プロフィール

RATA1984

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2024/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:42
  • 昨日のアクセス:38
  • 総アクセス数:254685

QRコード

無口なひと、息は白く #108

今年も残すところ、、、
と言うのはもう少し先にとっておきます。どうもRATAです。近頃寒くなったと思ったら、また少し暖かくなったりと。風邪を引きやすそうな季節感ですよね。みなさんくれぐれも気を付けて下さい。手洗いウガイは大切です。

そんなこんなで、サンラインさんのキャリアハイ6キャンペーンも今月で終わります。色々勉強になりました。

yo76cdfc9novo2sv5c7m_480_320-f57bc428.jpg

ここずっーーーと釣行はキャリアハイだったんで、ここで1度8本ヨリを使って比べてみよう!と。

9uh3bxyfbjx4oejsaxzv_480_361-9daeb73a.jpg

週末に巻き替えて、2度ほど釣行に出かけてみました。
考えていた事は、きっと飛距離は伸びるだろう。って事と、感度キャストアキュラシーが上がってもう少し多くの魚に会えるのでは?という安易な考え。。。せっかく参加させて頂いているので、最後にキチンと比較しておきたいと思っての行動。
※使用感にはもちろん個人差があるとは思います。あくまでも参考までに考えて下さい。

o6kk5dncsmx3g6befedo_480_320-9aaa8370.jpg

pxbsiaf4dv7wk7akgvjt_480_321-199a673c.jpg

bxmyhccc9vgbukdn443h_480_321-f4c036f9.jpg

結果から言うと。
飛距離とアキュラシーは確かに上がります。しかし、ルアーの操作性で言うと、キャリアハイ6に分があります。同じ様な状況、潮位で2度ほど釣行して気がついた事は、ルアーを送り込んでいくスローな釣りにはキャリアハイ6は抜群に良いという事。8本ヨリのPEラインでも勿論釣りにはなりますし、飛距離や感度が良いと言うのは間違い無い事だと思います。ただし濱本さんもおっしゃっているラインに仕事をさせる。と言う点に置いてはキャリアハイ6のアドバンテージは凄い。という事に改めて気付かされました。これは使い所にもよるし、所謂適材適所ってやつなんでしょうけど、自分が最近ハマっている明暗の釣りや、流れやヨレを探る釣り、そしてナイトゲームに関しては8ブレイドのPEラインより、キャリアハイ6の方が確実に多くのバイトを拾えました。
キャリアハイ6を使い続け、気になって8本ヨリを使った時に、操作性に関してやはり水を切ると言うか、馴染みにくい印象を感じてしまい、ラインを送り込む事がキャリアハイよりも難儀だなぁと思ってしまいました。※8本ヨリでも同じ事は出来ると思うのですが、キャリアハイ6の方が断然やりやすかったという事です。

そして、、、

4stjnyi998m78wrzw5pt_480_361-8650f33c.jpg

改めてキャリアハイ6に巻き直して、再び同じ潮位での釣行を試みてみたのが昨夜。

a3gwworcyishwd3tfs6b_480_361-99815e93.jpg

opys546vcrsvb5cvnbik_480_321-c8e905c1.jpg

5227wnxm2r7mi4pe2pog_480_361-182f8975.jpg

gvcduvvsfb9hj3gsfd6e_480_321-63c27a32.jpg

tkys3snxn9xdynuatjuj_480_362-b825516a.jpg

pi7pt6bjxkjdyeo59fh9_480_361-22a2b8ff.jpg

cfrgih394fiymttm86w4_480_320-1bf1e77f.jpg

やはりラインが馴染むと言うか、操作性が格段にやりやすいんです。使い慣れたルアーであれば巻きの速度や動きはある程度把握していると思います。明暗や小場所のピンにルアーを通す時、ライン先行で流し込んでいく場合があると思います。そのような時にやはりラインの操作性はかなり重要なんだと昨夜気付かされました。8本ヨリでも出来るのですが、成功率というかその通したい所にラインを流すのに数キャスト無駄になるんです。ルアーの着水点は同じでもラインが流れていくのを操作するのがやりにくいと言うか、キャリアハイだと水に馴染むように、もしくは水を丁度良く掴んでくれる感覚。これにより8本ヨリの場合よりもバイトを沢山拾えたのだと感じました。

これは逆もまた然りで、オープンエリアや磯場テトラなんかの速い釣りにはわざわざ6本を使う必要性は限りなく低いとも思います。

ようするにやはり適材適所って事なんだと思いますが、今回の様な釣りにはこの上なく非常にマッチするんだという事が実証できました。
釣行ごとにラインを巻き直すのは少し手間ではありますが、スプールを用意するなどすればナイトゲームはまだまだ楽しくなる要因があるんだと感じました。
リーダーにナイロンやフロロがあるように、使い所によってはPEにも6本と8本の使い分けがあってもいいのかもしれないですね。
少なくともナイトゲームでの小場所、明暗などなどスローな釣りには本当に向いていると感じます。

以上で今回のキャリアハイ6キャンペーンの釣行インプレは最後でした。
またまとめて使用後の感想のログをあげると思いますが、お付き合い下さい。

RATAでした。

コメントを見る