プロフィール

いわじー@いわした

鹿児島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:24
  • 昨日のアクセス:226
  • 総アクセス数:94626

QRコード

アングラーズパーティーin薩摩川内「大会前編」

あっ、ども。イワジーです。

鹿児島で行われたアングラーズパーティーin薩摩川内

1匹でのシーバスの全長を競う大会で時間内なら入れ替え自由のこの大会


愛知からYAMATOYOの山香巧くんが参加する事に!


そしてぼくはその案内


ちゃんと釣りもします。


1ヶ月間ポイントを回り回ってどのような試合展開を組むか。


ウェイインしなければ始まらないのでとりあえずはサイズがなかなか出ないけれど数は圧倒的に出る河川で試合をまず探す。


上げの流れが効いて河川が逆流してる時がかなり活性が上がり、下げで上流側の水が干上がってきてベイトが下流まで下ってくる

このタイミングでも数は上がる


そういったポイントを見つけ、
「まず案内するならここだな。」

そう決めたポイント

プラでは67cmのサイズで表彰台には乗らないけれど表彰式で名前が出るサイズ

2vax5jwd7egpnmmuwb9p_480_360-79a756e9.jpg


コノシロがメインベイトの河川で確実にウェイインできるタイミングを見つけたのでこのポイントはよし。


Googleマップでピンを付けてつぎの日は別場所へ


湾奥で最大クラスを狙うならここという場所

ただし、ポイントによってはサヨリが入っていて人も多く、マナー的な部分でも快適に釣りをしてもらうには....

って思う河川。

その河川の河口ではコノシロが入っており、サイズを狙うなら河口でのんびり回遊を待ちながらといこう


と思い、キャスト


以前発売された邪道「レイン」のfimoカラー、ファンシーミール


YUKARIさん考案カラーで1投目


この日の潮位は最干時7センチ

w9nda7vp45ho52ngy5gh_400_478-023a83c6.jpg
70cmぐらいの潮位から河口に入り水深がすでにスネ以下だったのでブレイクまで歩いて行き、ギリギリのところに立ってブレイク際にファンシーミール


ひったくるようなバイトで走りも止まらずレバーフリーにして大勢を立て直し、テンションが抜けて大人しくなったタイミングでフルポピングしようとしたらまさかのラインブレイク


ブレイク際での釣りはボトムに何があるのか判別つかないので走る位置によっては難しい

走らせればいいというわけでも無いのが河口のブレイク狙い。


そう、デカいのが食ってきたらやりとりをミスると取れないという意味でも1発狙いのポイント


ノットを組んで数投キャストしたら後輩から連絡が来ており、釣れますか?と

そしてその後輩は
y9emmg68eb92b4nffdcg_480_360-1f7e1262.jpg

サメ。

合流して一緒に投げてたら後輩のグランソルジャーにパコっと誤爆

闇夜のナイトゲームで波動と音はやっぱり絶大


けどグランソルジャーを大会当日使う気が無く、ウェイク系はライコ、ガボッツ150、スパンクウォーカー133、サイドプレスしか持ってきていない。


どれにしようか悩んでたら目が合ったサイドプレス

ボックスに入れているものの、出場ローテーションとしては

スパンクウォーカー、ライコの2強でポッピングも混ぜたいという時にガボッツ150


サイドプレスの音、引き波、抵抗感は他には無いルアーだけどもどういった場面で使うか決めきれておらず、ベンチに座ってもらっているだけの状態。

使ってくれと言わんばかりに目が合ったのでサイドプレスに選手交代


1投目
豚とかそんな感じの生き物が高い所から水辺に落ちたかのような水柱が立ち、3.5kg設定のドラグがギャンギャン走る


後輩も電話してた先輩も

「サメやろ」

序盤から一緒にやってた釣り仲間もサメだろうな


そう思うぐらいのバイト


「レバーフリー」

これ以上走られたら糸が無くなると思い、レバーでラインを出して大勢を立て直そうとすると走りが止まる

そして立て直す。

え、サメなら走り続けるよな....

そう思いながら寄せてきてブレイク際まで寄せてきた魚を照らす

「え、余裕のヒラランカーじゃん。」

サメと思って戦っていたのはヒラスズキ

しかも
その後輩曰く85〜90ぐらいはあるんじゃ無いか?と

腹パンで体高もあり、めちゃくちゃいい魚体

けれど立っている場所は水深数センチでくるぶし程度

ネットでランディングするには1、2歩前に出なければならないが、そこはもう足場がない

そう、ブレイク際だから

ちょっと足を出せば崩れて落ちる

身の危険があるのでズリあげよう

と引っ張った瞬間

PEがブレイクの角に入っていく感覚と同時にラインブレイク


悔しさ、魚への申し訳なさ、判断ミス、色々一気に頭にきて崩れ落ちました....

けれどプラスに考えたらアングラーズパーティー当日はサイズ狙いにここに来ようと思える魚だったのでくる事は確定


これで入ろうとしているポイントは決まり、後は大会を迎えるだけ。


次の日、仕事を終えて今日は準備だなーと思いながらフック交換やラインメンテ

色々してたら雨

雨が降って濁るなら状況はいい方向へ転ぶ河川があるのでそこへ行くだけ

って事で天気予報開いたら

kc5xdco95t5xtmkycxtd_371_480-18196709.jpg

え、湾奥爆風...
そして
ig5owja5x5bz88uaue5m_338_480-7ceb226e.jpg

天気予報によっては10m超えの爆風

おかげさまで

gmsiufhnxiuo8ua7ap2i_222_480-67ee884a.jpg


川内は警報が出ちゃってます♡

次回、
山香くんは鹿児島に来る事ができるのか?
大会は開催!?中止!?

大会期間中の出来事についてログ書きます。

乞うご期待!!


SNSのフォローも是非お願いします!
↓↓↓↓



コメントを見る