プロフィール

あい

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

ジャンル

QRコード

代替テキストを記述


Agriculture fishermen
野人スーさんの田舎暮らしブログ 代替テキストを記述


SRV 釣行記 代替テキストを記述


ナイチャーの石垣島釣り日記(Fimo編) 代替テキストを記述

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2
  • 昨日のアクセス:86
  • 総アクセス数:262955

鯛ラバ初挑戦

2014.10.12

台風19号が間近に迫る中、
香川県は某所まで鯛ラバして行ってきた。
車で数時間ちょっと。

意外と近い!というより、四国に行くことすら、
私は生まれて初めてなのであったので、驚きと興奮〜!

いつもは瀬戸内海に向かって、南東方面からのところ、
今回は逆、北西方面から挑む。

なんとか船を出せたとしても、大型低気圧が迫る海。
果たして、吉と出るか、凶とでるか。
どちらにせよ、ひさしぶりのオフショアなので、
クルージング用のヨットパーカー〜♪

4vf5dh37dtfu74xn2b25_480_480-17007b96.jpg



到着。
d27b8dxbop5umnwm3vd5-9bd2c52d.jpg
 
真っ暗すぎて、なんにもわかんない。a.m.5:00


そして、いざ乗船。
(写真省略)。


一つテンヤは何度か経験あるし、今のところボーズなし。
果たして、鯛ラバは!?

自称晴れ女であるが、やや曇り。
鯛ラバは、ピーカンの方が良いらしい。
なんだかハゼクラを思い出した。
あれは、暗いとこより、日が当たるとこの方が釣れた。
つまり、魚に見せる釣り。
濁りのなかで、見切られないようにするのとは真逆ね。

となると、使う鯛ラバの選択にも気合いが入る。

ここから選択。
syh5bousv6k8ypoom3xk-96631a68.jpg
最近の釣果から船長よりアドバイスなどウケつつ、
選んだのは、


オレキン!!
vamzmfuiensx5cedvff6_480_480-81a77a39.jpg


いざ、出航〜。
jpmxojcc6ucjyr7zfshf_480_480-eaf79cf8.jpg



第一ポイントにて、

いきなり、グイっときた〜!けど、
なんか鯛じゃない感じ。

あげてみると、フグであった。

が、何やら船長、リリースしないでキープに生け簀へ持って行かれた。
私が釣ったのはショウサイフグという、誠に美味なフグであるらしい。

続けてヒット!

またしてもフグ。
今度はサバフグ。
これは、あれよあれよと言う間に、リリースされてしまった。

フグに関する知識はあんまりないからわからない。
続いてハマチ!

a88vjvn7r8a8fmsac6oj_480_480-b0deddd7.jpg


さらに、他の皆様もチヌ、デカカマス、などなど。

あの〜、

鯛ラバちゃうやん!


もはや何ラバなのかわからなくなってきた戦場のめりーくりすます。
でも、いいのだ。
鯛ラバの威力は鯛以外にも発揮できることを知ることができたし。
(ゲスト大好き)

しかし、当然のことながら戦場、否、船上はちーんとしている。
そりゃそうだ。真鯛釣りにきたのに、一尾も上がってない。

と思ったら、また来た〜!

船長他が見に来て、フグやろ。などと言いやがる。

どうやら、私は鯛ラバ師ではなくフグラバ師認定されているもよう。
でもね、残念。私にはわかる!
これ、小さそうだけど真鯛よ。
フグと全然違う。
と、ドヤ顔であげた。

そしてついに、


真鯛きたー!!

チャリコやったけど...
でも、初めての鯛ラバで釣った鯛やから写メろうと思ったら、
船長、あっけなくリリース。



h2v6hr9j2icyiefpmjmx_920_612-04c52df0.jpg


…わかりますよ。
水産資源は守りましょう。
写メなんて撮ってたら弱るしな。

船の上では空気を読むのも大事なのである(涙)

もんもんとしたまま、




はい、終了〜!!!

普段なら、ここの船長は色んな有名人、テスターなどを乗せ、
釣れるまで、延々とまわしてくれる名船長で有名らしいのだが、
流石の悪釣果に見切りをつけたのか、あっさりp.m2:00にて切り上げ。


帰路、ついに晴れ女発揮!の秋晴れ。
瀬戸内海のど真ん中は沢山の小島があって、
地中海のように(行ったことないけど)美しかった。
wv2cr64jru8ywvrxuvow_480_480-81514be5.jpg

今回乗船していたのは某有名釣りメーカーの名人、
鯛ラバ名人。
他数名。

しかし、約一名の方だけがバクチョーしていた。
これには、一同首をかしげるしかなかった。



なんでや〜!?
7zbhuiyrcj4cfobhatxf_480_480-05a9141e.jpg


ミラクル、ミラクル〜♪

こういうのは、まあ、悔しいといえ、
釣りの面白さのひとつかもね。


本日は連休最終日、台風直撃中。

一日寝かしたハマチを堪能しながら、昼酒のんで
の〜んびり。

ハマチのカルパッチョ。
myo8d4kax6bnkvnfdtu2_480_480-90a18b6b.jpg

 
 




鯛ラバは一見簡単そうに見えて、実は奥が深いことがわかった。
リベンジ、行ってきますよ、もちろん。

余談だけど、他の船でエイと1時間?
格闘していた船があった。
針を切れば終わりだろう。何故そこまでする?
と思っていたら、どうやらエイより、
ルアーの回収に命がかかってみたい。
なぜなら、それはテスト中のルアーであったためらしい。
船具メーカーの命をかけた(?)開発の光景をかいま見れたのも
ちょっとした収穫であった。


あと、偶然なんだけど、
初めての一つテンヤは千葉。
初めての鯛ラバは瀬戸内海ってさ、
発祥の地からスタートしてるわ。
ちょっといいんじゃない?


今回乗った船の名前は…
あえて言いません。
二度と乗らん!


とりあえずビール♪


3cg8dyx79a857r6jxh8f-a3a8caee.jpg

コメントを見る

あいさんのあわせて読みたい関連釣りログ