プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2022/8 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:70
  • 昨日のアクセス:70
  • 総アクセス数:586243

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

私なりのビッグベイトタックル。

  • ジャンル:ニュース
8月ももう少しで終わろうとしています。



9月ともなると、「落ち鮎」というフレーズが頭を過るようになります。
ビッグベイトで、釣りやすくなる時期ということもあり、一番ビッグベイトの導入を検討する方が増えると思われます。

そこで、私が使用しているタックルをご紹介したいと思います。


ビッグベイトって?



何処からをビッグベイト呼ぶルアーとなるのかは、様々ありますが、代表的な物は「ガンクラフト ジョインテッドクロー」や、「エバーグリーン ストリームデーモン」等のシリーズが知られていると思います。

重さにして28g~上のルアーが多いと思われます。
ジョインテッドクロー178では、50g弱となり、重いルアーと言うことが分かります。

ベイトタックルとスピニングタックルどちらが良いか?



どちらも良い点、悪い点があります。

スピニングタックルでは、やはり、ベイトタックルに比べ、細糸で扱う事が容易で、飛距離もベイトに比べると出ます。
しかし、ビッグベイトに合わせたロッドでは、選択肢が少なく、場合によっては、ルアーウエイトオーバーでキャストするリスクを負うことがあります。
ロッドパワーの無い場合、ルアーの抵抗も大きい為に、フッキングが甘くなったりする場合もあります。



ベイトタックルですが、専用タックルが多く存在し、レングスや調子が多く選べます。
ロッドも強い為に、フッキング等の問題もなく、キャストも躊躇なく出来ます。
キャストもライナーで投げられることから、アキュラシーも向上します。
しかし、飛距離がやはり伸びない事と、バックラッシュという危険を秘めています。

普通のルアーから、ビッグベイトまでを投げたく、ビッグベイトもそこまで重く大きいのは投げないと言う方には、スピニングをお勧めしたいと思います。
ビッグベイトで1日通し、100gを越える物まで投げるという方は、ベイトタックルをお勧めしたいと思います。

ビッグベイトでのライン選び。



ビッグベイトでは、スピニングでは、私はPEオンリーです。
太さは2号をメインとして使っています。


ベイトタックルでは、フロロカーボンからPEへと変更してきました。
フロロでは、16lb以上を使用し、PEととなった今では、4号を使用しています。

何故フロロからPEとなり、4号を使っているのか。
それは、万が一の根掛かりや、ブッシュ等へ突き刺さった場合でも、回収の確率が上がる事と、バックラッシュによる高切れのリスクを回避する為です。




ビッグベイトルアーは非常に高価です!
絶体に無くしたく有りませんので、太糸でも普通に使えるベイトタックルを私は使用しますし、PE4号を使用してロストを避ける選択をしています。


ロストを避け、ビッグベイトでBIGフィッシュ、今年から狙ってみては如何でしょうか?









コメントを見る