プロフィール

ogatyunity

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:132
  • 昨日のアクセス:167
  • 総アクセス数:255479

QRコード

道具のおはなし(コーヴァイチュー2.8のカラーセレクトについて)

こんにちはちゅにてぃーです!


今回は『道具のおはなし』としてコーヴァイチュー2.8のカラーの使い分けについてシチュエーション別に改めてまとめていきたいと思います。


コーヴァイチュー2.8インチのカラーラインナップの解説となるのですがそのままフリーリグチニングとしてのカラーの使い分けにも通ずるところがあると思いますので是非とも参考にしてみてください!


現在コーヴァイチュー2.8インチのカラーは初回は6色展開でスタートし、今年に4色を追加して合計10色展開となっております。



6kcyu9vkx3nuk2sihxdf_480_480-fb276775.jpg



全10色のラインナップはこんな感じです。
ここからはシチュエーション別にカラーの使い分けを解説していきます。

先ずフリーリグチニングのカラーセレクトの基本としてそのフィールドの平常時の水の透明度がキーとなります。

具体的には平常時の透明度が1メートルほどを境に濁り水エリアと澄み水エリアに分けています。


濁り水エリア
6uh6h3w7xggcwcobwgru_480_480-d54dd026.jpg



澄み水エリア
zwot5r494hnf89mxgd39_480_480-e02de297.jpg




昼間に水深1メートルほどの場所のボトムが見えるか見えないかで判断すると分かりやすいと思います。

この濁り水エリアと澄み水エリアでベースのカラーセレクトが変わりますので先ずはご自身のフィールドがどちらに当てはまるかを見極めてください。

濁り水エリア、澄み水エリアでそれぞれシチュエーション別にカラーセレクトを解説していきますね。



濁り水エリアでのカラーセレクト


濁り水エリアでは意外に思うかもしれませんがボトムに馴染むような人間から見ると地味なカラーが実績が高いです。

地味系のカラーの中で濃度別に使い分けるのがおススメです。




濁り水エリア+デイゲーム+ハイライト
gujy2geerv4a8bk37x6m_480_480-e9743381.jpg

画像左側からアピールの強い順に…
・01グリーンパンプキン
・02ステルスサンドバック
・08ジミシジミ
となります。



濁り水エリア+デイゲーム+ローライト
xtfg6fwdzgz2dzin8ios_480_480-2ab72f2b.jpg


画像左側からアピールの強い順に…
・03グリパンシルエット
・01グリーンパンプキン
・02ステルスサンドバック
となります。



濁り水エリア+ナイトゲーム
tnvs3ptwombs6jjah2oo_480_480-08b72b60.jpg

画像左側からアピールの強い順に…

・07グリパンレッチリー
・03グリパンシルエット
・01グリーンパンプキン
となります。



続きまして澄み水エリアとなります。


澄み水エリアは濁り水エリアとは逆でチャートカラーやグリーンにギラギラなラメが入っているような人間から見たら派手なカラーの実績が高いです。

澄み水エリアでは派手系カラーの中から濃淡で使い分けるのがおススメです。



澄み水エリア+デイゲーム+ハイライト
y435yb4vmhj6v32o5r99_480_480-b34a661f.jpg


画像左側からアピールの強い順に…
・04グリパンチャート
・10カモフラッシュ
・06ウォーターメロンフラッシュ
となります。



澄み水エリア+デイゲーム+ローライト
3i7bw4pjyycnbhsvam4i_480_480-27930ee1.jpg

画像左側からアピールの強い順に…
・09ハデパンチャート
・04グリパンチャート
・10カモフラッシュ
となります。



澄み水エリア+ナイトゲーム
x4vjhbw94yjx7ynsuimg_480_480-4e695146.jpg


画像左側からアピールの強い順に…
・05レッドオレンジ
・07グリパンレッチリー
・09ハデパンチャート
となります。


今回はフィールドの水色に合わせてのコーヴァイチューのカラーセレクトを解説させていただきました。


もちろんカラーセレクトに正解はないので『こっちの色のほうが実績あるよ』みたいな意見もあるかもしれませんが、コーヴァイチューの開発段階からの全国各地での実績を基にした使い分け解説となっていますので参考になれば幸いです。

コメントを見る