プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/8 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1084
  • 昨日のアクセス:97
  • 総アクセス数:521302

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

Lake chuzenji 1

  • カテゴリー:釣行記
それはある日の事。


ふと、過去のプログを読み返していたとき、どうしてもそこへ行きたくなった。


そう。


そこは…




「Lake chuzenji」

中禅寺湖である。


異国情緒ある独特な雰囲気と、他には居ない魚に魅せられた。


また、あの感動を。


そう思うと、いてもたっても居られなくなり、あの方へ連絡した。




そう。

ショータジェンキンス氏。


今年は、解禁から数が出ているが平均サイズは小さいと話していたが、そんなことは関係無い。


あの場所で、あの景色の中、コーヒーを飲み、釣りをする。

それだけで良かったのだ。




今回は、初めてお会いする「ゆーちょんさん」と某TBの「カリスマ店員さん」と4人で釣りをすることとなった。





急深な地形のここは、スプーン着底まで60秒。

その間に魚にどう魅せるか考える。


こんな攻めの釣りは中々無い。

何故なら、体を使うのではなく、頭を使うからである。




そんな考えとは裏腹に、目の前を通ったブラウンがいきなり食った。

食ったから、「食ったよ!」と言ったが、これが某釣り番組の某アングラーに似ていたよう。




今となっては、某釣り番組のバスアングラーの様に、「バレンナ!」を連呼した方が面白かったのではと思うが、そんなバイタリティーは私にはない。


そんな事よりも、ブラウンの美しさと精悍な顔に、言葉を失っていた。

水の冷たさは身に沁みたが、一睡もしていない私には丁度良かった。










コーヒーを飲み山を歩き、魚を探す。

「東北でも、十分自然はあるでしょ」

と知らない人は言う。

けれど、ここにしかない景色と言うものが存在している。




ごろ寝をして、空、山、湖を感じてみる。

とても気持ちが良く、日常で荒んだ心を潤してくれる。

ゆっくりとした時間が私には足りなかったのかもしれない。


翌日へ続く。






Android携帯からの投稿

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

新しい道具の感触とバーブレス…
17 時間前
平田孝仁さん

夏にリリースするならば
1 日前
ケンスケさん

ルアーの汎用性とジグザグベイト
3 日前
登石 直路(nao)さん

感覚へと
3 日前
有頂天@さん

市内クリーク 穴(笑)
3 日前
西村さん

厄介なものを味方に
3 日前
渡邉 雄太さん

マゴチだらけでした。
4 日前
BlueTrainさん

アカメ遠征される方へ
5 日前
ひびき さん

夏干潟ナイト
5 日前
タケさん

一覧へ