プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

検索

:

アーカイブ

2019年 8月 (8)

2019年 7月 (9)

2019年 6月 (12)

2019年 5月 (3)

2019年 4月 (12)

2019年 3月 (10)

2019年 2月 (1)

2019年 1月 (4)

2018年12月 (2)

2018年11月 (1)

2018年10月 (26)

2018年 9月 (15)

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:95
  • 昨日のアクセス:129
  • 総アクセス数:14815083

浅き経験

  • ジャンル:日記/一般
最早関東や関西という「都会」の時代じゃない。そう言われて久しい。なのに釣り番組は巨大経済圏が中心だ。つまらん・・・。「地方」の事は「地方」に任せればいい。わざわざ都会から「地方」へタレントが来なくても、遥かにレベルの高いアングラーはわんさか居るんだから。これからは「地方」の時代だと思う。メディアだって視聴者だって気付いてる。後は決断出来るかでしょ?幾つかのメーカーはもう動いている。生き残るのはそんなメーカーだろう・・。人口がどうだ・・販売効率がどうだ・・そんな時代じゃねーよ。

今をときめく「チヌアングラー」・・「ポッパーゲームの創始者」・・。
なんでもチヌがポッパーで釣れる事を最初に発見したらしい。しかもそれはチヌの生態では有り得ない話らしい・・。チヌはボトムのエサしか食わないと今までは「思われていた」らしい・・。
なんじゃそりゃ?

最近ホームの汽水湖以外で釣り場を探しているらしい・・今頃?もう何年もやってんじゃないの?「ちょっと行っただけで凄い釣れるポイントがどんどん見つかっている!」
なんじゃそりゃ?

チヌの生態についても、なんでトップで釣れるのかもあんまり解ってないらしい。正直ガックシだ。ルアーのコンセプトを聞いた段階で「う~ん・・もしかして?」とは思っていたが、これ程とは・・。大半が「そりゃ違うだろ・・」で終始した(笑)
広島のアングラーはチヌに関してレベル高い。なんせ20年連続で「漁獲量」「放流量」日本一だから。チヌに関するメソッドや知識は半端じゃない。恐らく疑問や謎はすぐに教えてもらえるだろう。Mリグだって俺達より上手いヤツらがどんどん出てきているし(笑)こうなると予想して準備に1年掛けた・・・それでも凄いスピードで追いついてくる。

ちなみにチヌは魚食性が高まる時期が年に2度程来るみたいだ。そしてシーズン毎に着き場も違ってくると言う事。それはエサ師を見てれば解る。エサではシーズン毎に色んな釣り方がある。それは釣り場毎にしっかりとパターン化されている。そのパターン化されたものにルアーという新たなカテゴリーを当てはめているに過ぎない。だから私達も全く新しいモノを生み出している訳では無く、あくまで効率の良い「釣り」をしているだけだ。だからルアーもメソッドも時期毎、ポイント毎に様々。Mリグだって釣り方の一つに過ぎない。

なのに・・どこもかしこも「ポッパー」どのメーカーも「ポッパー」(笑)上っ面でしか見てない証拠だ。「あっ!あれ売れてるから作ろう!よくわかんないけど」

聞いてる範囲、1社だけはペンシルも同時進行らしい。素晴らしい!こうであるべきだ。こういうメーカーは成功する。

ポッパーで良い釣期、実はかなり短い。

今時期は「ペンシル」もしくは「ペンシルポッパー」が選択の一番手である。
そこに気付くかどうかは情報に惑わされない経験の「質」と「量」の差だ。

コメントを見る