っていたイワシが解放されてしまう。


何度もサメ着きをやっている間にキハダらしいヒットも全員にあったものの、おっ外れ、飲まれ切れ、ドラグ焼けつきなどで尽くチャンスを逃し、結局船に入りませんでした。涙


お土産は全員確保出来たものの、コレが遅れているだけで勢いが出て来たら嬉しいやら悲しいやら。笑


不完全燃焼だったのでアジングを軽くやって帰ろうとプラっと漁港へ。


開始して、暫くすると気付いてしまう。軽い気持ちじゃ釣れないヤツ…。


所謂、悶絶系バイト。しかも、絶対小さいアジ。
あまりにもアタルので本腰を据えてガチンコ勝負!


PEだったのでジグヘッドを0.4g、Dr.choroを横付けしてフォールスピードを落とし、時折出るライズに目もくれず、ボトム付近のバイトにだけに集中。ボトム付近を潮と同調させながら開放する様にレンジを一気に上げた後のフォールでヒット!ラインでも十分にとれるアタリ!



コレで最大サイズ。
SL-510ULSはアジング専用ロッドなので、アジングは御手の物。豆アジの悶絶バイトもしっかり乗せられます。

ロッドの使用感については別の機会に書こうと思っています。





かなり疲れていたので、この辺で納竿としました。





タックルデータ
ロッド : 礁楽SL-510ULS
リール : STRADIC CI4+ C2000S
ライン : Avani SALTWATER FINESSE X8 0.3
リーダー : LightGameSHOCK LEADER 3lb
ルアー : Dr.choro

]]>
遠藤 真一
東京湾メガドッグ開幕 https://www.fimosw.com/u/zoomer/31y13je68yueuu 2020-09-18T11:41:00+09:00 東京湾のコノシロも次第に塊となりベイトボールを目視で探せる様になりました。




特にコノシロ限定のルアーでは無いのですが、コノシロには大型のシーバスが着きますので食わせ易い程度で、陸っぱりからやっていると、サッパやイワシ等の小型のベイトであってもボールになっていれば激アツです。なので地域限定と言う事も無いと思います。
居るのに何を投げても食わないならば、メガドッグを入れて水面を乱してやるとドーンッと水面が爆発したかの様な水柱が立ちます。
あの音が堪らなく目覚まし時計から鳴ったら、直ぐに飛び起きて釣りに行ける気がします!笑




勿体無くて使わなかったレッドヘッドを解禁してキャッチ出来ました。
 


SEABASS Life秋号ではBIRAN70からメガドッグまで紹介しています。是非御購読下さい。





]]>
遠藤 真一
BIRAN70内房河川実釣動画 https://www.fimosw.com/u/zoomer/31y13jevtjib3i 2020-09-15T17:03:00+09:00 BIRAN70を使った内房河川の動画が公開となりました。



https://youtu.be/WQ4Gv80dawI


興味のある方は是非ご覧下さい。
]]>
遠藤 真一
BIRAN70でコノシロパターン https://www.fimosw.com/u/zoomer/31y13jezk9ahyu 2020-09-09T22:03:00+09:00 最近は家庭的事情でバタバタしていて、釣りはひかえていたのですが、もちろん釣り場は回っていました。サボると完全に見失ってしまう最近の魚の動き。


海水温の高さから自然の猛威なども懸念されると同時に東京湾も大きく変化して南国化していきそうな予感しかしません。


相模湾はカツオの海となっていて、キハダもかなり厳しい状況となっていますね。
状況を推測して予想を立てた結果、今年は夢中にならなくて正解だったかな。
そうなると、他のエリアが良くなるのは当たり前の話で、先を読める人はかなり釣ったのではないでしょうか?


青森もシイラパターンが無く、誘い出し主体のエサの少ない状態から一気にイワシが入って、ここ数日はイワシ吹き上げてドカドカやっている様ですね。港内にはイワシが追いやられてかなりの数が死滅している様子。
北海道でも釣れていますね。
どうなっていくのやら…


シーバスはかなり細分化されたゲームで、多くのパターンが存在しますが、成立しないパターンも増えてきています。
逆を言えば新しいパターンやこんな所で!?みたいな事も増えてくるのではないでしょうか!


今回狙ったのはイワシ、ボラ、コノシロなどグチャグチャに有効なベイトが集まった場所なんですが、ショアから狙うには少々厳しいかなという距離感。
台風のウネリが発生したタイミングと朝の潮位を考慮してエントリーしてみると濁りの中にもベイトは確認出来たのでBIRAN70の15gでブレイク付近を探っていく。
久し振りに96のロッドで飛距離を稼ぎ、ボトムをとりコンタクトさせながらブレイクの位置を把握。ここで20gにチェンジし15gと同じ位置に落として探っていく。
飛距離を出せる20gで広範囲に探るのも手だが、着くとしたらブレイク!
なので、より早く巻いてもコンタクト出来る20gでブレイク付近までリーリングし、ブレイク上で煽って一気にレンジを上げてやるとゴンッと重いバイト!


BIRANの特徴のレンジキープとレスポンスを最大限に引き出し、リアクションで食い上げさせた。



久し振りに地元で90upの納得サイズをキャッチ!やっぱりデイゲームでのファイトは楽しい。
水面からデカイ顔を出した瞬間から慎重になった。





デイゲームのコノシロパターンにはバイブレーションも有効です。
リアクションで釣るにはカミソリの様なレスポンスを誇るBIRANですので、是非こちらから仕掛けてみて下さい。
トルクの強い振動では出せない高速の軌道変化が勝因となった一本でした。

タックルデータ
ロッド : モンスターインパクト96tradition
リール : EXSENCE 4000XG
ライン : AVANI SeaBass PE si-X 1号
リーダー : SeaBass shock leader 20lb
ルアー : BIRAN70



]]>
遠藤 真一