プロフィール

山﨑航希

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2021/7 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

ジャンル

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:13
  • 昨日のアクセス:124
  • 総アクセス数:246979

QRコード

再現性を求める

どうも!山﨑です!!



皆さんは、先日fimoTVで公開されたライブをご覧になられたでしょうか?


そのライブのアーカイブはこちら!!

ソルトウォーターニュースLive



fimo内で投稿されているブログについてなどの情報でしたね♪


釣果に結びつく情報やためになるブログを紹介していくそうなので、次回も見てみてください!!




さて、本日は昨日のブログ内に書いていたアジングの中で大切だと感じたことについて書いて行こうと思います。


ちなみに昨日のブログはこちらです。


今年は渋いな~
https://www.fimosw.com/u/nyakky/gmjgmnbx5zbdoy




大切なことは
アジングをしていて大切だなと思うことは。


レンジ


アジがどこの層にいるのかを探すことです。

層が外れていたりすると殆ど釣れなかったり・・・。


ボートなどでは魚探を使用して「○メーターですよ~」なんて言ってくれるわけですが、オカッパリだとそうはいかない。

漁港や良く通うポイントなどは、大体の水深がわかるが正確に何メーターかはわからないですよね?


そして○gのジグヘッドが○秒で何メーター沈んでいるか


レンジを把握するためには、これってすごく大事だと思う。


例えば、極端な話、水深10mのポイントで1gのジグヘッドが10秒で沈んだ

とすると、1秒1m沈んでいる


こんな簡単な計算ならいいですが、10mを40秒かけてだったり、ジグヘッドのg数が変わったりすると、計算は面倒。(笑)


そんなのいちいち釣り場で計算しないですよね?


頭の良い人はチャチャッと計算しちゃうんでしょうけど、私はそこまで頭が良くないので・・・。(笑)


レンジを把握することは大事だが、それを簡単に行える方法とはなんなのか!?




カウントをとる
私が行っているレンジの把握方法は。

カウントをしっかりとる

と言こと。


先ほど例えで出した、40カウントでボトムがとれる


というポイントで、20カウントでアタリが出る


それを把握しておけば、その20カウント周辺でアクションをしたり、フォールを入れたり、狙いが定まるはず。


○mという考えではなく、○カウントでレンジを把握するということ。


以前のブログの中でカウント○秒と書いていたこともありましたが、秒数となると、それぞれの体内時計なので狂う可能性があります。

そのため、秒という表記ではなく、カウントとしました。


ジグヘッドを重くしたり、軽くしたりした場合は「カウントをとりなおす」のがおすすめです!!


手間ですが、これが確実だと思います。



再現性へ
序盤でも書いていますが、アジの釣果を伸ばすためには、アジがいるレンジを把握することが大切だと考えています。

カウントを把握しておけば、後はワームの大きさだったり、カラー、フォールスピードを合わせていくだけ。


アジの群れが入っているか、口を使ってくれるアジがいるのか等の条件もありますが、私は、この方法でアジを釣っています。

nv7mc257b296zjjf2bii_480_321-50a32e4a.jpg


ちなみに、同じジグヘッドで、1つのワームでフォール速度を調整できるワームがあるんです。


それは・・・。


THIRTY34FOURさんのキメラベイト!!

xo2tn7tyemz32xi7cvih_480_270-debfa382.jpg


このワームは下の部分にポケットがあり、水を受けてフォールを遅くしてくれる。

rdmsof92aorpfxfxi4n5_480_270-d3626e75.jpg


そして、これを逆付けすると、水を受けるポケット部分が上側に向くのでフォール速度が速くなります。

3s2uhubknwcodmhpca65_480_270-892a0ba4.jpg

わかりにくい画像ですいません…


アジングでレンジ、フォール速度などを把握し、再現性を求めることは大切です!!


周りでアジが釣れているけど、自分にはあんまり釣れないという時などにやってみてください♪




まとめ
今回のブログの中で大切な事は
カウントをとりレンジを把握する
上記2つの再現性を求める

というところ。

この2つができれば、後はワームを変える、カラーを変えるなどをして当てはめていけば釣果は伸びると思います。

東京湾もアジングシーズンなので是非チャレンジしてみてください♪



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



◆SNS◆
【Instagram】
【Facebook】
【Twitter】

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

旧江戸デイ・今度は本気
2 日前
タケさん

ノコギリクワガタの幼虫
4 日前
平田孝仁さん

雨の恩恵に助けられて。
14 日前
渡邉 雄太さん

ブログの時代は終わったのか
16 日前
登石 直路(nao)さん

ビッグベイト初心者によるビッ…
22 日前
ねこヒゲさん

宍道湖シーバス 夏の匂いが
26 日前
西村さん

ベイトキャスティングで肩を故…
30 日前
柳竿 シンゴさん

これが高級竿?
30 日前
rattleheadさん

一覧へ