プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/10 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:30
  • 昨日のアクセス:74
  • 総アクセス数:536495

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

リーダーの使い分け

  • カテゴリー:ニュース
シーバスフィッシングにおいて、PEラインは、最早スタンダードとなっています。
私が始めたときは…なんて昔話はさておき、PEラインには、ショックリーダーが不可欠です。

そんなショックリーダーの私なりのつかいわけをご紹介したいと思います。


【ショックリーダーとは?】






ショックリーダーとは、メインラインのPEラインと結び、メインラインと、ルアーの間に噛ませるモノフィラメントライン(単一構造ライン)となります。

「ショック」の名の通り、急激なショックに弱い、PEラインのショック吸収と、線径自体が細いPEラインを擦れなどから保護する役目を担っています。


【ショックリーダーの種類】

ショックリーダーには、大体「ナイロンライン」と「フロロカーボン」ラインが存在します。

また、コーティングされいていたり、硬さが違うナイロンライン等が有りますが、大きく分けるとこの二つとなります。


【場所による使い分け】

さて、リーダーの使い分けですが、先ずは「場所」です。



基本、フロロカーボンは、「根擦れに強い」物が多いです。

しかし、ナイロンも負けじと、コーティングや製法で、根擦れに強目になっている物もあります。

一概に根が荒いから、フロロカーボンと言う選択では無くなってきています。

【ルアーによる使い分け】
ルアーの特性に関わる部分として、フロロカーボンラインの特徴は、硬く、重いと言う性質があります。



ですので、シンキングペンシルや、ダイバー系ミノー、バイブレーション等の水中系のルアーに相性がいいと思っています。

根に近い、レンジが深く入るルアーは、根擦れの可能性が高いということもありますし、ディープレンジのキープ力が上がります。

また、伸びが少ない事から、細かい変化を取りやすく、バイトや、ボトム変化を取りやすくなります。



ナイロンラインは、比較的柔らかく、比重も軽いため、トップウォーターや、フローティングミノー等のシャロー系ミノーに相性が良いと感じています。

トップウォーターは、水面にラインが浮いているため、操作にタイムラグが少なく、動きが出しやすいのです。
また、伸びがあるため、ノリが良くなる気がしています。

ミノーに関しては、どちらでも良いのですが、私の場合、動かす場面も多いため、伸びがあるナイロンラインを使用し、こちらもノリを少しでも良くしようといった考えです。

【活性による使い分け】



魚にはどうしてもスレや、低活性と言った、場面があります。

そこを打破するため、リーダーを細くする事が一つ。

そして、もう一つ。
素材も変えると言った手を打つ事ができます。

リーダーによって見切られている場合は、フロロカーボンを使用します。

デイゲームでのトップウォーターゲームで、ノリ切らない。
誤爆が多い時、フロロカーボンラインに変えると、乗ることがあります。

それは、「屈折率」です。
屈折率が水に近いため、ラインを見切られ難くなります。

デイゲームでの見切られを感じるようなら、変えてみるのも1つの手となります。


ナイトゲームで、ノルのにすぐ外れる。
ノリが悪い。

そんなときは、ナイロンラインに変えます。
バイトが出ても、皮一枚と言う事が多い時、ナイロンラインの伸びを利用し、繋ぎ止め、ファイト中に他のフックで絡め、バラシを減らすことが出来ます。

また、伸び、比重、柔らかさのお陰から、必ずラインに膨らみが出ている為、バイト時の抵抗がフロロカーボンに比べ、少ないことがバイトを深く出す事に繋がります。



【それぞれの注意点】 
先ずは、ナイロンラインですが、ナイロンラインは吸水性が高く、吸水したナイロンラインは、強度が極端に落ちます。

ですので、シーズン中持ち歩いたリーダーは、なるべく早く使いきり、年を跨がないようにした方が良いと感じています。


フロロカーボンラインも当然、早めに使った方が良いと思いますが、それよりも注意すべき点は、「傷」だと思っています。
フロロカーボンラインは、繊維の関係上、傷がつくと破断しやすいと言う事が有ると感じています。

傷は付きにくいが、付くともろい点が有りますので、傷には注意しましょう。






以上の事を、リーダーラインを選ぶ上で参考にしていただけたら、あともう少し、出会える魚が増えるかも知れません。

使い分けたことが無いと言う方は、1度使い分けてみてはいかがでしょうか?


 


コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

視えるからこそ見得るもの
3 時間前
rattleheadさん

10月27日釣行。
15 時間前
BlueTrainさん

はじめてのボートシーバス
1 日前
ワカメマニアさん

気になるアイツ!〝SLX DC〟を…
3 日前
ねこヒゲさん

アカメ遠征 後編
3 日前
登石 直路(nao)さん

人の初物に立ち会える幸せ
4 日前
ひびき さん

【理想的なシンペンに出会えた…
4 日前
ケンスケさん

一覧へ