プロフィール

パズデザイン

埼玉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/7 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:30
  • 昨日のアクセス:681
  • 総アクセス数:2262247

混合ベイトパターン攻略!! 小助川光昭(千葉県)


いつもパズデザインテスターログをご覧いただきありがとうございます。
パズデザインフィールドテスター小助川です。

関東では桜が咲き乱れ
「綺麗だな~」と浸っていたのも束の間。湖面には散った桜が…
儚さと美しさの融合

素晴らしい!!と思いながら海面を見ると
「ヒュー」と引き波を出しながら泳ぐバチの姿が!!

この時期になると東京湾奥港湾部では、イソメの産卵行動である【バチ抜け】真っ最中
川バチと比べ長さがだいぶショートになり、
ルアーの長さや波動を考えながらルアーを使い分けることでヒット率がだいぶ変ります。
それが
バチ抜けの醍醐味でもあります。
 
今時期は日没がだいたい18時頃からで、上げ潮のタイミングでもバチが表層を泳ぎだします。

広範囲を
フィール120SGで探るのも良いですが、バチが捕食している箇所を確認し、なるべく手前から探っていきます。
フィール100SGフィール75SGで届く距離であれば口を使わせる率が上がります。
なんせ
今のバチは短いですからね。

fhdfri27mzdyoskt6vea_480_480-dab9983c.jpg


引き波を出しながら泳ぐバチにはフィール120FGがオススメです。
フィール120FGの引き波は、強く波立たないので見切られにくく、やや早いリトリーブをしても弱い引き波で泳いでくれるのが
最高です。

よって、
広範囲をテンポよく探っていけるのでヒット率も格段に上がっています。
 
ここ最近夜になると風が強まり水面が波立ってしまう時が多々あります。

y7toxscpwzjzdwvfj2do_480_480-2ff3c8bd.jpg


マッチボウ100Fは、フィール120FGよりも引き波は強いので気づかれやすいです。
アップにキャストし、
ルアーが出す引き波の幅を調整しながらリトリーブするとヒット率が上がりますので試してみてください。
 

また、
フィール120SGでないと届かない
『沖の流芯』にシーバスが付くことは多々あります。
アップにキャストしラインスラッグを取りながらゆっくり流すと釣れますので、フィール120SGもボックスに忍ばせておいてください。
 
バチ抜けは、ポイントや時間、自然状況によっては発生しない場合があります。自然相手ですから仕方のないことですが…。
そんな時にヒット率が高いルアーが、
ディブル55TGなんです。

dh54xv5zxmigyva9axzb_480_480-463c0d02.jpg

ボラの稚魚であるハクや稚鮎などサイズが5~7㎝と小さいので
『なるべく小さく距離も稼げるルアー』や、『波動の弱いルアー』がオススメです。
5~30㎝ぐらいのレンジをイメージしながら泳がすと釣れる率が高いので試してみてください。


何はともあれ
シーバス達は元気です!!
ボックスをルアーでパンパンにして、釣り場へ向かいましょう!!

では今回はこの辺で。







 

・Pazdesignテスター小助川光昭連載【マッチの部屋】ログ一覧
https://onl.tw/jebCWV5

 

・パズデザインHP
http://www.pazdesign.co.jp/

 

・パズデザイン公式Facebook
https://www.facebook.com/ZapPazdesign/

 

・パズデザイン公式Twitter
https://twitter.com/ZAP_Pazdesign

 

・パズデザイン公式Instagram
https://www.instagram.com/?hl=ja

 

・fimo釣りログ一覧
http://www.fimosw.com/u/zappazdesign

 

・Pazdesignテスター志賀憲太郎連載【夢道中】ログ一覧
https://onl.tw/nD36kYf

 

・Pazdesignテスター飛田俊一郎連載【MAKING OF STREAM BEYOND】ログ一覧
https://onl.tw/dbTtUHx

 

・特別連載企画 【渓流ハンドメイドミノー TAGIRI 深掘り】ログ一覧
https://onl.tw/RhQ6ejz


 

コメントを見る