アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:118
  • 昨日のアクセス:677
  • 総アクセス数:16250576

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

釣れん!

言い訳でもなんでもなくて、今は釣れないけど、釣りたいつりをしているのである。

出ればでかいのかもしれない。

いないかもしれないけど、いるかもしれない。

もうこの釣りを24年もやってるので、魚を釣るだけだったら、この時期どこに行って何をすればいいのかはわかるのである。

しかし、それはそこにもうエクスタシーはないわけで。





ということで、今のテーマは湾奥の90up、メーターオーバーである。

東京湾のスズキの多くは、今は南下して湾央にいる。

しかし、東京湾にはもう一種類別のスズキがいると考えている。(あくまで個人的な考えであり、証明されるようなものはない)



それは茨城と千葉の県境、銚子の海に生まれたスズキたちだ。

彼らの一部は、夏、利根川を上る。

一昨年の釣りビジョン『SEABASS JOURNEY』でお見せしたように、150kmは優に上がるのである。

しかし、夏を終えての銚子への帰り道。

利根川は大きな分岐を迎える。

左に行けば、利根川。右に行けば、江戸川。

水の成分は一緒である。

となると、右に行ってしまうやつもいるのである。

すると、彼らは旧江戸河口に降りてくる。

そこで気付くのだ。



スズキ  「やべー!一文字堤防が無い!」

明らかに体高が違う川スズキが晩秋に旧江戸川に出現する。

そして彼らはそこで冬を越す。

さすがに東京湾を出て館山を回って銚子に行けるとは思わないのだろう。

ほとんどの魚が落ちる東京湾奥で、唯一魚が落ちない(しかも太くてでかい)





今から13年前の1997年頃、僕がその説を思いつき、開拓を進めていた頃。



同じように、一人のアングラーがその魚を釣っていた。

東銀座ミノークラブLKJの服部氏である。

(探したら今もサイトが更新中。TSNと同じくらい長いサイト。感服です。)



彼がその説を知っているかどうかは知らないけど、当時の彼はその天才的センスで、魚がいないと言われる真冬の湾奥で極太の90オーバーを出し続けた。

僕のポイントは少し違うけど、同じ魚を僕も出していた。




その魚を追うのが僕がずっと追いかけているテーマの一つなのだ。

魚が少ないのは分かっている。

だからこそ、一点に絞り込んで待つ。



一昨日の場所と少し変えて、今日は川の中の方へ。

下げの佳境に合わせて激しいヨレにルアーを撃ち込み続けた。

2時間投げ続けて1バイトもなし。

釣れるか釣れないかわからないから、釣りは楽しい。









お知らせ



さて、アピアのフィッシングショー特設サイトがOPENしたようです。


僕もセミナーガシガシやっているので、ぜひ遊びに来てください。

セミナー日程はこちらから。




それから、先週に放映された釣りビジョンのギアステ。

さっそく動画があがってきました。

釣りビジョン入ってない人もここで見られるじゃん。

ということで、ぜひご視聴ください。

釣りビジョンギアステ動画〜アピア〜








武勇伝

やることいっぱいでも、釣りには行く。ポコペン。











コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!