プロフィール

TICT

高知県

プロフィール詳細


TICT HP

webshop

twitter

facebook

studio

Az-ing lab

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2023年 1月 (6)

2022年12月 (1)

2022年11月 (2)

2022年10月 (2)

2022年 9月 (2)

2022年 8月 (4)

2022年 7月 (1)

2022年 6月 (4)

2022年 5月 (5)

2022年 4月 (6)

2022年 3月 (4)

2022年 2月 (2)

2022年 1月 (5)

2021年12月 (5)

2021年11月 (5)

2021年10月 (5)

2021年 9月 (4)

2021年 8月 (2)

2021年 7月 (2)

2021年 6月 (3)

2021年 5月 (2)

2021年 4月 (5)

2021年 3月 (2)

2021年 2月 (6)

2021年 1月 (8)

2020年12月 (1)

2020年11月 (7)

2020年10月 (5)

2020年 9月 (2)

2020年 8月 (4)

2020年 7月 (3)

2020年 6月 (5)

2020年 5月 (3)

2020年 4月 (3)

2020年 3月 (5)

2020年 2月 (6)

2020年 1月 (9)

2019年12月 (12)

2019年11月 (8)

2019年10月 (5)

2019年 9月 (7)

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (6)

2019年 6月 (4)

2019年 5月 (10)

2019年 4月 (14)

2019年 3月 (11)

2019年 2月 (10)

2019年 1月 (10)

2018年12月 (14)

2018年11月 (15)

2018年10月 (13)

2018年 9月 (13)

2018年 8月 (12)

2018年 7月 (10)

2018年 6月 (11)

2018年 5月 (15)

2018年 4月 (14)

2018年 3月 (15)

2018年 2月 (10)

2018年 1月 (12)

2017年12月 (12)

2017年11月 (15)

2017年10月 (11)

2017年 9月 (14)

2017年 8月 (12)

2017年 7月 (13)

2017年 6月 (15)

2017年 5月 (13)

2017年 4月 (14)

2017年 3月 (16)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (18)

2016年12月 (17)

2016年11月 (16)

2016年10月 (20)

2016年 9月 (17)

2016年 8月 (11)

2016年 7月 (13)

2016年 6月 (20)

2016年 5月 (17)

2016年 4月 (16)

2016年 3月 (23)

2016年 2月 (18)

2016年 1月 (12)

2015年12月 (17)

2015年11月 (19)

2015年10月 (19)

2015年 9月 (23)

2015年 8月 (20)

2015年 7月 (17)

2015年 6月 (12)

2015年 5月 (18)

2015年 4月 (19)

2015年 3月 (20)

2015年 2月 (19)

2015年 1月 (21)

2014年12月 (18)

2014年11月 (19)

2014年10月 (19)

2014年 9月 (20)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (11)

2014年 6月 (10)

2014年 5月 (15)

2014年 4月 (14)

2014年 3月 (22)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (21)

2013年12月 (18)

2013年11月 (12)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (21)

2013年 8月 (19)

2013年 7月 (23)

2013年 6月 (14)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (14)

2013年 3月 (17)

2013年 2月 (12)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (12)

2012年11月 (11)

2012年10月 (10)

2012年 9月 (8)

2012年 8月 (14)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (5)

2012年 5月 (10)

2012年 4月 (13)

2012年 3月 (16)

2012年 2月 (16)

2012年 1月 (3)

2011年12月 (3)

2011年11月 (6)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:176
  • 昨日のアクセス:377
  • 総アクセス数:3466063

QRコード

New☆スパクロ1.8

  • ジャンル:日記/一般



スパイラルクロー 1.8インチ



微波動よりのラインナップの多かったU.S.Bワームシリーズにおいて強めの波動、ティクト初となるカーリーテールがニューリリースです!


もともと行き慣れたポイントであれば、微波動ワームから開始するのも良いのですが、
初めての場所で、どこに魚が居るのかサーチする必要性がある場合、少しアピール力が心許ない…

そんな時はこのスパイラルクロー!!


ヘッドのリング形状はもちろんのこと
テールが強い撹拌波動を生み、ただ巻きでも、リフト&フォールの縦の釣りでも、意識せずともテールがアクションしてくれるので、アピール力はバツグンです!

MキャロやMフロートなどを使って広範囲を攻めるのにも、そのアピール力が強い味方に。

vk7n6ywxttubbe5tk3my_480_480-c0b4b959.jpg



さらに特筆すべきは、アジ・メバルなどが好む
イカナゴといったボトムのベイトがエサとなっている時の強さ。

yysf9vou9mwycah9sftx-45c2e8c3.jpg

ボトムステイで放っておいても、潮流でテールが勝手にゆらめき、また60cm程度の細かなボトムバンプの繰り返しにおいても
そのアピール力により、存在感はバッチリ。


ポイントが遠く・深くなるほどにこのスパイラルクローの強さが発揮できると思います!
足下でも強いですけど(笑)



軟らかいカーリーテールでは針絡みなどを起こしやすかったのですが、先端に設けた爪(突起)が泳いだときに水を噛み、テールをしっかり伸ばしてくれることでこれを軽減しています。

f8but6jei9uihe33dk4v-71eb2fc8.jpg




カラーラインナップは8色です。

ptor87rg4axmsa4joeoe-24afddd0.jpg
どクリア

5yvvmm72bt46abst6d9t-a09367ea.jpg
エビチリ(ピンク赤ラメ)

c9bkupga94chf766e2bn-dc516150.jpg
リアクションシルバー(クリアシルバーラメ)

jbidmecazvrrfgc99wfv-6ef5b573.jpg
チャーゴー(クリアゴールドラメ+ヘッドにチャートコア)

be8itiabhjb9ocs9p5fy-d86fc601.jpg
アミレッドコア(クリアに赤ラメ+フックポイント付近に集合赤ラメ)

ed4zrsfwxum3x976fhxm-edcd5fbd.jpg
オキアミ(エビ粉入り)

rait4mu4tgdb99vu482j-a7c1f1a2.jpg
スノーグロー(夜光)

hd67hhhhatshikcx8a37-dfd1300c.jpg
ムラナゴ(ケイムラ+ムラサキボディにゴールド・シルバーラメ混在)



1.8インチなので、サイズ的にも思わずパクッといっちゃいますから!!

3k6kiymiw7jhnxgcju6d-b0ca47b2.jpg



企画デザイン 土居




----------------------------------------------------------------

「TICT Facebook」
ページ検索「ティクト」or「TICT」で検索
http://www.facebook.com/pages/

「TICT Twitter」
http://twitter.com/TICT_Kochi

「Studio TICT」動画
http://www.youtube.com/user/studioTICT

 

コメントを見る