プロフィール

ISHIKAWA

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:33
  • 昨日のアクセス:165
  • 総アクセス数:1019471

QRコード

ATOLL

WITH

釣り助・オンラインショップ

山本釣船店

冷音(海外生産版)


近日発売予定の冷音(海外生産版)をご紹介したいと思います。


冷音(海外生産版):



今までの国内生産版と比較してみると、


上:国内生産版、下:海外生産版



まず見た目の第一印象は、ウェイト部分のメッキの質感が違うという点。


個人的にはどちらも好きですが、下は艶艶のメッキ仕様となりフラッシングが増しております。





もう一つ注目すべきは、フロントフックのアイで、


スプリットリングが通しやすい形状に改良されてます。


今までの国内生産版はスプリットリングを通す時、真横(ボディの面に対して垂直の角度)から遠そうとすると、思いのほかアイが太く、スプリットリングが開いてしまうことがあったため、斜めに角度を付けて入れてみたり苦戦しましたが、海外生産版は真横からの装着も容易に出来るようになりました。


これは大変有り難いことですね。


あと、海外生産版はコーティングが若干”厚め”になった気がします。


もしそうであれば塗装が強くなったということで◎ですね。


この海外生産版を何度か投げてみましたが、使用感は今までと変わらず、従来の”冷音”をそのまま継承しております。


思えば、昨年の”イナワラ”フィーバーでもこの冷音は活躍してくれました。





シーバスデイゲーム然り。





海外生産版24gは近日発売(3月)の予定です。


更に5月に14gのミニ『冷音』が出ますが、セイゴ向けって訳ではないと思いますw


シャローに対応出来るということと、或いはディープでも渋い時は14gを入れてみるのも面白いんじゃないかな。


これからのハイシーズンに向けて、シーバスデイゲームが益々楽しくなりそうでやばいですw



コメントを見る

ISHIKAWAさんのあわせて読みたい関連釣りログ

登録ライター

用語説明ページへ

イガイルアーを作る
2 時間前
rattleheadさん

フローティングミノーを基準に…
4 時間前
有頂天@さん

ミノーのカラー考案してみた …
15 時間前
ワカメマニアさん

大会は自分の釣りをリセットす…
2 日前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
3 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
3 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
4 日前
RIKUさん

まだ柔らかい北西の風
5 日前
平田孝仁さん

勝負の11月大潮でランカーシー…
5 日前
登石 直路(nao)さん

一覧へ