プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/7 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:10
  • 昨日のアクセス:50
  • 総アクセス数:514377

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

旅に必要なもの。

  • カテゴリー:釣行記
探検しに、こっち来る?
そんな言葉から、始まったような気がした、今回の旅。
出発の日、今回の旅でお世話になる「K氏」に連絡をしたが、どうやら雨が集中的に降ったようだ。
到着には、約5時間。
勝負は暗いうちと分かっているだけに、心は焦る。
到着し、挨拶もそこそこに狙いのポイントへ入る。
とても時合い待ちとは…

続きを読む

昼間美背景低磯上逆風下波かぶり単独鱸ルアー雄叫び釣り

  • カテゴリー:釣行記
この言葉を聞いたことがあるだろうか。
「シーバシング・ハイ」
である。
※この言葉の意味は、二宮氏のブログを読んで理解していただきたい。
私はこれを求めて、磯に立つ。
この日、夕方には実家に行かなくてはならない事情があり、夜中にいそいそと家を出た。
夜明けには到底間に合わないが、釣りをする時間を少しでも稼…

続きを読む

春磯

  • カテゴリー:釣行記
ひたすらにまた会いたくて、探し続けた。
居る居ないは、自分が決める事ではなく、相手が返事をするから分かること。
花が咲き乱れ、良い香りがする。
時に返事を返す者が現れるが違っていたり。
平日の朝、何時もと違う事をしてみたり。
流石に疲れた。
そんなある夜、「波の音」が聞こえた気がしたんだ。
タックルに不安…

続きを読む

一念通天

  • カテゴリー:釣行記
ある彼女に会いたくて会いたくて、ひたすら探し続けた。
昨年から゛ここで会いたい゛そう思い、ひたすら通い続けた。
しかし、会うことはできず。
シーズンを終えることになってしまった。
今年も想い変わらず、出会いを求めて走っていた。
人からは、無謀、そんなとこには居ない。
そんな言葉を掛けられたりもした。
ふと…

続きを読む

極上飯

  • カテゴリー:釣行記
とある日、いつも行っている溪の更に上が気になった。
まだ、熊の危険は少ないだろうとリュックサックを背負い溪を登った。
山を歩き、川を登り2時間。
ここからかと、スタートしてみる。
雪解けが本格化し、水量が多い。
初の出会いはイワナ。
綺麗なオレンジの腹。
下のイワナとは違い、スレていない。
本来のイワナを久…

続きを読む

Lake chuzenji2

  • カテゴリー:釣行記
翌日に備えて、早めの就寝…
の予定だったが、今回、ゆーちょん先生の釣友、イナダ氏の親友、アライ氏が始める予定のゲストハウスに泊めて頂く事となった。
なんと素晴らしい完成度。
手作りの置物や、様々な家具のチョイスまで、素晴らしかった。
是非、完成しオープンしたらまた行きたいと思う。
アライさんありがとうご…

続きを読む

Lake chuzenji 1

  • カテゴリー:釣行記
それはある日の事。
ふと、過去のプログを読み返していたとき、どうしてもそこへ行きたくなった。
そう。
そこは…
「Lake chuzenji」
中禅寺湖である。
異国情緒ある独特な雰囲気と、他には居ない魚に魅せられた。
また、あの感動を。
そう思うと、いてもたっても居られなくなり、あの方へ連絡した。
そう。
ショータジェ…

続きを読む

ワシ掴む喜び

  • カテゴリー:釣行記
その日、どこまで登っても魚からの反応がイマイチ。
それはそうだった。
何せ先行者の真新しい足跡があるなかを進んでいたからである。
仲間と共に、1時間登った先に…
そう思いながら歩んだのだが、まだまだある足跡。
そんな中、やっと掛かったイワナ。
そこから少しずつペースが上がっていった。
イワナ狙いではないの…

続きを読む

ヤマメの山

  • カテゴリー:釣行記
この日、私は一人で山を登った。
誰もいない林道。
鳥の囀りも聞こえない寂しげな道をひたすら歩く。
去年は、雪で行けなかった道が行ける。
雪が少ない証拠である。
所々、落石がある。
春、落石は多いが、これには驚いた。
通りすぎた後、こんな大きな岩が崩れたのだから。
上に注意しつつ、川に降りる。
ポツポツと反応…

続きを読む

ヤマメ。

  • カテゴリー:釣行記
ヤマメ。
この魚は、なせ特別な者と思ってしまうのだろうか。
イワナの尺上を釣った嬉しさよりも、同じサイズであれば、嬉しさは倍になる。
そんなうれしいヤマメが開始早々釣れてくれた。
イワナばかりと思っていたエリアでまさかのヤマメ。
流石にこの先は…
と登った滝。
そこでまさかの9寸大のヤマメ。
桜色の側線が綺…

続きを読む