アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:334
  • 昨日のアクセス:1780
  • 総アクセス数:16028235

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area7-6 ~シーバス 房総半島~

Area7 - Stage6 ~ 落ちるスズキを追いかけて ~

2003年12月1日 房総半島 シーバス







この世の人間様のなす事で、変わらなくていいのは義理と人情だけである。

あとは変われなければ生き残ることができない。

それがビジネスの世界では当たり前の事だ。

それほど時代の変貌が激しい。





師走とまたせわしい名前を背負う月に、いつにも増して忙しく走り回る人間。

それをあざ笑うかのようにスズキはいつの時代も変わらぬ動きを見せる。

ゆっくりと、しかし確かに。それは本能に赴くままに。

湾口へと産卵に向かう魚。その最後の荒食い場所。

それがいくつあるかはわからないが、ここもその一つなんだろう。

毎年のように繰り返されるスズキたちの最後の準備場所。




ポイントに着くなり、壮絶なボイルが見える。

という期待を大きく裏切り、今日の水面は鏡のように静かなままだった。

だけど、だけどだ。

14年間もやってれば感じるのである。

スズキの気配。






セオリーからは完全に外れたコース、そしてメソッド。

シャローも明暗もなんも関係ない、ただひたすらに暗い場所。

磯場と磯場の間という大場所でX-80SWのトゥイッチ&ファーストリトリーブ。

端から見たら完全なるアンチセオリー。






だけど、空の真上には白く輝く満月。

デーゲームの釣りが深夜3時に炸裂する確信


yMTumZkiPmxfs7FJbyxp-48a8ba82.jpg



リリースした後はX-80SWでは反応が無くなる。

ならばと、アスリート9Sに変える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
風のない静かな港にさんさんと降り注ぐ月明かり。
 
まるで全てが停止しているかのように、静かにたたずんでいる。
 
ただ吐く息だけが白く立ち上る夜。
 
だけど、そこにスズキは息を潜めて待っている。
 
こんな夜は岸際の常夜灯の支配力が弱まる。





港の真ん中に適当に投げ込んでボトムを取ってからのジャーク&ジャーク。
 
セオリーを崩す覚悟、そこから新しいセオリーが生まれる。
 
2度のバイトのあと、ボトムラインで強烈なバイト。
 
b577USfCyFvGVFaegfVi-ac18a95d.jpg
 
風でもない明かりでもない、月明かりにこそ生きるセオリーがある。
 
 
 
 
 
アンチセオリーと逃げるのは簡単だ。
 
 
 
 
 
もう一度言おう。
 
セオリーを崩す覚悟、そこから新たなセオリーが生まれる。
 
変わらなければ何も始まらないのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ついでにボトムを取ったローリングベイトに小さなマゴチ。

Fnuh85e9n74EtBaeaeSi_480_480-3b0b68dc.jpg

 

使用タックル
ロッド アピア 風神ゼータ72Mクロスインパクト
リール シマノ ステラ3000AR
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ 邪道 ヨレヨレ~
メガバス X-80SW
ジャクソン アスリート9S
ゴミ 空き缶  

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!