プロフィール

pleasure

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/6 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:96
  • 昨日のアクセス:30
  • 総アクセス数:61314

QRコード

15th MAGIC

肌寒かった4月と打って変わって

連休明けから急に気温も上がり

木々も青々と、梅雨入りまでしてしまった5月の宮崎。

早春シーバスを通り越し

梅雨の増水シーバス開幕です!

さてさて、と

このまま続けて書きたいところですが

fimoで面白いキャンペーンをしてるみたいなので

梅雨の増水シーバスは一先ず置いといて

【fimo BIG THANKS キャンペーン】

お題の「ビッグベイト」について

まだまだビッグベイト初心者ではありますが

少ない知識と体験も含めて

僕が書ける、僕なりのビッグベイトゲームを紹介したいと思います。

僕がビッグベイトで狙うのは河川内、

パターンとしては大きく分けて2つ。

・河川変化による待ち構えパターン

・ベイトの入り状況による回遊パターン

この2つのシチュエーションが

ビッグベイトゲームを成立させやすいように感じます。

まず「河川変化による待ち構えパターン」

例えば、いまの時期だったら

梅雨によって発生する長雨により

河川水量や流れが増すことによって

遡上した稚鮎等が流れ落され

それを下で待ち構え、落ちてきたものを捕食するパターン。

atn333xujeds3u75pyyi_480_480-ffde4466.jpg

上流域、払い出しで出た清流鱸。

今度はそれとは逆に

干潮や渇水により川幅が絞られ

狭まった水筋に密集したベイトを襲い捕食するパターン。

b5f8um7mbzohi9numa6e_480_480-64991877.jpg

春のベイト、ハクつきシーバス。

こういった雨や干満差、渇水など

その時の状況によって狙えるこのパターンは

さほど地域や季節、ベイトの大きさに左右されにくく

ベイトが溜まりそうなポイントや

フィッシュイーターがスティしやすいポイント

そこをおさえ、目の前にエサ(ビッグベイト)を見せて反射的に食わせる

一撃必殺のリアクションの釣り。

これはある程度どこでも成立できるビッグベイトゲームだと思うので

ベイトが小さいからとかは一度無視して

ビッグベイトで一撃狙ってみてはどうでしょうか!(^^)


つぎに「ベイトの入り状況による回遊パターン」

これはベイトの大きさ、地域によっても差があって

よく聞くものであればコノシロパターンなど。

回遊時期や外海の状況にも関係してくるので

いつでもどこでも

河川内にベイトの回遊があって狙えるものではありません。

河川状況、ベイトの回遊ルートをおさえておき

場所とタイミングを合わせます。

狙いかたとしては

ビッグベイトをスローに大きく扇状に流れに乗せながら

フィッシュイーターを遠くからでも引っ張ってくるように誘惑します。

こういう釣りは断然ナイト!

pupez7yhedy6otyufx3u_480_480-61eece37.jpg

iu5m92u8j3pn3ymvaw9m_480_480-260859fd.jpg

ベイトはけっして大きくはない

15センチ前後のサッパパターンで連日メタボヒラスズキ。

また僕の住んでいる宮崎県は

冬のビッグフィッシュ「オオニベ」も狙えます。

サーフがスタンダードですが

状況次第では河川内で狙うこともできます。

7gypcdd8meaejnv7deyf_480_480-beb34aa9.jpg

tnrhfa8bxzjs2gmucbp4_480_480-04d6caee.jpg

広大なサーフで狙うのが苦手な僕は

入って来る個体自体は少ないと思いますが

それでも川幅の範囲内で狙えるのは

大きなアドバンテージです。

また30〜40センチぐらいのグチを好んで捕食するオオニベからしたら

ビッグベイトは全然ビッグではなく

丁度いい食べ頃ごろのエサといったところです。

こんな秋冬のナイトゲーム

夜の干満差が大きくなるこの時期は

河川の流れも太く強い。

こういう状況では普通サイズのルアーよりも

ボリュームがあって、プラスそこに重量があるルアーが有効的で

太く強い流れの中でも

よりスローに艶めかしく誘えるビッグベイトが効果抜群に感じます。(^^)


ビッグベイトって僕もでしたが

今まで使っていたルアーサイズからしてもけっこう大きく

こんなの食ってくるのかよ!って

抵抗や疑いの気持ちはやっぱりあります。

またビッグベイトをキャストするにもタックルも選びます。

てなると、なかなか始めづらいですよね。汗

そんなときはこれとかオススメです

http://hifumi-creating.com/brouge

fimoでもオリカラしてるヒフミクリエイティングの「ブルージュ190f/ss」

サイズは190ミリですが、半分くらいはワーム素材の細身テールなので

そこまでサイズ感に抵抗を受けることなく

重量も42〜45gなのである程度のシーバスロッドでキャストも可能です。

ビッグベイトこれからの方は

是非ここからはじめてみては(^^)

またビッグベイト全てがではありませんが

バイトしてくる魚はほとんどが

グッドサイズだしナイスコンディションです。

普通サイズのルアーと比べて

ビッグベイトは投げて巻くだけでも

毎回毎回ドキドキ感があります。

散々投げた後にビッグベイト入れてゴンッ!

なんてことも少なくありません。

また、リーリングを止められる様な悶絶バイトをもらった日には

もうこの沼からは抜け出せませんね!笑

小型ルアーなどと比べれば

バイトを得られる数はやはり少ないと感じますが

だからこそビッグベイトでの達成感や満足感は

今までの自分自身のそれの記憶を遥かに超えていきます。

そんなビッグベイトマジックに魅せられて

まだ見ぬ最高の魚を求め、今日も川辺に夢を見ます。


おわり

コメントを見る