プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (12)

2019年 5月 (3)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (10)

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (2)

2018年11月 (1)

2018年10月 (26)

2018年 9月 (15)

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:168
  • 昨日のアクセス:117
  • 総アクセス数:14818174

TWIN HOOK

使用するUK BB160Fに関しては基本的にがまかつのTWIN HOOKシリーズを愛用しています。

通常のトリプルフックと比べて格段にヒット率が上がっている気がするからです。

バラしも減っている気はします。

yp8ootgv6nc9jxtbtg35_480_480-0edb00da.jpg
ちなみにこのフックはSPMH3/0ですが・・・

s5htt98prkp94zitngsu_480_480-7f9f0ee3.jpg
数本キャッチしたとこで・・しかしこうなった大半の理由はフックを外す時に刺さり具合?によってプライヤーで掴む場所がこのチューブ付近になった時に破損が起こっているんじゃないかな?
勿論素材自体の耐久性もあるので、まだキャッチしてない他のも確認すると表面がザラついたりしています。

c9seud8tfdzwiyuob7nr_480_480-dd296c5b.jpg
これはコイツからフックを外す際にこうなっちゃいました(笑)エラ下の硬い部分刺さったんですが、二本とも深く入ってしまい、更に針を掴む場所がゴムのところだったのでスルスル動いてとにかく外しにくい。そうなるとSOMのフックリムーバーが大活躍しそうですね。

そう言えばUK BBはシンキングタイプを作る予定で、内部構造にウェイトルームを他に作ってたんですが、意思疎通のミスでまさかのフローティングのままになってしまったので、相変わらずウェイトを貼るチューンをしています

ns8ki29zh9icw79euep6_480_480-5eb87c82.jpg
これはガンクラフトので一枚4gです(笑)これを二枚貼るとシンキングになりますが、短い距離を動かしたいなら前だけ貼るのもありですね。前傾姿勢になるので早くレンジを入れられます

hno83achyxe825ozf7s9_480_480-3cbe6fac.jpg

フックの考察はまだまだ続きますが、シーバスくらいならナノスムースコートタイプのビッグベイトスペシャルがオススメです!

昨年は失くしたら最後のプロトでしたが、今年は発売後なので思う存分にストラクチャー周りを攻めていけてるので釣果は倍増中!


i8bpnvy3ne9mfwsbiw94_480_480-ab25cde5.jpg

 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ