プロフィール

パズデザイン

埼玉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:399
  • 昨日のアクセス:3498
  • 総アクセス数:1723979

順調です! 平中竜児(和歌山県)

みなさんこんにちは。和歌山の平中です。
タイトルにある「順調」というのは何なのか?
それは来年にリリース予定のバックウォッシュビヨンド110S・SPの新色の事でございます!!
このルアーを元々テストさせて頂いたのは私自身ですから誰よりも投げている自負もあり、どういった感じの状況の時にどういう風に投げて通せば…

続きを読む

ルアー選びと探り方 花川常雄(愛媛県)

皆さんこんにちは、愛媛の花川です。
今年の夏はとても暑くかなり夏バテ気味になりましたが、
9月に入ると一気に気温が下がり過ごしやすい気候になりました。
例年、夏は釣れても小型が多く、秋に入る前に一度休息状態…釣れにくくなります。
しかし一気に群れが入ると各所で爆裂状態になります。
ですので釣れなくても状況…

続きを読む

三つのリードルアー 小助川光昭(千葉県)

一気に気温が下がり夏から秋にシフトチェンジ。
季節の変わり目は風邪をひきやすいので体調管理に気を配っているコスちゃんです。
関東では、シーバスの活性も良く釣果報告も頂いてます!!
そこで、ベイトフィッシュを意識したシーバスを釣るためにリードブランドで攻略するための
3つのハイパークオリティーデリシャスル…

続きを読む

【新色追加 リバード90S】宮城県サーフでの使い方、カラー選び 鈴木崇之(宮城県)

皆さんこんにちは!
宮城県でサポーターをしております鈴木崇之と申します!
はじめて書かせていただくので軽く自己紹介致します。
宮城在住、シーバスをメインに狙って活動しております。主な活動範囲は宮城、秋田の磯、河川、サーフです。
ちなみに一番好きなスタイルは清流域でのビッグベイトで狙うシーバスフィッシン…

続きを読む

【ディブル55】状況に適したルアーで魚を釣る 兵庫県(福田尊志)

こんにちは!!
兵庫県のタカです。
最近仕事と家の用事がめちゃくちゃ忙しくて、週末もバタバタと過ごしています…
そんなバタバタの週末夕方に、家内にタコが食べたい♪と言われて慌てて近所の明石の海にタコを釣りに行ったりとか…
バタバタしております(笑)
それでは今回のログです♪
この時期、毎年お世話になってるリ…

続きを読む

【お盆期間特別企画】過去ログ祭りルアー編≪リバード90S≫

皆様こんにちは、シミズです。
もはや連休の定番となりました過去ログ祭り!!
今年のお盆期間中は≪ルアー編≫をお届けします♪
1日目は【リバード90S】です!
2013年の発売以来、皆様に愛されてきたリバード90S。
「喰わせる力」「魅せて喰わせる」「イレギュラースラローム」
リバード90Sの魅力を少しでも感じて頂ければ嬉…

続きを読む

夏直前、清流シーバスを求めて!!新原慎吾(鹿児島県)

皆様こんにちは。鹿児島の新原です!
梅雨も明け、季節は本格的な夏に移行しましたね!
皆様、熱中症には十分注意して適度な休憩、水分補給をしながら釣行して下さい♫
それでは、今回の私のログですが夏に入る前に行った釣行の模様です。
私のホーム河川、鹿児島県の薩摩川内市を流れる川内川!人工的な堰が無くベイトを追…

続きを読む

私の釣行準備紹介♪ 福田尊志(兵庫県)

兵庫県のタカです♪
今回のテスターログは、いつでもサッと釣りに行けるように家でいつもしている釣行準備のログです!!
私の釣行は、基本土日だけと決めています。釣りの準備を前日にすると睡眠時間が削られるので、なるべく月曜日から木曜日に準備をしています♪
貴重な週末でそれも午前中に帰宅すると決めているので、な…

続きを読む

マッチボウ100F釣行レポート 花川常雄(愛媛県)

皆さん、こんにちは。
愛媛の花川です。
今回は、新製品の【マッチボウ100F】を使用した釣行レポートを送ります。
いろんな状況に合わせることが可能なREEDルアー。
表層系ルアーでいうと、ビッグミノーのグランソルジャー190F。
サヨリパターンに特化したアルバトロス150FG。
サイズバリエーションが豊富な細身のfeel。

続きを読む

冬の時期のヒラスズキ 平中竜児(和歌山県)

読者の皆さまこんにちは。
和歌山の平中です。
最近は釣果があまり芳しくなく、掛かっても小型ばかりなので今回は私なりのこの時期のヒラスズキの狙い方について書かせて頂きたいと思います。
まずこの原稿を書いている2月中旬はちょうどヒラスズキの産卵時期に当たると言われてます。
地域差もありますし個体差もあります…

続きを読む