プロフィール

BlueBlue

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アーカイブ

2022年11月 (2)

2022年10月 (4)

2022年 9月 (1)

2022年 8月 (1)

2022年 6月 (1)

2022年 5月 (1)

2022年 4月 (1)

2022年 3月 (2)

2022年 2月 (1)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (5)

2021年11月 (1)

2021年 9月 (4)

2021年 8月 (4)

2021年 7月 (1)

2021年 6月 (2)

2021年 5月 (1)

2021年 4月 (2)

2021年 3月 (2)

2021年 2月 (2)

2021年 1月 (2)

2020年12月 (3)

2020年11月 (2)

2020年10月 (7)

2020年 9月 (7)

2020年 8月 (6)

2020年 7月 (9)

2020年 6月 (12)

2020年 5月 (8)

2020年 4月 (5)

2020年 3月 (3)

2020年 2月 (3)

2020年 1月 (5)

2019年12月 (7)

2019年11月 (6)

2019年10月 (7)

2019年 9月 (1)

2019年 8月 (4)

2019年 7月 (8)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (12)

2019年 4月 (10)

2019年 3月 (7)

2019年 2月 (7)

2019年 1月 (5)

2018年12月 (13)

2018年11月 (9)

2018年10月 (13)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (16)

2018年 7月 (14)

2018年 6月 (14)

2018年 5月 (17)

2018年 4月 (13)

2018年 3月 (13)

2018年 2月 (13)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (8)

2017年11月 (14)

2017年10月 (16)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (10)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (14)

2017年 4月 (19)

2017年 3月 (21)

2017年 2月 (9)

2017年 1月 (15)

2016年12月 (14)

2016年11月 (12)

2016年10月 (17)

2016年 9月 (13)

2016年 8月 (9)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (10)

2016年 5月 (7)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (11)

2016年 2月 (10)

2016年 1月 (14)

2015年12月 (12)

2015年11月 (11)

2015年10月 (14)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (17)

2015年 5月 (16)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (10)

2015年 2月 (15)

2015年 1月 (11)

2014年12月 (13)

2014年11月 (9)

2014年10月 (16)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (13)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (13)

2014年 4月 (13)

2014年 3月 (14)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (13)

2013年12月 (12)

2013年11月 (16)

2013年10月 (11)

2013年 9月 (10)

2013年 8月 (11)

2013年 7月 (12)

2013年 6月 (13)

2013年 5月 (15)

2013年 4月 (12)

2013年 3月 (13)

2013年 2月 (11)

2013年 1月 (10)

2012年12月 (7)

2012年11月 (7)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (4)

2012年 8月 (4)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (4)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (5)

2012年 2月 (1)

2012年 1月 (6)

2011年12月 (5)

2011年11月 (1)

2011年 9月 (1)

2000年 1月 (3)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:9
  • 昨日のアクセス:679
  • 総アクセス数:5894162

外房春政シーズンスタートの兆し!

こんにちは、こんばんは?

BlueBlueの吉澤です。


ただいま春のイベントシーズンまっただ中ということで、全国を飛び回るような生活をしています。(今は高知におります。)


さて、慌ただしい日々の中でも時間を見つけてはフィールドへ出掛けています。(先ほどは高知の河川でシーバス狙ってホゲってきましたが。。。笑)


egwvowv7vd3nzu2fui9r_480_480-1654bfbf.jpg


先週は外房大原港山正丸さんでマニアックス様主催の実釣セミナーを開催しました。

僭越ながら私も講師として乗船です。



まずは午後からのセミナー前に午前中のプラクティス?といことで乗船。


狙いは外房沖の水深40〜70mラインの外房青物ゲームとしては少し深めのポイントです。


この日は鳥が出ていましたが、お魚さんのご機嫌はナナメ?


それでも午前中にヒラマサを1キャッチ!


aomftrvg9biem9bc2588_480_480-4739ee4a.jpg
ESSNAL(エスナル)230g ブルピンゼブラ

ベイトが小さいと言われてる時はゼブラカラーが効くような気がしています。

また、乗合船で結果を出すには同船者よりも先に仕掛けにいくことも手堅く一本を手にするコツかと思うのでアピール系の色と大きいジグを選択するのも手です。

そして、先に仕掛けにいくためには着底がわかりやすい、スライド幅が大きい、浮き上がりを抑えて何回も底をとりやすいアイテムで攻めてみるといいことがあるかもしれません。



まぁあれです。一言でまとめるとラッキーだったという事です(笑)



だってそのあともアタリはあるものの乗せる事ができたのはこの1本だけでしたから。。。苦笑


ewt9e9xi7zzmyxvt9z7b_480_480-6eb6a23c.jpg

午後からが本番です。


kdjyfjuoafy3tr7tc6ng_480_480-af88a995.jpg

ちなみにこちらが主催のマニアックスの店長 ベナン様
花粉症で鼻水が止まらなかった模様です。


午後からの状況といえば。。。



ocvfyn2ijwxzbvgz8o8f_480_480-f52c4a47.jpg

壮大な鳥山が発生!!!



これはアツイ!!


爆釣かと思いきや実はちょっとセレクティブな日でした。




99932ond5d5rnbktzu4r_480_480-73ae001a.jpg

タイミング、パターンを合わせられた人がイナダ〜ワラササイズをキャッチ!

9vsf33a73vh84k3ccwhv_480_480-cc1025a6.jpg

ベイトは水面直下に散らばるカタクチイワシのようです。


カタクチイワシ!!
っと、いえばこの子の出番です。


f6aef3tezf5d7p3zmjzm_480_480-2149fec2.jpgBashooot!!!(バシュート)105

バシュート開発記:
http://www.fimosw.com/u/blueblue/tmm3jxrfymbdgj


ord4bkx2iage9ao2ehyj_480_480-a43f34d2.jpg

ごちそうさまでした。

zhwuyjzeg3pmd98dgruz_480_480-9e8756f4.jpg

食わせにくい鳥山ナブラもバシュート入れて5キャッチ♪

入れ食いモードです!

外房=ジギング、ダイビングペンシルと思われがちですがこのようなパターンも度々あります。


是非、キャスティングタックルにバシュートを結んでおいてください。 オススメはPE3号以下のタックルで使用するのがオススメです。


poc8zdb8y7wodrhi6zjo_480_480-461d681f.jpg

もちろん小型のジグでタイミングを合わせればこのようにキャッチも可能でしたが、当日乗り合わせた方ならばお判りいただけたかと思いますがルアーの相性で簡単に釣れる、釣れないが別れるナブラであったかと思います。


これから春になるにつれてイワシについた魚がどんどんと寄ってくるかと思われます。


ヒラマサ、ワラサを中心に春の青物シーズンが開幕の兆しです。


日に日に暖かくもなってきていますので、是非外房青物ゲームにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


dy3abb9vsjpk3w22crai_480_480-89c65271.jpg

最後に参加いただいたアングラーの皆様、このような機会をいただきましたマニアックス様、山正丸様、Supplies椙尾様ありがとうございました。
 
BlueBlue吉澤






 

コメントを見る