プロフィール

窯元

兵庫県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2021年 5月 (2)

2021年 2月 (2)

2020年12月 (1)

2020年11月 (6)

2020年10月 (4)

2020年 9月 (2)

2020年 8月 (4)

2020年 7月 (6)

2020年 6月 (7)

2020年 5月 (3)

2020年 4月 (8)

2020年 3月 (3)

2020年 2月 (2)

2020年 1月 (4)

2019年12月 (1)

2019年11月 (2)

2019年10月 (7)

2019年 9月 (2)

2019年 8月 (1)

2019年 7月 (1)

2019年 6月 (1)

2019年 5月 (7)

2019年 4月 (8)

2019年 3月 (2)

2019年 2月 (2)

2019年 1月 (5)

2018年12月 (4)

2018年11月 (4)

2018年10月 (1)

2018年 9月 (5)

2018年 8月 (5)

2018年 7月 (11)

2018年 6月 (12)

2018年 5月 (12)

2018年 4月 (5)

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (6)

2018年 1月 (7)

2017年12月 (6)

2017年11月 (5)

2017年10月 (11)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (10)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (11)

2017年 5月 (11)

2017年 4月 (4)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (5)

2016年12月 (2)

2016年11月 (5)

2016年10月 (6)

2016年 9月 (3)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (7)

2016年 6月 (11)

2016年 5月 (7)

2016年 4月 (7)

2016年 3月 (4)

2016年 2月 (4)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (5)

2015年11月 (5)

2015年10月 (4)

2015年 9月 (9)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (5)

2015年 6月 (5)

2015年 5月 (5)

2015年 4月 (1)

2015年 3月 (7)

2015年 2月 (1)

2015年 1月 (2)

2014年12月 (6)

2014年11月 (6)

2014年10月 (7)

2014年 9月 (7)

2014年 8月 (9)

2014年 7月 (6)

2014年 6月 (10)

2014年 5月 (18)

2014年 4月 (9)

2014年 3月 (16)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (10)

2013年12月 (10)

2013年11月 (13)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (9)

2013年 8月 (3)

2013年 5月 (1)

2013年 4月 (2)

2013年 3月 (5)

2013年 2月 (8)

2013年 1月 (3)

2012年12月 (7)

2012年11月 (12)

2012年10月 (13)

2012年 9月 (5)

2012年 2月 (1)

2012年 1月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:13
  • 昨日のアクセス:111
  • 総アクセス数:937981

QRコード

95アルテグラXT1000 分解整備 キンキラキンのキンその2

金色に魅せられた男、窯元です。
金色といえば、シマノのアルテグラを連想するそこの貴方。
あなたも相当好きですね、旧いアルテグラ

現在のモデルしか知らない方は、想像もつかないでしょうが、アルテグラは、94モデルから05モデルまで、ボディカラーは金色でした。
流石、派手好みの関西メーカー、シマノ。とても素敵なカラーでした。

今回は、95年モデル、アルテグラXT1000です。
ビルトインローターと名付けられた、ベールアームがローターの内側に取り付けられたモデルです。
2wwnovzxg6whgnvgicza_480_480-0eac2367.jpg
購入直後の状態です。
ジャンク品で送料込み2野口でした。
全体的に薄汚れて、何だかねっとりした感じ。
3py8v6s25bs3k6s6x2sf_480_480-d49ba946.jpg
埃もあちこちにこびり付いています。
クラッチの効きも悪いようで、クラッチをONにしてもたまに逆転します。
ただ、ハンドル回した感じは悪くないし、ボディの傷も少ないのはラッキーです。

ということで分解して洗浄、グリスアップをしてゆきます。9kz9rhpbaxu9nm8oy4bs_480_480-643ee195.jpg
ローターを外してもクラッチ周りは汚れてませんね。
93zo52b27t8xy7e7tv52_480_480-c8ec4e09.jpg
ギア回りもひどい汚れは無かったです。
ry3dcotmr377y9tismcb_480_480-a342772c.jpgマスターギア右側のブッシュは、接着されているようで外れませんでした。

ギア類を全て外して、パーツクリーナーで洗浄。
シマノのスプレー・オイルとグリスを適所に塗布して組み立てて終わりです。
マスターギアの左側のベアリングは外れなかったので、ベアリングに問題が無しという事で、ギアごと洗浄しオイルを塗布しました。

構造的には、先にアップした98モデルとさほと゛変わりません。

クラッチか゛効かない場面があったので、面倒ですが、今回もワンウェイクラッチを分解洗浄しました。
結果、こびり付いていたオイルが無くなり逆転現象は解消しました。6ueaz2y2say26ghoteth_480_480-5cb9f323.jpg
このタイプのワンウエイクラッチは、同様の物が現在も廉価機種で使われてますね。(互換性までは確認していません。)

今回の作業の一番のキモは、ボディのクリーニングでした。
薄汚れの正体は、たばこのヤニでした。
パーツクリーナーをウエスに吹き付けてひたすら磨く。
細かな部分は、綿棒や楊枝を駆使しひたすら汚れ取り。
最後にボナンザで磨いて終了。

で、この通り。
tawsv6pcbfuntc6vr9jb_480_480-493e993d.jpg
写真ではいまいち伝わってきませんが、一皮むけた感じです。
くすんでいたスプールは腐食もなくピカピカです。
傷等はありますが、年式を考えると十分に美品です。
ベアリングの追加は出来ませんでしたが、回転はスムーズなのでこれで十分だと思います。

95アルテグラ特長
オール樹脂ボディ
スプールリングはチタンコーティング(98モデルも同様)
スプールは時代を感じさせるテーパー付き
アルテグラへのワンウェイクラッチ搭載は本機から
オシュレートは、ハンドル1.7回転で一往復でした

現在に続くシマノの中堅以上のスピニングリールの基本は、既にこの時期に完成されたことが分かります。
これ以降、地道な様々なブラッシュアップを続けて、現在のシマノスピニングがあるのです。
一番廉価にシマノらしさを感じることが出来るスピニングリールがアルテグラではないでしょうか。(個人の感想です。)

コメントを見る