プロフィール

STUDIO COMPOSITE

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/6 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:143
  • 総アクセス数:415749

QRコード

私が使うビックベイトタックル紹介vol 2

こんにちは。
矢野ザビエルです。

前回は60gクラスまでのタックルを紹介しましたが、今回は60g〜120gクラスまでのタックルを紹介していきますね。

一般的なルアーで60g〜120gクラスのビックベイトと言うと、ジョイクロ178で56gくらいで、ジョイクロマグナムが112g、メガドックが125gクラスなので、このクラスのルアーだと思って下さい。

この辺りのルアーを使うには、このFTB(FOR THEBEAST)7808(製品版は、FTB808です。)xjigeried72o6j2c2his_361_480-bb9ef45d.jpg
y9udm284b9urjxch4isn_361_480-90ddaa76.jpg
一般的にはこの辺りまでが良く使われるロッドかと思います。

私、個人では、この上のサイズまで使用しますが、その上のサイズは、また次回にでも紹介していきます。

さて、このクラスに合わせるリールですと、私はREVO BEASTにメインラインでPE6号、リーダー50lbのセッティングで使用してます。

このクラスのロッドになると、メインラインが太くなるので使えるリールも限られて来ます。
他で言うと、グラップラー300、コンクエスト300、トランクス300、レグザ辺りが良いかなと思います。

ハンドルですが、以前はRC-SC EX102mmと長めを使っていましたが、最近ではRC-SC EX92mmの短めを使う事が多いです。

何故、短めのハンドルを使うのか?

ビックベイトをアクションさせる時に、ロッド操作ではなく、ハンドルをクルッと巻いてアクションをさせるのに、長めのハンドルだとリーディングストロークが大きくなってしまうので、短めのハンドルを好んで使ってます。短いハンドルだと巻き重りしないのかと思うかもしれませんが、RC-SC EXシリーズのハンドルノブの長さは55mmあるのでノブを握る面積が広くなり、巻き重りをカバーしてくれます。

次回以降は200gクラスを投げれる超ヘビークラスの紹介とPEラインとリーダーの結束やルアーとの結束の紹介をしていきます。

では、また(^^)/

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

ぼくの愛刀スタウトハート
5 分以内
ひびき さん

体幹
7 時間前
有頂天@さん

ヒラメ1ソゲ2でした。
1 日前
BlueTrainさん

湘南河川でオススメポジドラル…
2 日前
登石 直路(nao)さん

ベイト初心者によるベイト初心…
3 日前
ねこヒゲさん

ブルーアンタレス -BLUE ANTAR…
5 日前
柳竿 シンゴさん

お気に入りのロッド!
6 日前
渡邉 雄太さん

一覧へ