プロフィール

Wassy

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:35
  • 昨日のアクセス:56
  • 総アクセス数:406341

QRコード

検索

:

鯰人的シーバスフィッシング4

鯰釣りでは定番になりつつあるケミホタルチューン

これは明かりで魚を寄せるためではなくアングラーからの視認性をたかめるものです。

暗闇でブッシュなどにルアーを撃ち込むにはルアーがどこにあるのか

わからなければできません

それを可能にし昼間と同じようなキャストができるのがケミホタルチューンなのです。

正確なキャストができればそれだけ釣果もUPします。


オープンエリアの釣りが多いシーバス釣りに関係ないようですが

こんな経験はないでしょうか?

自分が予想しているトレースラインを大幅にはずし予想してない場所から

ルアーがかえってくること。

シーバス釣りは何年もやってますがたまーに私はやっちゃいます。(笑)

みえないのでなんともいえませんが思い通りにトレースしているのは

7割程度かもしれません

それがケミホタルチューンによって10割になったら釣果UPになるでしょう。

トップ限定ですがこのチューンをシーバスでやってみたいと思ったのでした。


んでもって早速取り付けてみました

マグナムザラスクープに(笑)




早速投げてみます。






ビューーーーーーン!



ボチャン!



約40メートル先でもどこにルアーがあるのかわかります。

ドッグウォークしてるのもわかるしトレースラインもハッキリわかります♪

予想通り昼と変わらない正確さです。



でもね・・・・・







糞重いタックルで毎回ドッグウォークさせるの








めんどくせーーーーー(笑)





オートマチックで動くルアーにしないとモチベーションが続きません。

リップつけて水面直下を引けるルアーにしましょう。

昔、光るルアーがありましたが釣果につながらないところをみると

魚にプレッシャーをあたえてるのかもしれませんので光がもれない加工も 必要でしょうね。


早速作ってみました。

後から手を加えることもあるかもしれないのでアルミで作りました。



ケミホタルカバーとリップです。

取り付けるとこんな感じです。





大きさはやっぱりマグナムです(笑)





早いこと投げてみたいですね~~♪♪

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

今日の釣行。
18 時間前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
1 日前
RIKUさん

鹿島灘サーフヒラメの印象
1 日前
ケンスケさん

まだ柔らかい北西の風
2 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
2 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
3 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
3 日前
ひびき さん

sasukefest2020 107㎝ 裂空
9 日前
こいのぼりさん

一覧へ