プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (12)

2019年 5月 (3)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (10)

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (2)

2018年11月 (1)

2018年10月 (26)

2018年 9月 (15)

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:145
  • 昨日のアクセス:400
  • 総アクセス数:14816402

分析してみた

極めたようで・・極めきっていない・・

今回チヌマウスSを始め、これまで実釣で体感的に言ってきた事の裏付けを取るデータが得られました。

つまり「静」の釣りでの注意点です。

それが・・「バイトがあって乗らない時はすぐに回収」

せっかく爆釣モードなので、あえて釣果を度外視してのデータ収集です。

下げ時合を利用し、2時間半の実釣で計68回のバイトが得られました。ちなみにどうしても我慢出来ず、50回を過ぎてからは合わせを入れちゃいましたので(笑)、50回での分析です。

まず大前提にあるのが下げ時合なので、ボトムを滑らす、もしくは転がしている最中のバイト、滑り切ってからのバイトは同じ「静」でのバイトと定義づけします。途中、bms.55Sが炸裂しましたが、これは追い食いがあってもバイトは1回としてカウントしました。

さて・・この50回のバイト中に何度「追いバイト」があったのか?

3回/50回

最初のバイトがあった後、30秒〜1分ほど(ここは感覚で)そのまま放置します。その結果得られたバイトはたった3回です。

その3回の内、ほっておいて勝手に乗ったのが2回。

つまりSリグ系優勢の釣りの場合、最初のバイトから時間を掛けても、結局は2〜3回のバイトにしか繋がらず、バイトがあったからといってそのまま続けても非効率という事を証明します。
ここからは想像ですが、最初のバイトで合わせを入れて、乗らなかった場合はすぐに回収していましたが、仮に合わせを入れてなくとも回収作業に入り、再度撃ち直した方が釣果に結びつく可能性が上がるかも?という事を示唆していると思います。

なんだ・・そんな事かと思わないで下さいね(笑)

これってまあまあ大事な事です。
こういう地道な作業をもう10年以上もやって今がある訳で、どんな釣りも黎明期はこんなもんです。

今まで言ってきた事の裏付けが出来、正直大満足です(笑)

この後、隣で釣りする仲間のヒットにうずうずして、合わせに入りましたが、もう一つ面白いことに気付きました。

それがチャターベイトの釣り。
すぐスレちゃうのは仕方ないとしても、結構楽しい(笑)

昨年ですかね?チヌ用のチャターベイトが登場したのは。

私が初めてチャターの釣りに出会ったのが、昨年の高知Fショーの時
です。とあるメーカーの方と一緒に釣りをした際、テスト中のを初めて見ました。

この日はにしやんが1キャッチのみで、あとは全てバラし・・
何かコツがあるんでしょうか?

ちなみにチャターでアイデアが浮かびました。

って事で・・どこかのメーカーさん・・作りませんか?(笑)

「使用リグ」
①ネガカリノタテ+ブリームキャッチャー
②ネガカリノタテ+ベビードラゴン
③チヌマウスS+バンザイ太郎
④チヌマウスS+ベビードラゴン
⑤チヌマウスS+バブルスペア

 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター